完全分離型二世帯住宅の価格相場は?他の住宅タイプとの違いを比較

二世帯住宅

二世帯住宅には主に同居型・一部共用型・完全分離型という3つのタイプに分かれています。
完全分離型の二世帯住宅は、お互いのプライバシーを守りながら生活することも可能です。
そんな完全分離型二世帯住宅には、どのような特徴があるのでしょうか?
この記事では、完全分離型二世帯住宅の価格相場と、他の住宅タイプとの違いを解説していきます。
両親との同居を考え完全分離型二世帯住宅の購入を検討している方や、完全分離型二世帯住宅の価格帯や他の住宅タイプとの価格の違いなどを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

完全分離型二世帯住宅の特徴

二世帯住宅

まず始めに、完全分離型二世帯住宅の特徴から解説していきます。
完全分離型二世帯住宅には玄関が2つ設置されており、お互いのプライバシーを守りながら生活ができるのが特徴です。

お互い干渉せずに生活ができるので、二世帯住宅に抵抗がある人でも取り入れやすい住宅となっています。
そんな完全分離型二世帯住宅には、左右分離型と上下分離型のものがあります。
左右分離型・上下分離型で特徴が異なるので、それぞれのパターン別にご紹介しましょう。
完全分離型二世帯住宅を建てる時の参考にしてみてください。

左右分離型

左右分離型は、玄関を建物の左右にそれぞれ1つずつ設けるスタイルです。
建物の左と右で、それぞれがプライバシーを守りながら生活ができるのが特徴となっています。
左右に分ける方法のメリットは、2階の足音を気にせずに済むことです。

上下で分けた場合は、どうしても2階に住んでいる世帯の足音が気になりやすくなってしまいます。

上下分離型

上下分離型は、建物を上下に仕切って1階と2階で別の世帯が暮らします。
建物の上と下で、それぞれがプライバシーを守りながら生活ができるのが特徴となります。
2階への移動手段は、家の中に階段を設置するか、外階段を設置するかです。
家の中に階段を設置する場合は、左右分離型よりも広く設計できるのが上下分離型のメリットです。

しかし、2階に住んでいる世帯の生活音が1階に伝わりやすいので気を付けて設計する必要があります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

完全分離型二世帯住宅の価格相場

二世帯住宅

次に、完全分離型二世帯住宅の価格相場を紹介します。
価格相場は、4,000万~6,000万円です。
建築費用に3,500万~5,000万、設備に300万~400万、諸費用もかかります。
また、今住んでいる家を解体してその土地に新築する場合には、解体費用も必要です。
解体費用の相場は、120~200万円です。
次に、完全共有型と部分共有型との価格相場を比較してみましょう。

完全共有型との比較

完全共有型二世帯住宅では、キッチン・お風呂・洗面台・玄関などを共有して生活することになります。
そのため、設備を2つ用意する必要がありません。
各設備を1つずつ用意する場合の相場は、約200万円です。
一方、完全分離型二世帯住宅はそれぞれの世帯の設備が必要となります。
そのため、完全分離型は共有型の1.5~2倍費用がかかり、設備費用の相場が300万~400万円と高くつきます。
また、完全分離型は、共有型よりも家の広さが必要になるので、建築費用も高いです。
完全共有型のトータルの価格相場は、3,400万~4,400万円です。

部分共有型との比較

部分共有型二世帯住宅では、キッチンや玄関などを部分的に共有して生活することになります。
完全共有型は全ての設備を2世帯で共有しますが、部分共有型は設備を部分的に共有するため、設備をどこまで共有するのかによって、費用が変わります。

完全共有型よりも設備費用が高くなりますが、完全分離型よりは設備費用を安く抑えられます。
部分共有型のトータルの価格相場は、4,000万~6,000万円です。
完全分離型よりも設備代を抑えやすいですが、トータル相場としては価格が変わりません。
なぜなら、玄関のみを共有して生活する人が多いからです。

予算別完全分離型二世帯住宅の間取りイメージ

二世帯住宅

最後に、予算別の完全分離型二世帯住宅の間取りイメージを紹介します。
予算でどのくらい間取りが変わるのか知りたい方は、参考にしてみてください。

3,000万円

予算3,000万円では、約40坪の完全分離型二世帯住宅を建てられます。
1階に玄関を2つ設けて左右で生活を分け、LDK・洗面所・UB・キッチン・トイレといった設備を1つずつ設置することができます。
しかし、40坪を左右で分けることとなるため、広いホールやLDKの確保は難しいです。
2階にはWICや寝室・収納を設けることが可能です。

4,000万円

予算4,000万円では、約50坪の完全分離型二世帯住宅を建てられます。
約40坪で左右に生活を分けるとなると、LDK空間が狭くなってしまいがちです。
しかし、約50坪あれば左右で生活を分けてもLDKやホールを広くとれます。
2階にはWIC・寝室・収納の他に、フリースペースやトイレも確保可能です。
ゆとりを持って生活したい場合は、50坪はあった方が良いです。

5,000万円~

予算6,000万円では、約60坪の完全分離型二世帯住宅を建てられます。
1階を左右で分けた場合は、LDK・洗面所・UB・キッチン・トイレの他にも和室やちょっとした小上がりを設けることができます。
和室や小上がりが不要な場合は、ちょっとした作業スペースやフリースペースを作るのもおすすめです。
土地が狭い場合には、3階建ての完全分離型二世帯住宅を建てられます。
予算が6,000万円あれば、上下分離型でも左右分離型でも、自分達に合う二世帯住宅を立てやすいです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

完全分離型二世帯住宅は、親と子供でプライバシーを確保しながら同じ建物に住める住宅です。
共有型・一部共有型の二世帯住宅よりも設備代や建築費用が高くなってしまいますが、お互いを干渉せずに住むことができます。
そんな完全分離型二世帯住宅には、左右分離型と上下分離型のタイプがあります。
左右に分ける方法のメリットは、2階の足音を気にせずに生活ができることです。
上下に分ける方法のメリットは、家の中に階段を設置した場合に、左右分離型よりも広く設計できることです。
そんな完全分離型二世帯住宅の費用相場は、4,000万~6,000万円となっています。
家の広さが必要なことや設備が2つ必要になることから、費用は高くなってしまいますが、プライバシーを確保したい人におすすめの二世帯住宅です。