家賃が安い時期は存在する?引越しのタイミングを見極めよう!

引っ越し

今の住まいに不満や悩みがあるとなれば引越しを検討する人は多いのではないでしょうか?
しかし引越しは何かとお金がかかるものです。
引越し費用が発生することもあれば、退去の際に原状回復費用を発生するなど、大きな負担が発生するため、そうなれば新居の家賃もなるべく安い方が良いでしょう。
そこで今回は、家賃が安くなる季節や引越しに適したタイミングについてご紹介します。

家賃が安い時期はいつ?

家賃

まずは家賃が安いとされる時期とその理由についてご紹介していきましょう。

オフシーズンは4月中旬~8月頃まで

賃貸の業界におけるオフシーズンは、4月中旬~8月頃です。
この時期は4月頭から始まる新生活準備で忙しく動いていた時期の後となり、引越しの数も減って市場が落ち着きます。
しかし、この時期に市場を覗いてみると空室となっている物件も少なくありません。
そのため、賃貸のオーナーは空室数を少しでも減らすために賃料を安くして、人を集めようとするのです。
特に1月~3月に引っ越すことが多い学生や新社会人に人気のワンルームや1Kの物件の動きが鈍くなるため、家賃が下がる傾向にあります。
しかし、繁忙期である1~3月を外して、4月や5月中に引越しする人もいます。
4月や5月の家賃設定はそこまで低いとは言えないのが現状です。

特に6~8月は家賃が安くなりやすい!

家賃が特に安くなるベストシーズンは6~8月です。
6月や7月は梅雨が続く時期ですし、暑い8月にわざわざ引越しする人もいないでしょう。
また、レジャーを旅行などで長期休暇を取る夏休み前に、まとまった時間が取るという人も少ないはずです。
空き部屋になっていたとしても、上記理由ですぐに入居者が決まる可能性は低く、オーナーはより収益に困りがちなので、家賃設定を下げて多くの入居者を募る手段を取るようになっています。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

家賃が安い時期に引越しするメリット・デメリット

家賃

オフシーズンにおける引越しは単に家賃が安いだけではなく様々なメリットがあります。
しかしながらデメリットも持ち合わせているので、オフシーズン中に引越しを検討している方は注意しなければなりません。
まずはメリットからご紹介していきましょう。

メリット①:コストを抑えられる

何と言ってもコストが抑えられるのが一番のメリットと言えます。
特にコストが抑えられる7月や8月は引越し業者も閑散期に入っているのでおすすめです。
引越し業者の利用料も安く抑えられる傾向になっており、他の時期以上にお得な価格で新居に移ることができます。

メリット②:家賃交渉もしやすい

人集めが難しい時期になると収益が減ってしまうため、オーナーも運営方法を考え出します。
特にあまり人気のない物件においては、少しでも収益につながる契約が欲しいところです。
こうしたオーナーの気持ちが高まることで、オフシーズン中は他の時期よりも家賃交渉がかなりしやすくなっています。
極端に安い家賃に設定してもらうことは難しいですが、相場からそれほど離れていない金額なら応じてもらえる可能性もあるので、ぜひ交渉してみましょう。

メリット③:フリーレント物件が増える

フリーレント物件というのは特定の期間中に入居成約した場合に設定されるシステムです。
この物件になると最初の1~3ヶ月分の家賃が無料になるという嬉しい特典を得られることになります。
フリーレント物件は比較的入居者が少ない時期に増えやすいです。
ただしフリーレント物件を契約期間満了時に退去するのではなく、途中で解約するとなると違約金が発生してしまうことがほとんどです。
契約前には必ずしっかりと契約内容を見直すようにしましょう。

メリット④:丁寧に対応してもらえる

オフシーズン前の繁忙期は忙しくて大変だったオーナーも、6~8月となればかなり落ち着くことでしょう。
一人の顧客に割ける時間も多くなるため、落ち着いて相談に乗ってくれるオーナーも多いのです。
丁寧に対応してもらえるので、今後の生活の不満も解消されるはずです。

デメリット①:優良物件が少ない

続いてはデメリットを見ていきましょう。
デメリットの1つ目に、優良物件の少なさが挙げられます。
引越し件数の多いオンシーズンでは入居希望者も多くなるのですが、その分退去する人も多いです。
そのため、市場には人気の物件が出回ることもしばしばで、借りる側は選択肢がたくさんある中で新居を見つけることができます。
しかしオフシーズンになると、出入りが多い人気の物件は減ってしまいます。
ただし、残っている物件すべてが人気のないわけではありません。
探せば自分にとっての優良物件も見つかる場合がありますし、そもそも賃貸市場は1年中動いているものなので希望条件に適した物件も空いている可能性が高いです。
むしろオフシーズン中に見つけた優良物件を他の人に取られにくいというメリットが隠れています。

デメリット②:家具・家電で高くつく可能性がある

引越しが決まったとなれば家具や家電を購入する人もいるはずです。
それらが購入できるインテリアショップや家電量販店では、引越しのオンシーズンになると新生活キャンペーンが始まります。
引越しが多くなる季節の特権として、お得なセット販売やセールを実施が始まるのですが、オフシーズンになるとそんなキャンペーンも終了してしまっている時期です。
お得なまとめ買いやセール価格で買えないことで、費用が高くなるデメリットが挙げられてしまいます。
しかし生活する上で必要のない家具や家電は、新生活が始まってから用意するのも一つの手段です。
安く売り出される時期を狙って家具や家電を揃えることで、引越し時にかかる料金を抑えることができます。

まとめ

ご紹介してきたように家賃が安くなる6~8月の引越しには多数のメリットがあります。
オフシーズン中の引越しはデメリットもありますが、デメリットも解決する策はありますし、デメリットを打ち消すほどのメリットは多くあります。
時期を気にしないのであればオフシーズン中の引越しがおすすめです。
お得な家賃と引越しで、金銭的にゆとりのある暮らしを手に入れてみてはいかがでしょうか?