オンライン部屋探しはコチラ!

中古マンション仲介手数料の仕組みとは?値引きできる

不動産会社から中古マンションを購入する場合、購入費とは別に仲介手数料の支払いが必要です。
この仲介手数料の仕組みが気になる方もいるのではないでしょうか?
仲介手数料がどのくらいになるのか、また値引きは可能なのか疑問は多いはずです。
そこで今回は、中古マンションの購入にかかる仲介手数料の仕組みや安くする方法などについて解説していきます。

中古マンションの仲介手数料とは

中古マンション

中古マンションを購入する場合、登記費用や各種手数料などが物件代と別途でかかります。
諸経費の中でも特に大きな割合を占めているのが仲介手数料です。まずは仲介手数料の基本からご紹介しましょう。

不動産会社に支払う手数料

仲介手数料とは、不動産会社に払う報酬を指します。
仲介手数料は不動産会社への成功報酬なので、引き渡しが完了するまでは仲介手数料を支払う必要はありません。
契約が成立し、物件が無事引き渡された際に、買主が不動産会社に対して中古マンション仲介手数料を支払ってください。

ただ、仲介手数料を支払わなくてもよい例外もあります。
例外となるのは、中古マンションの買取再販物件を直接不動産会社から買う場合です。
その場合には、中古マンション仲介手数料は取られません。

仲介手数料の上限

宅地建物取引業法により、仲介手数料には上限があります。
仲介手数料の上限額の計算方法は、「(物件価格×3%+6万円)+消費税」で計算することが可能です。
仲介手数料の上限を越さない限り違法にはなりません。
買主と不動産会社が話し合って納得できれば、仲介手数料が0円でも上限でも問題ありません。

仲介手数料の上限例
物件価格が1000万円の場合:39万6,000円
物件価格が2000万円の場合:72万6,000円
物件価格が3000万円の場合:105万6,000円
検討中の中古マンションの物件価格を用いて、仲介手数料の上限を計算してみてください。

新築でも仲介手数料は発生する

不動産会社に支払う手数料は、新築マンションの場合には後から請求されることはありません。
なぜなら、新築マンションを購入した場合は、物件価格の中に仲介手数料が含まれているからです。
つまり、新築マンションの場合には元々の金額に仲介手数料が含まれているだけなので、支払っていないわけではないのです。

契約が白紙になった場合の対応

住宅ローンの審査に落ちた場合、ローンで物件を購入できません。
そのため、住宅ローンの審査に落ちた場合は契約が白紙に戻ります。
契約が白紙になった場合、一般的には仲介手数料の支払いは発生しません。
しかし、不動産会社によっては手間賃として手数料の一部や全額を買主に請求する場合もあります。
住宅ローンの審査に落ちてローンが組めなかった場合の仲介手数料の扱い方については、法律で決まっていないので、不動産会社によりけりです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

仲介手数料を安くするには?

不動産屋

中古マンション仲介手数料は、物件によっては結構な金額になります。
例えば、3,000万の中古マンションを購入した場合には、中古マンション仲介手数料が100万円を超えてしまいます。
少しでも仲介手数料を安くするためには、値引き交渉をするのが手です。

値引き交渉は可能

不動産会社の中には仲介手数料を値引き交渉に対応してくれる可能性があります。
ただし、交渉のタイミング次第では、不動産会社との関係が悪くなってしまうケースもあるので注意が必要です。
交渉をするのであれば、契約が終わった後ではなく始めのうちに安くできないか聞いておきましょう。
最初の段階で値引きが可能か確認することで、険悪な関係になるのを防げます。また、物件価格を値引きしてもらうのも有効です。
新しい物件の場合には中々値引きしてもらうことはできませんが、売り出してから何年も経っている物件であれば、物件価格を値引いてくれる可能性が高くなります。
また、物件価格が安くなることで、仲介手数料も安くなるので、どちらかの交渉を不動産会社の方にしてみると良いでしょう。

値引きされやすいケースとコツ

中古マンション仲介手数料または物件価格が値引きされやすいケースとコツを詳しく紹介していきましょう。

・中古マンションの物件価格の値引き
まずはマンションの物件価格が値引きされやすいケースから見ていきます。
中古マンションの物件価格が値引きされやすいケースは、何年も売りに出ている物件の場合です。
また、少し特殊な環境にある物件や利便性が悪い・変な噂がある中古マンションの場合にも物件価格を値引いてくれることがあります。
逆に、新しく売りに出たばかりの中古マンションの場合には、物件価格の値引きが難しいでしょう。
値引いてもらいたい場合は、「このマンション何年も売りに出ていますが、少し安くなりませんか?」と交渉してみてください。

・中古マンションの仲介手数料の値引き
次に中古マンションの仲介手数料の値引きですが、仲介手数料が上限の時に値引き交渉を行ってみましょう。
「仲介手数料が上限ですが、もう少し安くなりませんか?」と聞いてみてください。
また、もし仲介手数料の値引きが難しそうであれば、物件価格の値引きを交渉しましょう。
そうすることで物件価格と仲介手数料がどちらも安くなりやすいです。

・中古マンションの仲介手数料が無料のケース
中には仲介手数料が無料の中古マンションもあります。
両手取引を行っている会社は、マンションの売主からも仲介手数料を受け取っているため、買主に仲介手数料を請求しなくても利益を確立できるのです。
このように、両手取引を行っている不動産会社があれば、仲介手数料の値引きを交渉する余地は十分にあります。
また、仲介手数料が最初から無料になっている場合は、物件価格を値引きしてもらうことは難しいです。

まとめ

仲介手数料とは、不動産会社に払う報酬を指します。
仲介手数料の上限は決まっており、「(物件価格×3%+6万円)+消費税」で計算することが可能です。
また、住宅ローンの審査に落ちて契約が白紙になった場合には、仲介手数料を支払うかどうかは不動産会社次第です。
仲介手数料や物件価格の値引きは、場合によってはできます。
購入を検討した始めの段階で不動産会社に値引き交渉を行ってみてください。