アパートの駐車場で起こり得るトラブル!事前に知っておきたい対処法を解説

駐車場

アパートのオーナーをしていると、駐車場トラブルが発生することが度々あります。
駐車場トラブルには様々な事例があり、その事例によって正しい対処方法が異なります。
正しく対処をしないと、口論や更なるトラブルとなりかねません。
この記事では、アパートのオーナー様向けに「アパート駐車場で起こり得るトラブルの事例と対処方法」を解説していきます。
アパートのオーナーとして「駐車場で起こりやすいトラブル」と「その対処法」について知っておきたいという方は、参考にしてみてください。

アパートの駐車場トラブルの被害件数は?

駐車場

まず始めに、アパートの駐車場トラブルの被害件数について紹介していきます。
実はアパート全体の住民トラブルのうち、約4分の1は駐車場関連のトラブルで占めているのが実態です。

駐車場でのトラブルには、車上荒らし・無断駐車・接触事故など様々なものがあります。
そういった駐車場でのトラブルは当事者同士で解決できるように、アパートのオーナーが事前に対策をしておくことが大切です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

起こりやすい駐車場トラブル事例&対処法

駐車場

次に、起こりやすい駐車場トラブルの事例と対処法を紹介します。
どのようなトラブルがあるのかを知り、どう対処すべきなのか参考にしてみてください。
対処法を間違えると、更なるトラブルへと発展しかねません。
トラブルが発生したら、正しい対処方法をとりましょう。

無断駐車されている

1つ目の起こりやすい駐車場トラブルの事例は、無断駐車です。
無断駐車によるトラブルは、駐車場トラブルの中でも多くなっています。
アパートの駐車スペースは有料になっており、駐車場の使用を申請した入居者のみが指定されたスペースに停められます。
そのため、他人が勝手に駐車場を利用することは許可されていません。
スペースが空いていることを理由に無断駐車すると、そのスペースを契約している入居者が車を停められなくなってしまいます。
こういった無断駐車を放置してしまうと、オーナーの責任が問われることになりかねません。
無断駐車の対処法は、注意喚起をする方法と管理会社に連絡をする方法があります。

他人が停められないようにコーンを置いたり、無断駐車禁止の張り紙をしたりすることで、無断駐車によるトラブルを減らすことができます。
それでも無断駐車をされる場合は、アパートの管理会社に連絡をして、対処してもらってください。

接触で車が傷ついた

2つ目の起こりやすい駐車場トラブルの事例は、自転車や車などとの接触で車に傷が付くことです。
自転車・バイク・車などによる車への接触・当て逃げは、無断駐車の次に多い駐車場トラブルです。
接触トラブルは、「当てた」「当てていない」の口論となりやすく、当事者同士で解決できないことがあります。
そのため、接触事故が多い場合には防犯カメラを設置して対処をしてみてください。
防犯カメラに証拠が残っていれば、誰が車を傷つけたのか一目瞭然です。
賠償トラブルとなった際に証拠として提出も可能です。
駐車場全体を見渡せるような位置に防犯カメラを設置してみてください。

ラインからはみ出している

3つ目の起こりやすい駐車場トラブルの事例は、駐車ラインからのはみ出しです。
駐車スペースに車を停める時には、ラインからはみ出さないように車を停めなければなりません。
しかし、中にはラインからはみ出して駐車をする人もいます。
駐車スペースが狭い場合や、ラインから大きく車がはみ出している場合は、隣に駐車しにくくなってしまいます。
アパートのオーナーとして正しい対処方法は、管理会社への連絡です。
はみ出しがあった場合、原則管理会社へ連絡しなければならないからです。

オーナーが直接、はみ出しをした住人に注意をしてしまうと、口論やトラブルにつながりかねません。
また、アパートの敷地を超えて車が道路へとはみ出してしまっている場合は、法律違反となります。
その場合も、管理会社へ連絡してください。

車上荒らしの被害に遭った

4つ目の起こりやすい駐車場トラブルの事例は、車上荒らしです。
車上荒らしは、夜10時~朝9時までに起こりやすいと言われています。

アパートの駐車スペースに車を停めていて車上荒らしに合ったケースも少なくありません。
車上荒らしの対策には、防犯カメラ・センサーライトの設置が有効です。
防犯カメラの近くにセンサーライトを設置しておけば、人が近くに現れた時にライトが自動で付くので防犯効果が高まります。
また、車上荒らしは犯罪のため、警察への連絡も忘れずに行いましょう。

トラブルが発生したらどこに相談すべき?

駐車場

最後に、トラブルが発生したらどこに相談するべきなのかを解説します。
トラブルが発生した際に相談先に悩んだら、参考にしてみてください。

まずは管理会社へ相談する

駐車場トラブルが発生した場合、まずは管理会社へ相談をしましょう。
オーナーがなんとかしようと個人で対応をしてしまうと、口論やさらなるトラブルへ発展しかねません。
そのため、最初から管理会社に相談をして対処してもらうのがベストです。

今後同じような駐車場トラブルが発生しないように対策をとってくれたり、アドバイスをしてくれたりすることもあります。
また、警察へ相談した方が良い場合にも支持を受けられます。
まずは、管理会社へ連絡を行ってください。

車上荒らしの場合は警察にも相談

管理会社が対応できないトラブルや車上荒らしといった法律違反の場合には、警察にも相談をしましょう。
基本的に警察は民事不介入のため、個人トラブルでは動いてくれません。
しかし、路上駐車や車上荒らしは犯罪となるため、警察が動くことが可能です。
また、管理会社が休みで連絡ができない場合にも警察が対応してくれることがあります。
無断駐車の場合には、車のナンバーから車の所有者を割り出して電話対応をしてくれます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

アパートの経営をしていて、駐車場トラブルが発生したらすぐに適切な対処をしなければなりません。
しかし、だからといってオーナーが事故対処をするのは間違った対処です。
口論や更なるトラブルへ発展しかねないので、管理会社へ連絡をして対処してもらいましょう。
トラブルが少ない物件となれば、入居者の満足度が高まって家賃の収益化につながります。
トラブル防止のために、防犯カメラやセンサーライトを取り付けるのもおすすめです。