マンションの買い替えは売り先行と買い先行どっちがいい?

マンション

結婚や出産、転勤など、ライフスタイルの変化に伴い、マンションを買い替える人はたくさんいます。
しかし、売るのを優先すれば良いか、売るのを優先すれば良いか分からず、買い替えを躊躇してしまうケースも多いようです。
そこで今回は、マンションの買い替えについてご紹介します。
今後、マンションを買い替える予定がある人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

マンションの買い替えには売り先行と買い先行がある

マンション

住んでいたマンションを買い替える際には、まず初めに「売却」「購入」という作業を行わなければいけません。
同時進行で行うのが一番理想的ですが、実際にはそう上手くいきません。
マンションの買い替えを検討していく中で気になるのが、売買と購入はどちらを優先して行えば良いかということです。
「売り先行」、「買い先行」という言葉を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか?
では、そもそも売り先行、買い先行とは一体どのようなものなのでしょうか?
ここでは、双方のメリット・デメリットについてご紹介します。

売り先行とは

売り先行とは、今住んでいる家を売却してから新しい住居を購入する方法です。
先に売却するとその分のお金を新居の購入資金に充てられるため、余裕を持って買い替えを行えます。
新居を購入するまでに全ての資金を手元に用意できれば、マンション購入の予算も明確になります。
このように資金調達が可能であり、安全で確実な方法で購入できることが大きなメリットです。
また、売り先行は売却の期限がないため、売り急ぐ必要はありません。
しかし、売却と購入を上手く同時進行できなかった場合、仮住まいが必要になる可能性があるため、十分注意しましょう。
タイミングがずれてしまうと仮住まいと新居、計2回引っ越しをしなければいけません。
住居が変わるのであれば全ての荷物を移動させる必要があり、短期間で2回の引っ越しは大きな負担になってしまいます。
資金計画が立てられるというメリットがある一方で、引っ越しを2回しなければいけないというデメリットもあるのが売り先行の特徴です。

買い先行とは

買い先行とは、先に新居を購入して、その後これまで住んでいた住居を売却するという方法です。
まずは新居の購入が優先になるため、じっくり時間をかけて選べます。
売り先行は売却と購入のタイミングをほぼ同時に行わなければいけませんが、買い先行であれば新居選びを急ぐ必要もありません。
先に住まいとなる住宅を確保するため、売り先行のような仮住まいは不要です。
しかし、これまで住んでいた家を早く売却しなければ2つの物件の維持費が発生する恐れがあります。
売却が遅れた場合、住宅ローンが重複して発生するため注意してください。

また、すぐに売れなかったり、思うような価格で売れなかったりした場合、売却した分の資金では足りないかもしれません。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

マンションを買い替えるなら買い先行がおすすめ

マンション

ここまで、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介しましたが、マンションの買い替えを検討しているのであれば買い先行がおすすめです。
ここでは、その理由についてみていきましょう。

内見が可能になる

買い先行は先に新居を購入して引っ越しを行うため、これまで住んでいた部屋は空室になります。
空室であれば次の入居希望者は物件の内見が可能になるため、売れやすくなります。
売り先行は売却ギリギリまで住むことになりますが、買い先行であればすぐに部屋を空の状態にできるのです。
物件を契約するのであれば現地を訪れて内見をしたいという人が多いため、内見が可能な状態であれば非常に有利です。

メンテナンスもスムーズ

マンションを購入する際、多くの人は部屋や設備の状態などを気にします。
劣化具合を見て決める人は多いため、より良い状態を保ちたい場合はすぐに空室にするのがおすすめです。

空室の状態になっていればハウスクリーニングなども依頼できるため、清潔な状態を保てます。
メンテナンスのしやすさも買い先行を選ぶべき理由の一つです。

住み替えローンやつなぎ融資を上手く使おう

ローン

マンションの買い替えは資金繰りが大変ですが、住み替えローンやつなぎ融資を上手く利用することも可能です。
ここでは、マンション買い替え時に知っておきたい2種類の住宅ローンについてご紹介します。
実際に、どのような場面で利用されているのかチェックしてみてください。

住み替えローンとは

現在住んでいる家の住宅ローンを完済するために必要な資金と、新居を購入するための資金を併せて借入できる住宅ローンのことを言います。
住み替えローンは手元に十分な資金がなくても借入できるため、それぞれのライフステージに合わせた住み替えが可能です。
ただし、住み替えローンを利用するには、売却する物件と購入する物件の引き渡し日を同日にすることが条件です。
また、物件の価格以上のお金を借入できるため、銀行にとって大きなリスクのある融資となっています。
その影響もあり住み替えローンの審査は厳しく、誰でも簡単に借入ができるというわけではないことを覚えておきましょう。

つなぎ融資とは

つなぎ融資とは、売却物件に相当する額を新居購入の資金として一時的に借りられる融資のことを言います。
売却が決まった段階で一括返済するような仕組みになっています。
つなぎ融資は不動産会社が提供している融資サービスであるため、将来的に利用する可能性がある場合、初めからつなぎ融資を提供している不動産会社を選びましょう。
ただし、銀行が行っている融資サービスではないからといって利息や手数料がかからないわけではありません。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

今回は、マンションの買い替えを行う上で売り先行または買い先行、どちらが良いのかについてご紹介しました。
売却、購入どちらを優先させるにしても両方を成功させなければいけないため、マンションの買い替えは難しいと思っている人はいます。
しかし、メリット・デメリットをしっかり把握しておけばそれぞれのライフスタイルにピッタリのマンションを選べるはずです。
大切な住まいとなる空間をじっくり選ぶのであれば買い先行がおすすめです。