家賃とはどんな費用?管理費・共益費との違いも解説

賃貸

賃貸物件に入居すると、家賃や管理費、共益費の支払いが必要となります。
当たり前のように家賃を支払っていますが、どのように決められているのかなど気になっている人もいるでしょう。
そこで今回は、家賃とはどのような費用なのか解説していきます。

家賃とは?

家賃

家賃とは、賃貸物件における賃貸借契約に基づいて借主が貸主に対して支払う対価を指します。
物件の構造や立地条件、有する設備、地価、需要などを考慮して決定されるものです。
1ヶ月ごとに大家さんから提示されている料金を支払うのが一般的となっています。
そんな家賃は誰が決めているのか、支払いをストップさせたらどうなるのかを解説していきましょう。

家賃の値段は誰が決めている?

家賃を決めているのは、物件を所有している大家さんです。
大家さんが自由に決めることもできますが、安すぎると利益が出なくなり、高すぎると入居者が決まらず空室も増えてしまうので、相場に合わせて決める必要があります。

多くの大家さんは、立地条件や建物の規模、周りの相場などを参考にしながら決めています。

家賃の支払いをストップさせたらどうなる?

家賃の支払いをストップしても、すぐに退去を命じられるわけではありません。
しかし、2ヶ月や3ヶ月と長期化していくと大家さんや不動産会社から督促状などが送られてきます。
それでもなお支払いをせずにいると、退去を命じられる可能性があります。
どの程度滞納すると借主に対して連絡が来るのかというのは、大家さんや不動産会社によってまちまちです。
滞納していれば、遅かれ早かれ連絡が来ます。
連絡が来たら、できるだけ早く折り返しの連絡をするようにしましょう。
そして、支払いの意思があることやいつまでに支払えるのかなど、伝えてください。
連絡が来ているのに無視をするのは言語道断です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

管理費とは?

管理費

管理費は、物件の維持や管理に必要な費用です。
管理人の人件費や共有部の清掃代、設備の点検代などが含まれています。

賃貸物件の維持・管理に関する費用全般を管理費と呼んでいる場合もありますが、その定義ははっきりと決まっているわけではありません。
場合によっては家賃に含まれていることもあります。
管理費を支払っていないからといって、共有部の清掃などをやってもらえないわけではないということです。
物件が有する設備のグレードが高くなるほど管理費も比例して高くなる傾向があります。
エレベーターの有無は管理費に大きな影響を与えているケースが多いです。
エレベーターがあるマンションは、管理費にエレベーターの点検費用などが含まれるからです。
さらに、オートロックや自動ドア、宅配ボックス、セキュリティなど設備が充実している物件も管理費が高くなる傾向があります。
また、同じ物件でも部屋の面積が広くなると管理費が高くなります。

共益費とは?

マンション

共益費は、同じアパートやマンションに暮らす人全員が利用する設備やサービスの維持にかかる費用を入居者が負担するものです。
廊下や共有玄関、エレベーターなどの共有部分にかかる電気代などとイメージするとわかりやすいでしょう。
エントランスや廊下などをきれいな状態に保つために清掃員を雇った場合、清掃員の人件費は共益費から支払われるということです。
外壁の塗装工事にかかる費用や備品の修繕にかかる費用なども共益費から捻出されます。
賃貸物件によっては共益費に管理費が含まれており、物件情報に共益費だけ記載されている場合もあると覚えておきましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

家賃と管理費・共益費を分けて支払う理由

マンション

家賃と管理費・共益費をまとめて支払う場合もあれば、分けて支払う場合もあります。
まとめた方が簡単だと思う人もいるでしょう。
ではどうして分けて支払うのか、その理由を解説します。

家賃と管理費・共益費を分けて支払うのは、管理費や共益費を別にすると家賃が安く見えるので入居者の獲得につなげやすい、不動産会社に払う仲介手数料を抑えられるといった理由が考えられます。
アパートやマンションを探している人は、少しでも家賃を抑えたいと考えているケースが多いです。
家賃が安く見えると物件探しをしている人の目に留まりやすくなるという効果を狙っている場合、家賃と管理費・共益費を別々に記載します。
また、不動産会社に払う仲介手数料を抑えられることも分けて記載する理由の1つとして考えられます。

不動産会社に支払う仲介手数料や保証料は家賃にかかるのです。
そのため、管理費と共益費を切り離して考えると支払うべき仲介手数料や保証料を少なくできます。

管理費・共益費で注意したいポイント

入居

賃貸物件を借りる場合、管理費・共益費に関して注意したいポイントを把握しておくことが大切です。
最後に、どのようなポイントに注意すればいいのかみていきましょう。

家賃+管理費・共益費の合計費で物件を選ぶ

家賃+管理費・共益費の合計費で物件を選ぶことは必ず覚えておきたいポイントです。
賃貸物件を探す時に予算をあらかじめ決めておくでしょう。
その際、家賃だけではなく管理費や共益費が含まれているかどうか確認しないと、後から思っていたよりも高いと後悔してしまう可能性があります。
毎月の支払総額が同じ物件を比べてみると、毎月家賃だけ支払う物件よりも家賃と管理費・共益費を支払う物件は初期費用や更新料を抑えられます。
ただ毎月支払う金額だけを確認するのではなく、管理費・共益費の違いから生じる敷金や礼金、更新料の違いもチェックしておきましょう。

管理費・共益費の内容を確認しておく

契約前に、管理費や共益費の内容も忘れずに確認しておきましょう。
管理費や共益費に含まれている内容は、物件によって異なります。

そのため、どこかに物件を参考にしてチェックしたとしても、他では違う場合があるのです。
物件にもよりますが、水道代が含まれていることもあります。
入居後は支払い続けるお金なので、内訳がどうなっているのかきちんと確認しておきましょう。

まとめ

家賃とは、賃貸物件の入居者が大家さんや不動産会社に支払わなければいけない費用です。
家賃には、管理費や共益費が含まれている場合もあれば、別に支払わなければいけない場合もあります。
それは物件によって異なるのであらかじめ確認しておきましょう。
管理費・共益費の内容を確認しておくと、支払いの内容が明確になります。
物件を決める際には、家賃だけではなく管理費・共益費も加味して考えることが重要なことを忘れないようにしてください。