上手な賃貸経営に満室維持は必要不可欠!入居者募集を成功させるコツ

入居者募集

賃貸経営において、満室を維持することは非常に重要な要素です。
空室が発生した場合、その分収入が減ってしまうので、オーナーの利益も比例して少なくなります。
それではせっかくの賃貸経営が納得できるものではなくなってしまうでしょう。
そこで今回は、入居者募集を成功させるコツをご紹介します。

入居者募集の方法は2種類!

入居募集

入居者を募集する方法には一般募集と専任募集の2種類があります。
空室対策を効率的に行うためにも、どのような募集方法があるか知っておくことは重要です。

一般募集

一般募集は、特定の不動産会社ではなくいくつかの会社に依頼して入居者を募集する方法です。
この方法であれば、オーナー自身が入居者を探すことも可能です。
入居者探しの自由度が高いことや依頼できそうな不動産会社がなかなか見つからない場合でも募集できるといった点がメリットとして挙げられます。
依頼する不動産会社が多くなればなるほど、多くの人の目に情報が触れるという点もメリットの1つです。
ただし、入居者が決まった時に他の依頼している不動産会社に連絡をしなければいけないので、面倒だと感じてしまう人もいるでしょう。

専任募集

専任募集は、1つの不動産会社に依頼して入居者を募集する方法です。
窓口となる不動産会社は1社ですが、実際にはいくつかの不動産会社による募集も実施できます。
窓口が1つに集約されるため、連絡や報告を受けやすくなるのが大きなメリットです。

一般募集よりもこちらの方は良いのではないかと感じる人もいるでしょうが、オーナー自身が入居者を探せないので入居者募集の自由度は低くなります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

入居者募集を成功させるコツ

入居者募集

賃貸経営で満室を維持するためには、成功させるためのポイントを押さえておく必要があります。
続いては、入居者募集を成功させるためにはどのようなポイントを押さえておけばいいのかみていきましょう。

入居者の視点から考える

入居者が希望する物件であることは、何よりも重要な要素だと言えるでしょう。
駅から近い、スーパーやコンビニが徒歩圏内にある、といった条件を重視して物件を選ぶ人は非常に多いです。
また、どのような家族構成の人をターゲットにしているかによって、適した間取りも変わってきます。
大学生や単身のサラリーマンであれば1Rでも問題ありませんが、カップルやファミリー層の場合は1LDKや2LDKといった広めの間取りを希望するケースが多いです。
内見時に室内や共有部分が綺麗かどうかも、物件選びの時にチェックされるポイントです。

周辺の物件をリサーチ

周辺にある物件は、あなたの物件にとってライバルとなる存在です。
競合となり、入居者を取り合うような関係になる可能性が高いと思っておきましょう。
アパートや賃貸マンションが多いエリアであれば、周りにはどのような物件があるのか特徴をリサーチしておくことが重要になります。

新築アパートを建てるなら、建てる前に周りの物件をチェックしておくと良いでしょう。
どのようなタイプの物件が多いか、空室状況はどうなっているか、といった点を確認しておくと、ニーズを知る指標になるのです。
基本的な需要には応えつつ、他のアパートと差別化できるような要素を盛り込めば、あなたの物件に入居したいと考える人は増えると考えられます。

管理会社の選定は慎重に

管理会社を利用すると、賃貸物件の経営はしやすくなります。
実績がある賃貸会社であれば、トラブルが起こった時なども適切な対応をしてくれるので安心してお任せできるでしょう。

オーナーが全て管理している場合、クレーム対応や家賃滞納などに対応する術を身に付けなければいけません。
それは簡単なことではないので、管理会社にお任せできるならしたいと考える人も多いです。
しかし中には、実績が少なかったり、適切な対応をしてくれなかったりする管理会社もあります。
そのような会社に依頼すると、入居者募集も円滑に進まなくなってしまう可能性があるので、どこに依頼するのか慎重に考えるようにしましょう。

不動産会社とインターネットを上手に活用する

入居者募集を成功させるためには、不動産会社だけではなくインターネットも有効活用しましょう。
不動産会社には、あなたが保有している物件をできるだけ紹介してもらえるように働きかけるのがおすすめです。
定期的に不動産会社を訪問すれば、情報交換もできます。
賃貸物件を探している人の特徴やニーズを聞きだせば、あなたの物件はどのような人におすすめなのかアピールしやすくなります。

不動産会社にあなたの物件がどのような人におすすめか伝えておけば、それに合致する希望者が現れた時に真っ先に紹介してもらえる可能性が高まるのはオーナーにとってメリットです。
また、インターネットも積極的に活用すると良いでしょう。
なぜかというと、インターネットを使って賃貸物件を探す人が多いからです。
そのため、賃貸情報サイトに物件の情報を登録することも前向きに考えてみるのがおすすめです。

オーナー自ら入居者募集をする方法もおすすめ!

入居者募集

不動産会社や賃貸物件情報サイトを利用するだけではなく、オーナーが自ら入居者を募集する方法もぜひ取り入れてみてください。
オーナーと入居者をマッチングするサイトや地元密着型のサイト、SNSなどオーナー自身で集客する際に活用できるツールはたくさんあります。

現在の入居者や退去した人から紹介してもらうという方法もおすすめです。
入居しているまたはしていた人なら、その物件の魅力を知っているため、どのような人におすすめなのかよく理解しています。
商品券やクオカードを配布したり、家賃1ヶ月分をフリーレントにしたりするなどの特典を付ければ、紹介してもらいやすくなります。
学生がメインターゲットの物件であれば、大学生協を活用すると入学生の入居につなげられる可能性が高まるのでおすすめしたい方法の1つです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

賃貸経営を成功させるには、入居者の確保が重要になります。
空室が増えて経営難に陥っている賃貸物件のオーナーも少なくないため、これから始めるなら最初のうちからしっかり対策しておきたいと考える人もいるでしょう。
入居者募集をする際、より間口を広げるためにはオーナー自身も募集ができる一般募集を選択するのがおすすめです。
入居者募集を成功させるためのポイントも把握しておけば、より効果的な募集につながり、空室リスクを軽減できます。
これから賃貸経営を始めようと考えているのであれば、今回紹介したポイントを覚えておくと良いでしょう。