家の住み替えとは?売買のタイミングや注意点を解説

住み替え

家を住み替える理由は、人それぞれです。
生活の仕方の変化や住んでいる家への不満などが挙げられます。
家を住み替える時には、売買タイミングや注意点に気を付けなければなりません。
この記事では、家の住み替えとは何か?売買のタイミングや注意点を詳しく解説していきます。
現在住んでいる家から別の家を購入する予定があり、先に家を売るか・買っておくかでお悩みの方は、参考にしてみてください。

住み替えとは?

住み替え

住み替えとは、今住んでいる家から他の家に住み替えることを指します。
売買契約や賃貸借契約といった不動産取引を行い、家を住み替えるのが一般的です。
持ち家にお住まいの場合は、先に家を売るか・買っておくか・ローンの返済問題などに気を付けなければなりません。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

住み替え時の売買タイミング

住み替え

次に、住み替え時の売買タイミングを見ていきましょう。

①家を売ってから住み替え
②家を買ってから住み替え
③同時並行で住み替え

上記3パターン別に、どのような人に向いているのかを合わせて解説していきます。

家を売ってから住み替え

1つ目の売買タイミングは、家を売ってからの住み替えです。
今住んでいる家を先に売ってからの住み替えは、「予算を立ててから住み替えたい人」や「売却費用を得てから住み替えたい人」に向いています。

しかし、先に家を手放すことになるため、住み替えの間は仮住まいが必要です。
そのため、引っ越し費用や家賃がかかってしまうことに注意しましょう。

家を買ってから住み替え

2つ目の売買タイミングは、家を買ってからの住み替えです。
ゆっくり新居選びができ、仮住まいに伴う引っ越しや家賃などがかからない方法です。
「仮住まい費用を支払いたくない人」や「妥協せずに新居選びがしたい人」に向いています。

また、今住んでいる家を空き家にしてから売却が可能です。
しかし、この方法では売却費用を得てから住み替えることができないので、充分な費用を用意しなければなりません。
今お住まいの家のローンが残っている場合、売却になるまで、住み替え先の家のローンも合わせて返済することになります。
そのため、住宅ローンが残っている場合は金銭的な負担が大きくならないように注意が必要です。

売買の同時並行で住み替え

3つ目の売買タイミングは、同時並行での住み替えです。
今住んでいる家を売り出しながら、住み替え先の新居を探す方法です。
新居を探しながら家を売却できるので、「時間・手間・資金をかけずにスムーズに住み替えたい人」に向いています。

先に家が売れて仮住まいをすることになっても、「家を売ってから住み替える方法」より仮住まい期間が短くなりやすいです。
先に新居を購入し、今住んでいる家のローンが残っている場合にも同じことが言えます。
今住んでいる家と住み替え先の家のローンをWで支払う場合、「家を買ってから住み替える方法」よりも期間が短くなりやすいです。
しかし、スムーズに売却や新居の購入ができるとは限らないので、リスクがあることも頭に入れておかなければいけません。

住み替え時の注意点

住み替え

最後に、なるべく後悔をしないように住み替え時の注意点を紹介します。
どんなことに注意すれば良いのか3つ紹介するので、住み替えの際は参考にしてみてください。

住宅ローン返済中の人は特に注意が必要

1つ目の注意点は、住宅ローンを返済中の人です。
住み替えとなる場合、住宅ローンの残債支払いが必要になるケースが多いです。

ローンを一括返済する場合は、金融機関に手数料を支払わなければなりません。
金融機関や手続きの仕方によって手数料は異なりますが、相場は5,000~20,000円です。
また、ローンを完済すると抵当権の抹消費用を司法書士に支払う必要があります。
先に家を買ってからの住み替えの場合は、特に注意が必要です。
既存の住宅ローンと、新居の住宅ローンを二重で返済しなければならなくなるからです。
家の売却が決まるまで、精神的・金銭的な負担が大きくなりがちなので、負担にならないようにしっかりシュミレーションしましょう。
もし、ローンの返済が厳しくなりそうな場合は、先に家を売って売却費用を得てから新居を探した方が、予算を立てやすくなります。
家を売却してもローンが残ってしまった時には、住み替えローンやつなぎ融資を利用するのも1つの手です。

売り出し価格の決め方

2つ目の注意点は、売り出し価格の決め方です。
土地・環境・家の状態などによって、家の適正価格が決まります。
そのため、適正価格よりも高めの金額で家を売り出すと、家が中々売れずに売却まで時間がかかりやすくなってしまいます。
だからと言って、安く売りだし過ぎるとリスクに備えられません。
そのため、計画性を持って家の売り出し価格を決める必要があります。
信頼できる不動産会社を見つけ、アドバイスをもらうのが得策です。

信頼できる不動産会社を選ぶ

3つ目の注意点は、不動産会社の選び方です。
今住んでいる家を高く売るためには、信頼できる不動産会社選びをしなければなりません。
不動産会社によって、アドバイス力や支援の仕方は異なります。

自分の希望に寄り添ってくれる不動産会社を見つけるためには、複数の不動産会社に査定を依頼し、その中から信頼できる不動産会社を選びましょう。
そうすることで、自宅の相場を把握しながら自分に合う不動産会社を見つけやすくなります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

住み替えとは、今住んでいる家から新居に家を住み替えることを言います。
住み替えの売買タイミングは3つあり、それぞれ特徴が異なるので、自分に合うタイミングを選ぶことが大切です。
先に家を売ってからの住み替えは、「予算を立ててから住み替えたい人」や「売却費用を得てから住み替えたい人」に向いています。
先に家を買ってからの住み替えは、「仮住まい費用を支払いたくない人」や「妥協せずに新居選びがしたい人」に向いています。
また、同時並行で住み替えるのも1つの手です。
新居を探しながら家を売却できるので、「時間・手間・資金をかけずにスムーズに住み替えたい人」に向いています。
住み替え時の注意点とタイミングに気を付けながら、住み替えを検討してみてください。