オンライン部屋探しはコチラ!

子供部屋は個室と大部屋のどっちがいい?2人で使う場合のレイアウト例

子供部屋

家を建てる際に、子供部屋をどうしようか悩まれている方は多いです。
特に現時点で2人の子供がいる場合、個室にするか大部屋にするかという悩みはよく聞こえてきます。
そこで今回は、2兄弟姉妹がいた場合の子供部屋について、個室か大部屋か、大部屋を仕切らない場合のレイアウト例、成長に合わせた仕切り方法などを併せてご紹介していきましょう。

2人兄弟姉妹の部屋は個室と大部屋のどっちにするべき?

子供部屋

まだ子供が小さい場合、2人兄弟姉妹であっても個室か大部屋、どちらが良いのか悩んでしまうでしょう。
まずは個室と大部屋、どちらにするべきか考える際のポイントをご紹介していきます。

性別や成長に配慮するなら最初から個室

やはり性別が異なる2人兄弟姉妹であれば、最初から子供部屋は個室で考えておくと良いでしょう。
異性同士であると、成長に伴って様々な問題も出てきてしまいますし、仲が良い異性の兄弟姉妹であっても同室は嫌だという意見が多くあります。
定番ではありますが、性別に配慮するのであれば最初から子供部屋は個室としておきましょう。
また、年齢が近い子供同士であっても思春期となれば1人のプライベートな空間が欲しくなります。
成長面にも配慮するのであれば、個室としましょう。

子供が小さい、増える予定なら大部屋

現在子供が小さい場合や今後子供が増える予定がある場合には、大部屋を検討してみても良いでしょう。
大部屋であれば1人部屋が怖いという年齢でも、子供同士一緒にいられるので安心できますし、成長に合わせて間仕切りをすれば個室にも変えることは可能です。
今後の家族計画に合わせて、子供部屋の個室か大部屋かを考えてみても良いでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

仕切らない2人兄弟姉妹の子供部屋レイアウト例

子供部屋

小学校高学年になるまでは大部屋でも仕切らなくても問題ないことがほとんどです。
仕切らない2人兄弟姉妹の子供部屋レイアウト例をいくつかご紹介していきましょう。

・ベッドを並べたレイアウト
小さい子供の場合、1人だけで寝るのが怖いと感じることも多くあります。
ベッドを仲良く並べた部屋にしてあげることで、安心して寝られるようになるでしょう。

・ベッドヘッドをコーナーに寄せたレイアウト
子供のベッドの頭部分を同じコーナーに寄せたレイアウトは、スペースも広く取りやすく2人でも遊びやすい子供部屋になります。

・ベッドの頭合わせで置いたレイアウト
子供のベッドを頭合わせで置くことで、仕切りがなくても程良くプライベートを保てる空間が作れます。
ベッドを壁に寄せ、勉強机などを上手く配置すれば共有スペースも広く確保できるでしょう。

・学習机を向かい合わせに配置したレイアウト
学習机がある場合、向かい合わせに配置すると机が簡単な間仕切りの役割を果たしてくれるので、仕切らなくてもお互いのプライベートは保ちやすくなります。
その際、ベッドも両脇に離してあげることで1つの子供部屋でもそれぞれのプライベート空間を作りやすいです。

成長に合わせて子供部屋を仕切る方法

子供部屋

大部屋にした際には、子供の成長に合わせて将来的に子供部屋を仕切らなければならないと考えている方も多いでしょう。
小さい子供であれば気になりませんが、思春期となればやはりプライべート空間は必要です。
ここからは、成長に合わせて子供部屋を仕切る方法についていくつかご紹介していきましょう。

パーテーション

パーテーションと言えば、簡易的な間仕切りでよくオフィスなどでも用いられているイメージがありますが、子供部屋でも応用は可能です。
置くだけのパーテーションであれば、非常に簡単に仕切れますが完全に仕切れはしないので異性の兄弟姉妹の場合にはおすすめしません。
最近では、天井への突っ張りで固定できるパーテーションも存在します。
それであれば工事する必要もありませんし、部分的に仕切ることも全体的に仕切ることもできるでしょう。
ただし、全体的に仕切る際にはドアが2つあるかどうか、コンセントや窓の位置なども条件になってしまいます。
ドアが1つしかない部屋を完全に仕切ってしまうと、簡単に出入りすることができず、部屋としての機能を果たせなくなってしまうので注意してください。

カーテン

狭い部屋を仕切る際には、カーテンもおすすめです。
しかし、カーテンは完全に仕切れるものではないのでパーテーション同様、異性の兄弟姉妹の場合には向いていません。
カーテンは通常窓につけるようなタイプとアコーディオンカーテン、ロールスクリーンなどが選択できます。
アコーディオンカーテンであれば、通常のカーテンよりも固めに作られているのでカチッと仕切れます。
ロールスクリーンの場合は、通常のカーテンとほぼ変わりませんが、表面が平らになっているのでスタイリッシュな印象の間仕切りとなってくれるでしょう。

可動式収納

可動式収納でも仕切ることは可能です。
可動式収納とは、下についているネジを回せば簡単に移動できる収納を指します。
成長に合わせて仕切りのパターンを変更できます。
しかし、完全に仕切りたい場合にはドアが2つなければならないので注意が必要です。

引き戸

引き戸は工事が必要にはなってしまいますが、パーテーションやカーテンよりもしっかりと仕切ることができるので、よりプライベートな空間を保持できるようになります。
引き戸を開けてしまえば1つの大部屋にすることも簡単なので、使い分けたいと考えているのであればおすすめです。
異性の兄弟姉妹だった場合、鍵付きの引き戸もあるのでそちらを検討してみてはいかがでしょうか?

一番プライベートな空間が確保できるのは、やはり壁を作ってしまうことでしょう。
空間的に仕切られていても、簡単に出入りできてしまったり、音が気になってしまったりすることもありますが、壁を隔ててしまえば問題ありません。
ただし、工事が必須となりますし費用もかかってしまいます。
また、一度壁を作ってしまうことで取り壊しも難しいことから、将来どのように子供部屋を使いたいかしっかりと考えた上で決めるようにしましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

子供部屋を個室にするか大部屋にするかは、その家庭や兄弟姉妹によっても異なります。
大部屋はレイアウト次第でも簡単に仕切れますが、成長に合わせてレイアウトを変更したり、仕切りを作ってあげたりしなければなりません。
仕切らない子供部屋のレイアウト例もご紹介してきましたが、思春期となれば自分だけの空間が欲しくもなるでしょう。
仕切る方法は、異性の兄弟姉妹かどうかによっても変えてあげる必要があります。
将来的にどのような使い方をしたいのかまでしっかりと考えた上で、どのように仕切るか検討してみてください。