アイデア次第でスッキリと収まる!アイランドキッチンの収納術

アイランドキッチン

アイランドキッチンには、作業スペースを広く確保できるだけではなく、家族とのコミュニケーションが取りやすいというメリットもあります。
そのため、アイランドキッチンを取り入れたいと考えるケースは少なくありません。
しかし、収納スペースの少なさが懸念材料として躊躇している人もいます。
そこで今回は、アイランドキッチンのメリット・デメリット、アイランドキッチンの収納アイデアについてご紹介します。

アイランドキッチンのメリット・デメリット

アイランドキッチン

まずは、アイランドキッチンのメリットとデメリットからみていきます。

メリット

アイランドキッチンのメリットは以下の通りです。

・開放的な空間がキッチンに広がる
アイランドキッチンは壁も仕切りもありません。
そのため、キッチンに開放的な空間が広がるというメリットがあります。
視界を遮るものもないため、リビングの窓から見える外の景色を楽しみながら料理を作ることもできます。

・自由なレイアウトを実現できる
アイランドキッチンは、レイアウトの自由度が高いというメリットもあります。
キッチンとダイニングテーブルをくっつけて配置したり、カウンターのように使ったりすることができます。
キッチンには飾り棚を付けることもできるので、それぞれの好みに合うスタイルに仕上げられるのもアイランドキッチンならではのメリットです。

・数人での作業がしやすい
一般的なキッチンだと動線が1本しかないため、数人で作業するのは難しいと感じてしまうことが多いです。
しかしアイランドキッチンであれば、キッチンの周りを一周できるため、動線を確保しやすくなっています。
そのため、友達や家族と一緒に料理をする際にも使いやすいと感じられます。

デメリット

アイランドキッチンのデメリットは以下の通りです。

・臭いがリビングダイニングに広がりやすい
アイランドキッチンはおしゃれなリビングダイニングに仕上げることができますが、臭いが広がりやすい点に注意しなければいけません。
IHクッキングヒーターの場合は、ガスコンロよりも上昇気流が弱いです。
そのため、換気扇を回していたとしても臭いや煙がうまく吸い取れない可能性が高いです。
臭いが気になってしまいます。

・広さがないと作れない
アイランドキッチンにするためには、ある程度の広さが必要です。
壁から離して作らなければいけないため、スペースが必要になります。
つまり、スペースに余裕がない場合はそもそもアイランドキッチンという選択肢が除外されてしまうのです。
スペースに限りがある家にアイランドキッチンを導入すると、リビングスペースが極端に狭くなってしまう可能性が高まります。

・収納スペースが限られる
アイランドキッチンはおしゃれな印象になりますが、収納スペースが限られてしまうというデメリットもあります。
アイランドキッチンは開放的で、リビングからとてもよく見えるので、整理整頓を心掛けなければいけません。
しかし、収納スペースが少ないと限られた場所にしまわなければいけないため、散らかった印象になることが多いです。
つまり、アイランドキッチンにするなら収納を工夫しなければいけないのです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

アイランドキッチンの収納アイデア

アイランドキッチン

おしゃれなアイランドキッチンをより素敵な空間にするためには、収納スペースに工夫を凝らす必要があります。
ここでは、アイランドキッチンの収納アイデアにはどのようなものがあるのか見ていきます。

あえて見せる収納にする

1つ目は、あえて見せる収納にするというアイデアです。

アイランドキッチンの背面スペースにある壁を使って収納スペースを作ります。
食器や鍋、調味料などをあえて見えるような配置で収納できるように棚やフックなどを取り付けます。
スキレットのような鉄製の調理器具は壁に吊るすだけでおしゃれなインテリアに早変わりです。
アンティーク調の棚や小物を揃えると、まるでカフェのようなキッチンに仕上がります。
鍋やフライパンなどはどうしてもかさばってしまいますが、メーカーもしくはカラーと統一すれば、壁に掛けずに置きっぱなしにしておいてもごちゃごちゃした印象になりにくくなります。
調理器具のテイストに近い調味料ボトルを並べておくと、より統一感が生まれるため、見せる収納に最適です。

引き出しに鍋や調味料をまとめて収納する

2つ目は、引き出しに鍋や調味料をまとめて収納するというアイデアです。

サイズが大きい引き出しが付いているアイランドキッチンであれば、その中にまとめて収納することができます。
鍋を収納する場合は、立てた状態でしまうのがおすすめです。
フライパンのように厚みが薄いものは、ワイヤーラックを使うと立てた状態でしまえます。
また、ワイヤーラックで区切ることによって、まな板もあわせてしまえるようになります。
鍋やフライパンをしまってもスペースに余裕がある場合は、調味料も同じ引き出しにしまうのがおすすめです。
料理中の使い勝手も良くなります。

調理台の下を有効活用する

3つ目は、調理台の下を有効活用するというアイデアです。

アイランドキッチンは収納スペースが少ないと思われがちです。
しかし、調理台の下に広いスペースがあるタイプを選べば、ゆったりとした収納スペースを確保できます。
引き出しが設置されていれば、スプーンやフォークなどの小物をしまっておけます。
また、リビング側にガラス張りの収納スペースがあるタイプもあります。
そのようなタイプであれば、お気に入りのグラスや食器をしまっておくとおしゃれなインテリアに早変わりです。
ただし、できるだけ生活感を見せないようにしたいなら、ショーケースタイプは避けてください。

まとめ

アイランドキッチンは、開放的な空間がキッチンに広がることから魅力的だと感じる人が多いです。
スペースも広いので、数人での作業することが多い人にも向いています。
しかし、従来型のキッチンより収納スペースが少ないという点がデメリットだと感じてしまう人も少なくありません。
確かにアイランドキッチンは収納スペースが少なめですが、今回紹介した収納アイデアを取り入れることでデメリットだと感じにくくなります。
アイランドキッチンの収納スペースで悩んでいる人は、ぜひ今回紹介した収納アイデアを取り入れてみてください。
収納を工夫することで、使い勝手が良く、よりおしゃれな空間に変身します。