平屋なら新築でも1000万円以下に!コストを抑える秘訣と間取り例

平屋

平屋住宅では階段を設置するスペースが不要で広々と使えそうですが、実際には1階にすべての部屋を収めるためにある程度土地の広さは必要になってきます。
土地の購入でお金がかかるとなれば建築費はあまりかけられないという方もいるでしょう。
今回は建築費をあまりかけられない方向けに、1000万円以下で平屋を建てるコツをご紹介していきます。
コストを抑えるためのポイントから間取り例まで、これから平屋の建築を備えている方はぜひご参考ください。

新築でも1000万円以下に抑える秘訣

平屋

現在も主流となっている2階建ては、平屋よりも坪単価が安い傾向にあります。
だからと言って平屋の坪単価が特別高いわけではなく、1000万円以下で夢の平屋住宅を手にしている人もいます。
まずは新築の平屋住宅を建てるにあたり、コストを安く済ませるためのコツをご紹介していきましょう。

外観・構造はシンプルを心掛ける

家は外構や構造がシンプルなものほど建てやすくなっています。
シンプルな造りになると必要な建材が少なくなり、手間もかからないことから施工費も安くなるのです。
シンプルになると「味気ない」「せっかく家を建てるのにもったいない」といった心配を抱える人も少なくありません。
しかし最近では、シンプルな外観でも洗練されたモダンな印象のお家にすることもできれば、スタイリッシュな家づくりも可能です。
今後どういったデザインが人気になっていくかは分かりませんが、シンプルでも魅力的な平屋住宅がたくさんあることを覚えておきましょう。

設備や素材などで節約を意識する

コストダウンを実現するのは家そのものだけではありません。
システムバスやユニットバス、洗面台といった住宅設備によっても節約できるのです。
節約するとなると設備はグレードダウンすることになってしまうのですが、一部を必要最低限の機能が備わったものに変更し、他は逆に機能を向上させたものを選んだ場合でもコストダウンにつながることがあります。
こうしたグレードの見直しは生活が不便にならないことが重要ですので、家づくりを進めていく段階で実際に生活した場合のイメージを行いながら設備選びも慎重に行いましょう。

複数の建築会社に見積もりをかける

ローコストの平屋住宅にするためには建築会社選びも重要です。
建築会社は1社に見積もりしただけでは相場は見えてきません。
複数社に見積もりをかけて、まずは相場を理解していきましょう。
そうした上で理想の住空間を実現できる建築会社を選ぶことが大事になってきます。
コストを抑えたい場合は人件費や販売促進費なども大きく関わってきます。
基本的には大手ハウスメーカーの方が広告費によってコストも掛かりがちなので、選ぶ際の参考にしてみてください。
また、平屋はまだまだ着工件数が少ないため、実績が少ない会社だと満足のいく家づくりにはならない傾向にあります。
平屋の施工実績が多い建築会社を選ぶのも1つのポイントです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

1000万円で新築平屋を建てる場合の間取り例

平屋

1000万円の平屋住宅を完成させるには間取りが重要になります。
しかし、どんな間取りにすべきか分からない人も多いでしょう。
続いてはローコストの平屋住宅にできる間取りをご紹介していきます。
それぞれのポイントを理解し、実際の打ち合わせで担当者へ自身の希望を話せるようにしておきましょう。

2LDK~3LDKの広さを想定

間取りは2LDK~3LDKであれば建築費を1000万円程度で収めやすくなります。
この間取りは2~3人家族でも十分に感じる広さです。
建築会社の坪単価にもよりますが、リビングダイニングは18帖程度に、洋室6帖を2部屋で設計できるでしょう。

家族全員が居心地の良いリビングダイニング

部屋数が少なければ少ないほどコストが抑えられるため、なるべく家族全員が居心地の良いリビングを目指しましょう。
リビングを1帖広くとるだけでも、居心地の良さは大きく変わります。
部屋数を少なくする代わりに家族が自然とリビングに集まるような空間にすることで、家族団らんの時間も増え、なおかつコストを抑えられます。

水まわりは集中させる

なるべく水まわりは集中させるように気を付けてください。
平屋は2階がないため同じ縦軸に排水管を並べることができません。
風呂やバス、キッチンが離れているとその分だけ排水管を長く引く必要があります。
こだわりの間取りにしたい方は排水管が長くなることもあると思いますが、資材費・施工費共にかかってくるので、ローコスト住宅を目指すなら水まわりの配置にも注意しましょう。

風通し・日当たりを考えた作り

安く収まる間取りであっても風通りや日当たりが悪いと生活には満足できないでしょう。
洗濯物の乾きが遅いことで乾燥機や除湿器を付けたり、部屋に日が差し込まないことで日中でもライトを付けないとなれば、電気代が増えてしまうことになります。
また、暗い・ジメジメするといった環境は人までも暗くさせてしまいます。
温かみのある空間を目指すならば風通し・日当たりを考えた作りにしてもらうよう依頼してみてください。

部屋は後で間仕切りできるよう対策

4~5人の家族でも工夫次第では2LDK~3LDKの平屋でも十分な場合があります。
それを可能とするのが間仕切りです。
間仕切りとは室内を区切るスライド式のドアやパーテーション、カーテン、襖のことを言います。
家族の成長に合わせてフレキシブルに間取りを変えられる間仕切りは人気で、導入している家庭も多いです。
家庭によっては家具を活用して1部屋を2つに分断している方もいるので、既に建築が完了してしまった人はぜひ家具でできる間仕切りを試してみてください。

まとめ

今回は、人気が高まる平屋住宅を1000万円で建てる方法をご紹介してきました。
シンプルな造り、設備のグレードを考える、建築会社を選別するなど、これらを覚えておくだけでコストを十分に抑えることが可能です。
また、間取りは慎重に考えていくことも大事になります。
リビングにこだわることや風通し・日当たりを良くすることは、平屋の完成度を左右することにもつながります。
ぜひご紹介してきた間取りやポイントを参考に、満足できるローコストな平屋住宅を実現してみてください。