100均で売っているグッズだけでOK!キッチン収納術8選

キッチン収納

キッチンの収納スペースが足りないことで悩む方は多くいます。
「気分転換に新しいお皿が欲しくても置くスペースがないから買えない」、「食品をストックするスペースがなくて困っている」といったように、収納による様々な悩みが出てくるのがキッチンです。
今回は、キッチンスペースはそのままに、100均グッズを活用して収納スペースを広げる技をご紹介していきます。
どんな家のキッチンにも使える収納術を取り上げていくので、ぜひ最後まで自宅のキッチンでも試してみてください。

100均の突っ張り棒でできるキッチン収納術

キッチン収納

100均アイテム活用術として多くのメディアにも取り上げられる突っ張り棒は、収納のお役立ちアイテムとして欠かせない存在です。
便利な突っ張り棒でできる収納術はたくさんあります。
具体的に、どのような収納術があるのかご紹介していきましょう。

棚を増やして収納力アップ

突っ張り棒を使った基本的な収納術となるのが、棚を作ることです。
棚を作りたい場所に突っ張り棒を2~3本ほど等間隔に並べます。
たったこれだけで物が置ける収納スペースが出来上がるのです。
突っ張り棒を取り付ける際は、取り付ける場所の幅より1~2センチ長く伸ばして、壁に押し込むように付けていくのがポイントです。
こうすることで重みに耐えやすく頑丈になります。

デッドスペースを蓋やラップなどの収納に活用

突っ張り棒はあらゆる場所に収納スペースを作れるのが魅力的です。
その点を活かして普段ならば何にも活用できないデッドスペースを、収納できる場所に変えることもできます。
例えばキッチン収納棚の一番下にある大型収納スペースでは鍋を仕舞っている人は多いでしょう。
収納の幅は広く、鍋以外にも色んなものを仕舞えますが、スペース全部をうまく活用しきれていないのがほとんどです。
そこで、収納棚の上部に突っ張り棒による収納スペースを設けるのがおすすめです。
こうすれば収納時や取り出す際に邪魔だと感じる鍋の蓋も難なく仕舞えます。
また、ラップやアルミホイル、キッチンペーパーなどを仕舞う場所として使ってみても良いでしょう。

フックやワイヤーネットを組み合わせて掛け収納

突っ張り棒を使用したアレンジ収納も魅力的です。
取り付けた突っ張り棒にフックやワイヤーネットをかけていくと、これまでとは違った収納ができます。
例えばお玉やフライ返し、キチンはさみ、計量カップといった調理器具は、重ねておくとどうしても収納の幅をとるため棚を圧迫してしまいます。
これらを突っ張り棒とフックで吊り下げてみてください。
便利に取り出せるだけでなく、見せる収納としても申し分ない仕上がりになります。
また、ワイヤーネットにポリ袋や未使用品をまとめて仕舞っておくのも良いでしょう。
突っ張り棒だけで様々な収納ができるため、ぜひアレンジもしながら素敵な収納にしてみてください。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

100均のファイルボックス・収納ケースを使った収納術

キッチン収納

100均で購入できるファイルボックスや収納ケースも、キッチン収納に使えるアイテムです。
ご紹介して収納術を使って、スッキリかつおしゃれなキッチンを目指しましょう。

食器や調理器具を立てて収納

ファイルボックスや収納ケースは置くだけでキッチン整理に活かせるグッズです。
ボックスやケースに入れるキッチンアイテムは、食器や調理器具がおすすめです。
食器を入れると割れてしまうのでは?と考えてしまうかもしれませんが、立てて収納することで取り出しやすくなり、割れる可能性も低いです。
むしろ使いたい皿を探しやすく、より一層便利に感じられるでしょう。
調理器具も同様に使いたいアイテムを探しやすくなって便利に思うため、ぜひトライしてみてください。

食品や調味料などストックをまとめてスッキリ

食品や調味料などのストックもスッキリ仕舞えるのが、クリアボックスや収納ケースの魅力です。
縦に収納できることから必要な時にサッと取り出せて、ストック用の収納として大きく役立ちます。
この時、ストックスペースに合わせてボックスやケースを選ぶのがポイントです。
複数個使用することで、より種類ごとに分けやすく使い勝手の幅も広がります。

冷蔵庫や野菜室の整理整頓に活用

冷蔵庫や野菜室の整理にも100均グッズを活かしましょう。
冷蔵庫にはワイヤーボックスがおすすめです。
ワイヤーで作られているため、その中に収納しているものが何かサッと見分けることができます。
冷蔵庫を長時間開けてしまう問題を避けられるでしょう。
野菜室に関してはどんなボックスでも構いませんが、野菜ごとに分けて収納するのがおすすめです。
ボックスで仕切りを付けるだけでも使いやすく、綺麗に整頓された美しい野菜室にできます。
普段野菜を入れている量や種類をイメージしてボックスを選択してみると、整いやすいでしょう。

キッチン用の掃除用具もまとめられる

ボックスやケースがあれば掃除用具もまとめられ、便利になります。
使うタイミングで揃えたり使う場所ごとにアイテムを分けたりすれば、使いたい掃除用具がパッと取り出せて、これまで以上に清潔なキッチンが保てるでしょう。
ぜひこちらの収納にも100均アイテムを活かしてみてください。

100均のシンク下整理棚や積み重ね棚で収納力アップ

キッチン収納

100均にはキッチンやその他の用途としても使える万能アイテムがあるだけではなく、キッチンで大いに活躍するシンク下の整理棚や積み重ね棚も売られています。
これらは一人暮らしの方にはとても扱いやすいもので、排水管の下が一番広い収納スペースとなる小さなキッチンでは特に便利に感じるでしょう。
鍋を重ねて収納するよりも綺麗な見た目になりますし、棚があることでその他のキッチングッズも多数仕舞えます。
これらを使用しつつも突っ張り棒やクリアボックス、収納ケースも設置すれば、より一層使い勝手が広がります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

今回は100均グッズで収納力アップにつなげる収納術をご紹介してきました。
高額な収納グッズを使用しなくても100均のアイテムだけで十分収納スペースの増設は可能です。
今あるスペースを存分に生かすことが大事になり、それを叶える突っ張り棒、クリアボックス、収納ケース、シンク下整理棚や積み重ね棚は一つでも多く持っておきたいところです。
ぜひ取り上げてきた実例を活かし、収納しやすく便利なキッチンに進化させてみてはいかがでしょうか?