照明でこだわりのあるワンルームに!照明の選び方&インテリア実例

照明

引っ越しをしたばかり、もしくは模様替えをしようと考えている方で照明をどんなものにしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
照明は部屋を明るくしてくれたり、おしゃれに見せてくれたりと、インテリアではとても需要な位置付けにあります。
照明を置くだけでも部屋のおしゃれ度がアップするため、自分のイメージに合った素敵な照明を選びたいところです。
今回は、ワンルームにおすすめの照明の選び方やインテリアの実例についてご紹介していきます。
照明にもこだわりたい方はぜひ参考にしてみてください。

ワンルームならメインと補助照明を使い分けよう

照明

照明には「メイン照明」と「補助照明」の2種類に分けられます。
まずはそれぞれの特徴や使い分けについてご紹介しましょう。

・メイン照明
メイン照明には、天井から吊り下げるタイプの「ペンダントライト」と高い位置に設置して部屋全体を照らす「シーリングライト(ダウンライトも含む)」の2つのタイプで分けられます。

この2つを上手に使いこなすにはテクニックが存在しますが、それらを覚えるのはとても大変です。
そのため、おしゃれなカフェやお店を参考にすると簡単にイメージが掴めます。

シーリングライトには、空間に陰影を生み出すスポットライトタイプと、部屋全体を明るくしてくれる円盤形タイプが存在します。
ペンダントライトは、インテリア性が高いので部屋のアクセントにもなります。
おしゃれなカフェのような空間にしたいのであれば、ぜひ取り入れてみてください。

・補助照明
補助照明とは、一部分を照らすことで部屋をワンランク上のおしゃれ空間に演出できたり、リラックスできる雰囲気を生み出したりする効果が期待できます。

使い方や使う場所によって、間接照明やフットライト、スタンドライト、テーブルライトなどと呼ばれています。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

ワンルーム向け補助照明の選び方

照明

照明の種類について知ったところで、ワンルームにはどのような補助照明を設置すれば良いでしょうか?

部屋の雰囲気や用途からタイプを選ぶ

自分が部屋に求めるイメージや使い方から照明のタイプを選んでみましょう。

・スタンドタイプ
デザインやサイズなど、色々な種類から選べるのはスタンドタイプの照明です。
床に置いて使うので、移動もしやすく置く場所選びません。
自分のイメージするインテリアの雰囲気に合わせて選べるところもおすすめです。

スリムな形をしていますが、台座は15cm~20cmほどの幅があるので置き場所を考えてから選びましょう。

・スポットタイプ
サイズは小さめで、壁に取り付けたりテーブルや棚に置いたりして使うことができるタイプです。
お気に入りのインテリアや観葉植物などを照らしたい時に使うと良いでしょう。
ピンポイントに1つの場所を照らすので、周囲は暗くなるのが特徴です。
スポットタイプを1つ置くだけでは明るさという面では劣ってしまいますが、何個か設置して様々な方向を照らすように置くと、部屋を明るい印象にすることもできます。

機能にこだわって選ぶ

照明には様々な機能があるタイプも存在します。
便利な機能に合わせて照明を選んでみるのもおすすめです。

・調光機能搭載
調光機能搭載の照明は電球色や昼白灯など、光の色や明るさをリモコンで変更できます。

無段階で調節できるものや、調節できる光のバリエーションが多いものもあるのでシーンに合わせて照明を変えることが可能です。
設定した調光を記憶してくれるタイプであれば、消してもまた同じ光で点灯してくれるので最調光の必要もなく使い勝手も良いです。

・タッチ操作のコードレスタイプ
間接照明を選ぶ時は、コードの形状なども注意して選ぶようにしましょう。

おしゃれな間接照明なのに、コードが見えるとおしゃれ度が半減してしまうこともあります。
充電できるタイプのものを選ぶとコードもいらないのでスッキリとした印象になります。
他にも、足元にスイッチがあるものやタッチで操作できるものあるので、機能に合わせて選んでみてください。

配置場所を決めて選ぶ

照明は置く場所に合わせて選ぶのも良いでしょう。
リビングには天井や壁に間接照明の光を当てると部屋が広く見える効果があります。
メイン照明の他にも間接照明を設置すれば、さらなるおしゃれ空間を作り出せるでしょう。
寝室にはリラックス効果もある柔らかい光を取り入れるとリラックス効果を得られます。
暖炉型やキャンドル型などの照明がおすすめです。

ワンルームの照明インテリア事例

照明

ここからは、ワンルームの照明ンテリアの事例についてご紹介していきます。
具体的なインテリア事例を参考にしつつ、自室に取り入れてみてください。

利便性の高い各灯可動式のフロアスタンド

フロアスタンドは、どんなテイストのインテリアにも合わせやすいシンプルなデザインを選んでみましょう。
各灯可動式には光量や光の向き、オンオフなども個別で調整できるものもあるので、天井や壁など色々な場所に光を当てることができます。

デザイン性や個性のある間接照明

間接照明には、一風変わったデザインのものも多く存在します。
例えば、月の形をしたものや花の形をしたものなど、自然や植物をモチーフにしたデザインの間接照明もおすすめです。
光を灯していない時も、インテリアの1つとして存在感があるのも大きな魅力と言えます。

隠す間接照明で空間のおしゃれ度アップ

間接照明の光源である電球を隠すことで、部屋のおしゃれ度もアップします。
インテリアパネルや観葉植物、テレビ台などに裏に置いて、あえて照明を隠すのもテクニックの1つと言えます。

スタンド照明で明るいダイニング

天井にある照明だけでは物足りないなと感じる場合は、ダイニングにスタンド照明を置くことで明るくなります。
選ぶ際には、ワンルーム全体の雰囲気に合わせて溶け込むようなデザインを探してみましょう。

物足りなさも解消し、カフェのような明るくおしゃれな印象になります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

今回は、ワンルームにおすすめの照明やインテリアの実例についてご紹介しました。
照明1つ置くだけでも部屋の印象は大きく変わります。
ワンルームをおしゃれでリラックスできる空間に変えたい人は、照明にこだわって選んでみてはいかがでしょうか?
今回ご紹介した内容を参考に、照明を選んだりテクニックを取り入れたりしてみてください。