マンションの排水管清掃は必要不可欠!方法などをご紹介!

排水管

多くの人が住むマンションでは、キッチンやお風呂、洗面やトイレなどで使用した水を排水管から流しています。
ここに汚れが溜まると、詰まりや悪臭、そして漏水の原因となるため、定期的に清掃を行うことが望ましいと言われています。
ここではマンションにおける排水管清掃の必要性や実施する頻度、清掃の種類などを詳しく解説しています。
マンションの排水管清掃について知りたい方はぜひ最後までご覧ください。

マンションの排水管清掃はどうして必要?

排水管

マンションなどの集合住宅ではキッチンや洗面、お風呂やトイレなどで使用した排水は排水管を通って流れていきます。
なぜここの清掃が必要不可欠なのか、その理由について詳しく解説していきます。

衛生面や環境面を良好に維持するため

悪臭や排水管の詰まり、そして劣化を防ぎマンションを優良な環境に維持するためにも清掃は必要不可欠な作業の一つです。
各部屋からでた排水は、専用部分にある排水管を流れて共用部分にある排水管へ合流します。
この各部屋から出た排水には、髪の毛や洗剤、シャンプーに料理に使った油など様々なものが含まれており、年数の経過とともにどんどん蓄積されていきます。
そして蓄積された結果、配管が詰まったり汚水が逆流したり、悪臭の原因になったりと、衛生面や環境面に悪影響を及ぼします。
そんなことにならないためにも、定期的に清掃を行い良好な状態を保つことが重要です。

法的な義務はない

マンションの排水管は、定期的に清掃を行わなくてはならないという法的な義務はありません。
そのため、マンションの管理者によっては、全くしていないところも少なくありません。
しかし、いくら義務ではなくても、年に1回は清掃を行うことが望ましいと言われています。
なぜなら、義務でなくても、建築基準法では排水設備に異常や腐食、漏れなどがないか点検報告が義務付けられていますし、ビル管理法では排水設備について清掃が義務付けられています。
これらを守るためには、排水管を清潔にし、良好な状態を維持する必要があるため、定期的にメンテナンスを行うことが推奨されているのです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

排水管清掃はどのくらいの頻度で行うべき?

排水管

マンションの環境を良好に維持するために重要な排水管清掃ですが、衛生的に保つにはどのくらいの頻度で実施すれば良いのでしょうか。
法律などで明確に定められているわけではないため、一概には言えないものの、できれば1年に1回以上行うのがおすすめです。
もし、そこまでこまめに行うのが難しい場合には、築10年以内であれば2年に1回、築10年以上であるなら1~2年に1回は最低でも行うことを推奨しています。
中には全く手入れを行っていないマンションも少なくありません。
しかし、何もせずにいると内部に汚れが溜まり、悪臭や詰まり、漏水などトラブルの原因となります。
また、衛生環境の悪化は住んでいる住人のフラストレーションを溜めることにもなるので注意が必要です。

清掃箇所はどこ?

排水管

マンションなどの集合住宅の排水管清掃は、「共用部分」と「専用部分」の二カ所を行います。
業者が清掃を行う前には、周りを作業しやすいように整理しておく必要がありますので、参考にしてください。

共用部分

共用部分では、各部屋から出た排水を集めて排出する「雑排水縦管」の清掃を主に行うため、周辺に荷物があったり、排水桝の上にゴミや落ち葉があったりした場合にはあらかじめ綺麗に取り除いておきましょう。
中には外部にある排水桝の一つである第一桝の清掃も行ってくれる業者もいます。

専用部分

専用部分は各入居者の部屋のことです。
専用部分では基本的に室内に入り、キッチン、浴室、洗面台、洗濯機の4カ所の清掃を行います。

清掃する際にはどの場所に関しても排水溝からホースやワイヤーを差し込み作業するため、マンションの管理者は事前に入居者に排水管清掃を行うこと、そして室内で作業行う旨を告知しておく必要があります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

排水管清掃の種類

排水管

排水管の清掃方法にはいくつかの種類があります。
ここでは特に使用頻度の高い高圧洗浄とワイヤー式洗浄の方法について、詳しく解説します。

高圧洗浄

マンションなどの集合住宅の排水管清掃で最も多く利用される方法が高圧洗浄です。
業者が排水管清掃で使用する高圧洗浄は、高圧洗浄ポンプを搭載した特殊車両で行います。
この特殊車両の高圧洗浄ポンプには洗浄ホースがつながっており、先にはノズルがあります。
この洗浄ホースを排水口から排水管内に差し込み、水を高圧噴射することで汚れを押し流し綺麗にします。
上階から洗浄を行うと、汚れがどんどん下に溜まることで詰まり、汚れた水が溢れたり逆流したりする可能性があるため、基本的には下の階から洗浄していきます。

ワイヤー式洗浄

ワイヤー式洗浄は、ワイヤーの先端に汚れを落とすためにブラシやスクリューを取り付けたものを排水口から入れ、排水管内の汚れを落とすように回したり、ごしごししたりすることで内側の汚れを綺麗にします。
ワイヤーは排水管の形に合わせて形を変えて磨くことができるのがメリットですが、形が複雑すぎたり、汚れが付きすぎたりしている場合には、落としきれないことがあります。
そのため、ワイヤー式では対応できない場所については、先ほど紹介した高圧洗浄を行います。
ちなみに、かかる費用は他に比べて安いです。

まとめ

ここまでマンションを含む集合住宅での排水管清掃の重要性について詳しく解説してきました。
排水管清掃は定期的にしなければならないという法的な義務はないからとメンテナンスを行っていない管理会社やオーナーも少なからず存在します。
しかし、建築基準法やビル管理法を守るには、清掃を定期的に行うことが非常に重要ですし、良好な状態を維持するためにも望ましいです。
もし、蓄積した汚れをそのままにしておくと、詰まりや悪臭、そして漏水の原因となり、入居者に多大な影響を及ぼすとともに、高額な修繕費が発生することになり兼ねません。
室内に入る必要があることから、入居者に告知が必要など手間も多い排水管清掃ですが、定期的に行い衛生的な環境を保てるよう努めることが大切です。