6畳ワンルームを素敵にレイアウトする3つのポイント

ワンルーム

6畳ワンルームだとなんとなく手狭に感じてしまうひともいるでしょう。確かに家具を置くと少し狭く見えますが、レイアウトを工夫すると快適にすごせるだけではなく、オシャレな空間を作り出すことができるようになります。
今回は、6畳ワンルームに置けるインテリアや素敵にレイアウトする時のポイントについて紹介していきます。
これから模様替えを使用と考えている人や引っ越しを考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

6畳ワンルームに置けるインテリアは?

ワンルーム

6畳ワンルームだと、どのようなインテリアを置けばいいのか迷ってしまうこともあるはずです。
そこでまずは、6畳ワンルームに置けるインテリアにはどのようなものがあるのかご紹介します。

ベッド

ワンルームの場合、ベッドは窓に対して平行に設置するケースが多く見られます。
入り口から入ると奥に窓があるという間取りが一般的なので、このような設置をするケースが多くなっているのです。
しかしベランダがある場合は、この様にベッドを設置すると動線がイマイチになってしまうので注意が必要です。
ベランダがある物件に暮らしているもしくは引っ越し予定だという人は、低いフロアベッドや布団を取り入れてみると良いでしょう。
そうすることで、スペースを有効活用できます。
ベッドを設置する時にもう1つ知っておいてもらいたいポイントがあります。
それは、最初に設置するという点です。
ベッドを最初に設置することで、全体のバランスを考えやすくなります。

テーブル

テーブルはワンルームの物件であっても必要不可欠です。
ソファと合わせた簡易タイプのテーブルであれば、場所を取らずに済むのでワンルームの物件にもおすすめです。
きちんと机やテーブルを設置したいと考えているのであれば、仕切りを上手に使うとダイニングにも机にもなるといった配置も可能になります。
他の家具は少し置きにくくなってしまうかもしれませんが、どこにテーブルを置くと快適に過ごせるのか、色々と試してみるのも良いでしょう。

ソファ

ソファは大きいサイズを選んでしまうと6畳ワンルームの大半を占めてしまう可能性があります。
それでは生活しにくくなってしまうので、厚みやひじ掛けがないデザインのソファを選ぶと良いでしょう。
またできるだけ省スペースな家具を設置したいと考えているのであれば、ソファとしてもベッドとしても使えるソファベッドがおすすめです。
ソファベッドなら6畳という限られたスペースも有効活用しやすくなります。
ただし、窓の位置やベランダの位置によってはソファを置けない可能性もあります。
今暮らしているもしくはこれから引っ越す物件の間取りがどうなっているのかきちんと確認してから選ぶことが重要です。

テレビボード

テレビボードはテレビのサイズに合わせて選びがちですが、大きめのサイズを選んでおくとノートパソコンなどを置いて作業するスペースを確保できます。
そうすることで他の机を用意せずにすむといったメリットもあるため、6畳という限られたスペースを有効活用しやすくなります。
テレビボードを選ぶ際は、収納力が高いアイテムを選ぶという点もポイントになるので覚えておくと良いでしょう。
収納力が高ければその分スペースにも余裕が生まれ、他の家具を置きやすくなります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

素敵にレイアウトする時のポイント

家

6畳ワンルームの物件をよりオシャレで素敵な空間にするには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。
では、どのようなポイントを押さえておくと素敵にレイアウトできるのかみていきましょう。

色味を統一させる

1つ目のポイントは、色味を統一させるという点です。
狭い部屋だからこそ、色味を統一させないとなんとなく落ち着かない空間になってしまう可能性もあるため、どのような雰囲気にしたいか予め決めておくのがおすすめです。
ソファやベッド、クッション、ラグなどの色味に統一感があると、オシャレな雰囲気にもなっていきます。
新しく家具やアイテムを購入する際にも、色味を意識してみると良いでしょう。そうすることで、自分らしくオシャレな空間を演出できます。

インテリアは低めにすると開放感を作れる

2つ目のポイントは、インテリアは低めにすると開放感を作れるという点です。
インテリアにはいろいろなサイズがあり、高さが低めのアイテムもたくさんあります。
それぞれの好みにもよりますが、高さが低めのインテリアを選ぶと室内に開放感を作ることができます。
6畳というスペースの中にいろいろなインテリアを詰め込んでしまうと、配置によっては圧迫感が生まれてしまうこともあるでしょう。
それでは快適に過ごせないという人もいるはずです。
そのような人にこそ、高さが低めのインテリアを選択し、開放感のある部屋作りを意識してみてください。

観葉植物や間接照明を活用してオシャレな空間に

3つ目のポイントは、観葉植物や間接照明を活用してオシャレな空間に変化させるという点です。
観葉植物や間接照明は、ただ置いておくだけでオシャレな空間に大変身します。
家具や小物にこだわるだけでもオシャレな空間にすることはできますが、よりオシャレ度の高い住空間を実現したいのであれば、観葉植物や間接照明を活用してみましょう。
観葉植物のお世話が苦手だという人もいるかもしれませんが、そのような人には間接照明がおすすめです。
また、エアープランツのように初心者にもお世話しやすい観葉植物もあるため、自分のライフスタイルに適したアイテムを取り入れるという点もポイントになります。
ライフスタイルに適したアイテムでオシャレな空間を作り出すことができれば、6畳という限られたスペースだったとしても暮らしやすさも兼ね備えた理想的な住空間に仕上がることでしょう。

まとめ

6畳のワンルームを選ぶ人は少なくありません。
しかし、6畳だとレイアウト次第で快適な空間になるかそうでないかが大きく分かれてしまう可能性が高いです。
そのため、より快適でオシャレな空間にしたいのであれば、今回紹介したポイントをぜひ押さえて家具選びをしてみると良いでしょう。
既に6畳のワンルームに暮らしていて模様替えをしたいと考えている人の場合は、現在ある家具やアイテムを上手く活用できないか考えながら、配置を決めるようにしてみてください。
家具を新調する場合は、現在持っている他の家具やアイテムとの色の調和を考え、統一感のある部屋に仕上げられるように工夫してみるとなお良いでしょう。