憧れのアイランドキッチン!メリット・デメリットは?

アイランドキッチン

おしゃれで開放的なイメージのアイランドキッチン。
料理好きの人には、憧れのキッチンではないでしょうか。
この記事では、そんなアイランドキッチンのメリット・デメリット、また「ペニンシュラキッチン」についてご紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

アイランドキッチンとは

アイランドキッチン

シンクや調理スペースが、壁から離れて設置されているキッチンのこと。
アイランド、つまり島が浮かぶように独立した配置のキッチンであることから「アイランドキッチン」と呼ばれます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチン

では、アイランドキッチンのメリットは何でしょうか。
ここでは3つご紹介します。

開放感がある
壁に囲まれておらず、視界が広くなるため開放感があります。
広々としたスペースのキッチンで料理ができることは大きなメリットです。
料理好きの人はもちろん「これから料理を趣味にしたい!」という人にとっても、アイランドキッチンはワクワクする場所となるはずです。

コミュニケーションが円滑

アイランドキッチンでは、ダイニングにいる人とも気軽にコミュニケーションをとることができます。
例えばこんな場面があります。
●ダイニングでくつろぐ家族と会話をしながら
●宿題をするお子さんを見守りながら
●友人を招いてホームパーティー料理中に孤立しないこと
は、アイランドキッチンの利点といえます。

複数人での料理が楽
一般的なキッチンでは、複数人での調理は窮屈と感じることもあります。
一方、アイランドキッチンでは、何人かでキッチンに立っても料理がしやすいことが特徴です。
両サイドから出入りができるため、スムーズな導線が確保されているのです。

アイランドキッチンのデメリット

キッチン図面

アイランドキッチンのデメリットとしては、どんなことが挙げられるでしょうか。

収納を確保しづらい

アイランドキッチンは壁から離れているため、収納スペースを確保しづらいという特徴があります。
アイランドキッチンの導入を検討する際には、収納がどのくらい必要か、どのように確保するかを考えておくことが必要です。

広いスペースが必要
アイランドキッチンの場合、従来のキッチンと比べて、両サイドの出入り口や壁から作業台の間の通路などの分、より広いスペースが必要です。
一般的なキッチンに必要なスペースが4.5畳程であるのに対し、アイランドキッチンでは6畳前後を確保しておくと良いと言われています。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

ペニンシュラキッチンもおすすめ

ペニンシュラキッチン

ここまで、アイランドキッチンのメリット・デメリットをご紹介しました。
●広いスペースを確保するのが難しい・・
●開放感がありすぎて落ち着かないかも・・
そう思った方におすすめしたいのが「ペニンシュラキッチン」です。

「ペニンシュラ」とは「半島」という意味。
アイランドキッチンが壁から独立したキッチンであるのに対し、ペニンシュラキッチンは片面が壁に面しているのが特徴です。
対面キッチンの良いところを残しつつ、収納やダイニングスペースも確保することができます。

まとめ

この記事では、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンのメリット・デメリットについてご紹介しました。
それぞれに一長一短があるため、じっくりと比較・検討して、理想のキッチンを考えてみてくださいね。