一人暮らし必見!快適な部屋は家具の配置で決まる!

一人暮らし

初めての人にとっては、一人暮らしは憧れがあるという人もいるのではないでしょうか?
どのような間取りを選ぶかにも時間をかけてする人は多いものです。
部屋にどのような家具やインテリアを置くかでも、ワクワクしている人はたくさんいるでしょう。
そこで今回は、一人暮らしの部屋に配置しておきたい家具や、快適な部屋にするためのポイントなどをご紹介します。
既に一人暮らしをしているという人も、部屋のコーディネートの参考にしてみてください。

一人暮らしで注意したい家具の配置

家具

一人暮らしでは、希望のレイアウトや部屋の広さに合わせて家具を選ぶ必要があります。
家具の配置で注意すべきことはあるのでしょうか?
まずは、家具の配置の仕方について詳しくみていきましょう。

賃貸はレイアウトが固定されがち

一人暮らしの場合に選ぶことの多いのが、ワンルームの賃貸です。
ワンルームでは、キッチンやリビングなどが分かれていないため、レイアウトが固定されがちで、部屋のコーディネートに悩んでしまう人もたくさんいます。
まずは、家具を配置する前にその部屋をどんな風にレイアウトしたいか、どのように暮らしていきたいかイメージしてみてください。
例えば、気になるレイアウトを探したり、紙に書き出したりしても良いでしょう。
食事と学習・仕事は別のテーブルが良い・リラックスできる空間にしたいなど、部屋作りをする上での希望と優先事項を決めるのがポイントです。
部屋作りの手順としては、レイアウトで暮らしの土台を作り、さらにそこをコーディネートすることです。

この順番に進めることで、居心地の良い空間を実現できるようになります。
コンセントやクローゼットの位置によってレイアウトが変わることも多いので、事前にチェックしておく必要があります。

部屋の広さや形に合わせて考える

部屋の広さや形によっても、レイアウトを変えていきましょう。
部屋の大きさに合っていないベッドやソファを置くと、それだけで部屋が狭くなってしまい、使いにくくなります。
ワンルームの場合は、部屋の境目がないため、家具やインテリアなどの配置場所を工夫して部屋を仕切ってしまうのも方法の1つです。
リビングとベッドスペースの間に目隠しになるような棚を配置するだけでも、部屋にメリハリが生まれます。
家具やインテリアを配置し過ぎるのも、圧迫感が出てしまうので避けましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

揃えておくべき家具

家具

ベッドやソファは、一人暮らしの部屋には欠かせない家具です。
どちらも大きな家具なので、部屋に配置することで狭くなってしまうのではないかと躊躇ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、ワンルームの場合でも、ベッドやソファを置いて狭くならないようなレイアウトが可能です
ここでは、ベッドやソファの選び方やおすすめをご紹介します。

ベッド

ベッドは、収納付きのものを選ぶのがおすすめです。
ワンルームの場合、クローゼットや押し入れが1ヶ所にしかないことが多いです。
収納はたくさんあって困ることはないので、ベッド下の空間を活かした収納付きが良いでしょう。
もちろん、収納が十分にあるなら、ヘッドレスタイプやロータイプのベッドもおすすめです。
背の低いロータイプなら、圧迫感も少なくなり部屋を広く使うことができます。

ソファ

ソファは、どこに配置するかによって選び方が変わってきます。
食事を取る時に使うだけなら、1人用のコンパクトなサイズのもので良いですし、横になってくつろぎたいなら、ソファベッドのようなゆとりのあるサイズのものが良いでしょう。
2人掛けのソファでもコンパクトなものも多いので、ワンルームの部屋にも取り入れやすいです。
また、ソファを置くなら、テーブルは背の低い小さなタイプが使い勝手も良くおすすめです。
ソファの形やデザインと合わせて選びましょう。

快適な部屋にするためのポイント

家具

部屋を快適な空間にするには、どのようなポイントを踏まえてコーディネートすれば良いのでしょうか?
ここでは、配置決めや家具の揃え方についてご紹介します。

まずは大きな家具の配置から決める

置きたい家具が決まったら、まずはその中でも大きな家具から配置場所を決めていきましょう。
大きい家具は、ベッドや冷蔵庫、洗濯機、ソファなどです。
大きな家具から配置場所を決めていくことで、空いたスペースに配置する小さな家具やインテリアも決まっていきます。
実際に配置する前に、図面上でレイアウトするとイメージしやすいです。

背の低い家具で揃える

家具は、背の低いもので揃えると、部屋が広く見えます。
圧迫感のある背の高い家具よりも、低い家具の方が開放的で落ち着いた空間を実現できます。

ワンルームのお部屋では、縦長で奥に大きな窓があるケースが多いです。
そんな時は、両側の壁に沿って家具を配置していき、真ん中の空間を開けるようにすると部屋を広く見せることができます。
例えば、壁際にソファを置いて、ローテーブルを真ん中に配置するのも良いでしょう。
適度なスペースがあることで、物を効率的に配置できるというメリットもあります。

家具の色を統一する

家具の色は、自分の好きな色で選ぶことで個性が出ますが、色は統一することをおすすめします。
家具の色をある程度統一することで、すっきりとまとまった空間になります。

グレーやブラックなどの家具やインテリアなどで統一すればシックで大人っぽい雰囲気に、ホワイトやベージュで統一すれば明るく開放感のある空間にできるでしょう。
ラグやカバーなどで、差し色を入れるのもメリハリが出ておすすめです。
ただ、大きな柄はクッションカバーやマットなどの小物や雑貨などに留めておきましょう。
柄を引き立てて部屋の雰囲気をまとめるのはなかなか難しく、悪目立ちする可能性があります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

一人暮らしの部屋では、スペースが限られているため、置きたい家具やインテリアがたくさんあっても厳選しなければなりません。
部屋作りのコツを掴めば、誰でも理想の空間を実現できます。
自分がどんな空間にしたいか、何を重視するかで部屋の印象も大きく変わっていきます。
どんな部屋が快適に感じるか、自分が思い描く理想の暮らしをイメージしてみましょう。