古民家リノベーションの魅力とは?注意点も解説!

古民家

この記事では、古民家リノベーションの魅力や注意点をご紹介します。
「伝統的な日本の古民家での暮らしに憧れる!」「古民家を相続したけど、どうすればいい?」こんな人には役立つ内容です。
古民家のリノベーションを検討する際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

古民家リノベーションとは

古民家

古民家とは、一般的に伝統の工法で建てられ、かつ築年数が経過している民家のことをいいます。
古民家リノベーションとは、そんな古民家の良さを残しつつ、現代のライフスタイルに合わせたリノベーションを行う、というものです。

日本の特徴的な伝統工法には、例えばこんなものがあります。
●丸太を使用した、むき出しの太い梁や柱
●継ぎ目にできるだけ金物を使用せず、木材の独自の切り口によってつなぎ合わせている
こういった工夫によって、日本の古民家は丈夫で趣のある家屋を実現しているのです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

古民家リノベーションの魅力

古民家リノベーション

では、そんな古民家リノベーションの魅力はなんでしょうか。

昔ながらの雰囲気や佇まい
伝統的な昔ながらの家に住めることは、大きな魅力です。
吹き抜けや土間、縁側などは日本家屋独特の、味わい深い空間ですよね。
とはいえ古民家そのままでは、不便も多く感じるでしょう。
古民家の趣と、現代のライフスタイルに合った最新設備の良いとこどりをできることが、古民家リノベーションの強みといえます。

節税しやすい
築年数によっては、固定資産税が減額される場合があります。
古民家においても建て替えの場合と比べて、古民家リノベーションでは固定資産税が節約できるケースが多いのです。

古民家リノベーションの注意

古民家リノベーション

では、古民家リノベーションにおいて気をつけなければならない点は、どんなところでしょうか。

冬場の寒さ対策をしっかりと
日本家屋は、エアコンのない生活を前提に考えられているため、風通しよく造られています。
つまり、そのままでは冬を過ごすには寒いのです。
リノベーションをする時には、全面床暖房や断熱材の導入などを検討してみましょう。

耐震性や建物の劣化に注意
古民家の建築当時と現在とでは、耐震基準が異なる可能性が高いです。
また、雨漏りや水回りの劣化が進んでいる場合もあります。
かなり築年数が経過している場合には、補強工事や水回りリフォームを検討してみましょう。
構造部に不安が残る場合には、ホームインスペクション(住宅診断)を依頼するのもおすすめです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

この記事では、
●古民家リノベーションとは
●古民家リノベーションの魅力
●古民家リノベーションの注意点
についてご紹介しました。
古民家のリノベーションを検討する際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。