二人暮らしにピッタリ!1LDKのレイアウトを作る時のポイント

1LDK

賃貸マンションやアパートの間取りには様々なタイプがありますが、二人暮らしをしている方におすすめの間取りは「1LDK」です。
限られたスペースの中でも、レイアウトを工夫しながらおしゃれで快適な部屋にしたいと考えている方も多いでしょう。
今回は、1LDKの間取りで二人暮らしをする際のレイアウトやインテリアについてご紹介します。
二人暮らしをしていく上でどんなレイアウトにしようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1LDKに見られる様々なタイプ

1LDK

1LDKとは、1つの部屋と8畳以上の広さを持つリビングダイニングキッチン(LDK)がある間取りのことを言います。
1LDKと言っても、様々なタイプがあるということはご存知でしょうか?
まずはどのようなタイプがあるのかご紹介していきます。

続き間型

続き間型とは、リビングダイニングともう1つの部屋が続いているタイプの間取りのことを言います。
この中でも個室がリビングダイニングの横に続くタイプと縦に続くタイプで分かれています。

こういったタイプの間取りは引き戸で仕切られている場合、間仕切りを開放することで空間を広くすることができます。
横に続くタイプの場合は個室にも窓がありますが、縦に続くタイプの場合は個室に窓がないこともあるでしょう。

独立型

独立型とは、リビングダイニングと個室のそれぞれが独立するタイプです。
個室が建物の廊下側に面しているので、北向きになる場合が多いでしょう。
個室もリビングダイニングと離れているので、二人暮らしにはピッタリな間取りと言えます。
それぞれのプライベートな空間が確保されているので、ライフスタイルが違っても相手に気を遣わずに過ごせるでしょう。
一緒に住んでいる二人の生活時間が異なる場合は、独立型がおすすめです。

メゾネット

メゾネットとは、個室や浴室などが集まるフロアとリビングダイニングキッチンがフロアで上下に分かれている間取りのことを言います。
最大の特徴は、集合住宅でありながら一軒家のような感覚で過ごせるところです。
上階の物音が気になるという方にはおすすめのタイプです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

二人暮らしにおすすめの1LDKレイアウト事例

1LDK

1LDKで二人暮らしをしていくと、自然と二人で過ごす時間も増えてきます。
そのため、お互いが快適に過ごせるレイアウトを心掛けるようにしましょう。
中でも、一緒にいる時間が長いダイニングやリビングはこだわって配置をした方が良いでしょう。
1LDKのレイアウトは様々ですが、おすすめのレイアウトについていくつか詳しくご紹介していきます。

ダイニングとリビングのメリハリを付けた間取り

基本のレイアウトとして挙げられるのは、ダイニングとリビングの間にダイニングテーブルなどを置いてメリハリを付ける間取りです。
寝室に置くベッドなども含め、主役となる家具を置くことで快適な暮らしを叶えられるでしょう。
例えば、リビングダイニングにソファとダイニングを置くことで、くつろぐスペースと食事をする場所で分けられます。
ソファダイニングのような過ごし方もいいですが、過ごし方を分けることによって空間にメリハリを付けることが可能です。
過ごす人に合わせた家具のレイアウトを見つけましょう。

生活動線を意識してインテリアをコンパクトに

二人で暮らしていてもすっきりとした空間の中で過ごしたいという方は、生活動線を意識した家具のレイアウトを組んでみましょう。
入口からキッチンやバルコニーに続く動線を広くすることで、部屋の中でもスムーズに動くことができます。

レイアウトの工夫や余計な物を持たないということが重要です。
例えば、奥行きの浅いソファを置いてローテーブルは設置しないことで開放的な動線になります。
ローテーブルがなくて不便という場合は、サイドテーブルなどを置くと良いでしょう。
また、1LDKの寝室は部屋が少ないという点から家具や物などで狭くなりがちです。
そのような寝室の状態でもすっきりとした空間にしたい場合は、左右の壁に沿ってベッドや家具を置き、入口からバルコニーへの動線を必ず作るようにしましょう。

ソファダイニングで空いたスペースを活用

レイアウトをする上でリビングダイニングに余裕を持たせて空間を上手く活用したいという場合は、「ソファダイニング」もおすすめです。
くつろぎスペースと食事をする場所が一緒になることで空間にも余裕が生まれます。

そのため、部屋を広く見せたり、空いたスペースに家具を置いたりすることもできるでしょう。
例えば、自宅で二人とも作業や仕事をするという場合でも簡易デスクを設置することで空間を上手く活用できます。
他にも、収納が足りていない場合でも収納家具などを置く余裕も生まれるなど、多くのメリットがあります。

大きい収納系は寝室へ

1LDKの場合は部屋数が2つしかないため、リビングダイニングや寝室のレイアウトが重要になってきます。
その2つの中でも過ごす時間が長いリビングダイニングを快適な空間にするためには、寝室に大きめの家具などを詰め込むのも選択肢の1つです。
二人の生活に必要なものを部屋に置くと、部屋が満杯になってしまう場合も多いでしょう。
そうならないためにも、寝室のレイアウトは多少窮屈になっても構わない前提で考えてみると良いでしょう。
寝室は基本的に誰かに見せるという場所ではないので、収納スペースを兼ねてみたり、作業スペースを確保したりするなど、二人の過ごしやすい寝室のレイアウトを考えてみてください。

インテリアは統一感を持たせよう

インテリアに使用する家具や小物の色・テイストは統一感を持たせるようにしまししょう。
家具のすべてを新しく新調するという場合は良いですが、お互いの家具などを持ち寄るという場合もあります。
お互いの好みの違いからどうしても素材や色味がバラバラになりがちで、おしゃれ度も下がってしまうものです。
そうならないためにも、家具やインテリア雑貨の色味やテイストを統一するようにしましょう。
特に部屋の印象を左右すると言っても過言ではないカーテンやラグ選びには統一感を持たせるようにしてください。

まとめ

今回は、1LDKの部屋のレイアウトなどについてご紹介してきました。
1LDKと言っても、工夫次第でお部屋を広く見せるレイアウトや生活しやすいレイアウトにすることも可能です。
インテリアの統一感などにこだわりながら、二人で空間を作っていってみてください。