オンライン部屋探しはコチラ!

掃き出し窓とは?メリットや防犯面について解説!

掃き出し窓

快適な住まいを考える上で「窓」は大切な要素の1つです。
でも窓についてあまり知らない、という方も多いのではないでしょうか。
この記事では、
●掃き出し窓とは
●掃き出し窓のメリット・注意点
●その他の窓の種類
についてご紹介します。

掃き出し窓

掃き出し窓とは、窓の下部分が床に接する引き違い式の大きな窓のことです。
主にリビングから庭やベランダにつながる窓として用いられます。
かつて部屋の掃除をホウキで行っていた頃に、集めたゴミを外に掃き出す役割があったため、掃き出し窓と呼ばれています。

掃き出し窓のメリット

掃き出し窓

では、掃き出し窓のメリットは何でしょうか。ここでは2つご紹介します。

庭やベランダへ出やすい
部屋と庭・テラスの行き来のしやすさがメリットとして挙げられます。
家庭菜園やガーデニングが趣味という人にとっては、玄関から庭に回り込まずに直接掃き出し窓から出ることができるのは、嬉しいポイントですよね。

採光や風を取り入れやすい
窓の面積が大きいため、採光や風を取り入れやすいという特徴もあります。
日当たりや風通しが悪いと、カビやハウスダストが溜まりやすくなってしまいます。
これらはアレルギーの原因となるため、お子さんのいる家庭では特にメリットとなります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

掃き出し窓の注意点

掃き出し窓

ここまで、掃き出し窓のメリットについてご紹介しました。
では、掃き出し窓で注意すべき点は何でしょうか。

防犯面
窓が大きいため、生活環境が外から見えやすい、また侵入経路になりやすいという側面もあります。
特に1階の掃き出し窓の場合「防犯面で不安を感じる」という方もいるのではないでしょうか。
●カーテンや目隠しを活用する
●戸締りを徹底する

これらの対策だけでは不安が残る場合は、
●強化ガラスに変更する
●補助錠を追加する
といった方法もあります。

断熱をしっかりと
一般的に窓の大きさが大きいほど、部屋は外気の影響を受けやすいと言われます。
つまり夏は部屋が暑く、冬は寒くなりやすいということです。

とはいえメリットの見出しでもご紹介したように、
●お日様を取り入れやすい
●風通しが良い
という面もあります。
一概に部屋が過ごしづらくなるとは言えません。
また、断熱窓や二重窓を使用することで、気温の影響を軽減することもできます。掃き出し窓の特徴を踏まえて、比較検討してみてくださいね。

その他の窓の種類

窓

掃き出し窓の他には、どんな窓があるのでしょうか。
ここでは「腰高窓」「天窓」をご紹介します。

腰高窓
腰高窓とは、床と天井の間の高さにある窓のこと。
腰の高さからの窓であることからそう呼ばれます。
腰高窓は掃き出し窓と比べて、採光や風通しでは劣る一方、防犯面や冷暖房効率では勝ります。
また出入り口としては利用しないため、窓の前に椅子やサイドボードなどの家具を置くこともできます。

天窓
屋根に位置する窓のため、住宅街でもプライバシーを守りつつ、光を取り入れることができます。
日中のほとんどの時間帯に光が入るのも嬉しいポイントです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

この記事では、掃き出し窓のメリットや注意点、またその他の窓として「腰高窓」「天窓」をご紹介しました。
それぞれに一長一短があり、どれが1番というものではありません。住宅を購入する際にはこの記事も参考に、ぜひ窓に注目してみてくださいね。

●お日様を取り入れやすい●風通しが良いという面もあります。一概に部屋が過ごしづらくなるとは言えません。また、断熱窓や二重窓を使用することで、気温の影響を軽減することもできます。掃き出し窓の特徴を踏まえて、比較検討してみてくださいね。h2: その他の窓の種類掃き出し窓の他には、どんな窓があるのでしょうか。ここでは「腰高窓」「天窓」をご紹介します。腰高窓腰高窓とは、床と天井の間の高さにある窓のこと。腰の高さからの窓であることからそう呼ばれます。腰高窓は掃き出し窓と比べて、採光や風通しでは劣る一方、防犯面や冷暖房効率では勝ります。また出入り口としては利用しないため、窓の前に椅子やサイドボードなどの家具を置くこともできます。天窓屋根に位置する窓のため、住宅街でもプライバシーを守りつつ、光を取り入れることができます。日中のほとんどの時間帯に光が入るのも嬉しいポイントです。h2: まとめこの記事では、掃き出し窓のメリットや注意点、またその他の窓として「腰高窓」「天窓」をご紹介しました。それぞれに一長一短があり、どれが1番というものではありません。住宅を購入する際にはこの記事も参考に、ぜひ窓に注目してみてくださいね。54%5 / 6

h2: 掃き出し窓の注意点ここまで、掃き出し窓のメリットについてご紹介しました。では、掃き出し窓で注意すべき点は何でしょうか。防犯面窓が大きいため、生活環境が外から見えやすい、また侵入経路になりやすいという側面もあります。特に1階の掃き出し窓の場合「防犯面で不安を感じる」という方もいるのではないでしょうか。●カーテンや目隠しを活用する●戸締りを徹底するこれらの対策だけでは不安が残る場合は、●強化ガラスに変更する●補助錠を追加するといった方法もあります。断熱をしっかりと一般的に窓の大きさが大きいほど、部屋は外気の影響を受けやすいと言われます。つまり夏は部屋が暑く、冬は寒くなりやすいということです。とはいえメリットの見出しでもご紹介したように、●お日様を取り入れやすい●風通しが良いという面もあります。一概に部屋が過ごしづらくなるとは言えません。また、断熱窓や二重窓を使用することで、気温の影響を軽減することもできます。掃き出し窓の特徴を踏まえて、比較検討してみてくださいね。h2: その他の窓の種類掃き出し窓の他には、どんな窓があるのでしょうか。ここでは「腰高窓」「天窓」をご紹介します。腰高窓腰高窓とは、床と天井の間の高さにある窓のこと。腰の高さからの窓であることからそう呼ばれます。腰高窓は掃き出し窓と比べて、採光や風通しでは劣る一方、防犯面や冷暖房効率では勝ります。また出入り口としては利用しないため、窓の前に椅子やサイドボードなどの家具を置くこともできます。天窓屋根に位置する窓のため、住宅街でもプライバシーを守りつつ、光を取り入れることができます。日中のほとんどの時間帯に光が入るのも嬉しいポイントです。h2: まとめこの記事では、掃き出し窓のメリットや注意点、またその他の窓として「腰高窓」「天窓」をご紹介しました。それぞれに一長一短があり、どれが1番というものではありません。住宅を購入する際にはこの記事も参考に、ぜひ窓に注目してみてくださいね。54%3 / 6