オンライン部屋探しはコチラ!

土地活用の方法は様々!何を比較して選ぶべき?

土地

所有している土地を有効活用できているという人は、いったいどのくらいいるでしょうか?
使われていない土地でアパートやマンションの経営をしたり、駐車場として貸し出したりすることで有効活用している人ももちろんいます。
しかし、更地のままになっていたり、小屋が残された土地を相続してからずっと放置したりしている人も少なくありません。
前者は土地活用がきちんとできている事例になりますが、後者は土地活用ができていないということになります。
そこで今回は、所有している土地を有効活用したいと考えている人向けに、土地活用の方法を比較する時のポイントやおすすめの土地活用転用方法についてご紹介します。

土地活用の方法を比較する時のポイント

土地

土地活用の方法はいろいろありますが、それぞれ異なる特徴を持っています。
まずは、土地活用の方法を比較する時にチェックしたいポイントからご紹介します。

収益性

土地を有効活用するためには、収益性は気にしなければいけません。
収益は、収入から費用を差し引くことで算出できます。
土地活用した場合の収入は家賃収入や駐車場の利用料などとなり、費用には建築費や税金、維持費などが含まれます。
収益性を考える時に利回りを活用することも多いですが、利回りは満室もしくは満車時を想定しているため、空室や満車ではない場合を考慮したシミュレーションが重要なポイントになるでしょう。

税金優遇

不動産は、更地のままにしておくと一番高い税金が課せられます。
更地にアパートやマンションなどの賃貸物件を建て、第三者に貸した場合に節税効果が得られるということは、不動産投資を検討している人であればご存知のはずです。
土地にかかる税金には、相続税や固定資産税、都市計画税、不動産所得税、所得税、贈与税、登録免許税といったものがあります。
この中でも、金額が大きくなりがちな相続税や毎年支払わなければいけない固定資産税と都市計画税の節税は重要なポイントになります。

リスク

土地活用をする際に、将来的にどのような変化が起こるか見越すことも重要なポイントの1つだと考えられています。
アパートローンの場合だと、どのくらいの金利になっているのか、金利はどのタイミングで見直されるのか、変動の幅はどのくらいかといった点について把握しておく必要があります。
また、アパートやマンションを建てるエリアにどのような人が暮らしているか、今後アパートやマンションが増えていく可能性は高いかといった点についても、想定しておかなければいけません。
最悪の状況に陥った場合も視野に入れ、様々なリスクを考慮した不動産投資を行えるようにしましょう。

転用性

転用性は、1度土地活用をスタートしてから、他の活用方法に変更する際にしやすいかどうか示します。
基本的に、賃貸物件を建てた場合の転用性は低いと思っておいた方が良いでしょう。
なぜかというと、借地借家法によってオーナーの一方的な考えで入居者の立ち退きができないからです。
それに対して駐車場は、設備が少なく、契約期間も2年~3年と短めになっているため、転用しやすくなっています。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

おすすめの土地活用

不動産

転用方法はこちら土地活用の方法は色々あります。
続いては、数ある土地活用の方法の中でも特におすすめできる方法をいくつかピックアップしてご紹介します。

アパート経営

アパート経営は、広い土地でも狭い土地でも問題なく活用できる方法です。
賃貸物件のニーズがあるエリアなら、どこでも経営をスタートできます。
しかし、利益を少しでも高めるためには、空室リスクを減らすことが重要なポイントになります。
そのため、ある程度競争力のあるエリアに、入居希望者が魅力的だと感じる物件を建てなければいけません。

戸建て賃貸

戸建て賃貸は、建築にコストがかかってしまいますが、アパートやマンションよりも高い家賃に設定できます。
ファミリーでの入居を検討するケースが多いため、長期的な契約がしやすいのは戸建て賃貸ならではのメリットです。
しかしアパートやマンションのように多くの入居者を対象にしているわけではないため、空室期間が長くなったり、空室リスクを分散できなかったりといったデメリットを感じてしまう場合も考えられます。

オフィス賃貸

土地活用の1つにオフィス賃貸という方法もあります。
居住用の物件よりも高い家賃を設定でき、居住用の物件を建てることができない土地にも立てられる可能性があるのはオフィス賃貸のメリットだと言えるでしょう。
しかし、空室リスクによって受けるダメージが大きいことや特定の税金で節税効果が低くなってしまうことはデメリットになります。

介護施設経営

介護施設を経営するという方法もあります。
介護施設として土地活用をすると、補助金や税制優遇を受けられる場合があったり、需要が高いため空室リスクも少なかったりといったメリットを感じられるでしょう。
しかし、ある程度広い土地がないとできませんし、介護士不足によって経営の継続が難しくなってしまう可能性も視野に入れておく必要があります。

迷ったら土地活用比較サイトを活用しよう

サイト

所有しているけど使用していない土地を活用したいと考えている人の中には、どの方法が良いか迷っている人もいるでしょう。
最後に、迷った時におすすめの土地活用比較サイトについてご紹介します。

土地活用比較サイトとは?

土地活用比較サイトは、アパート経営やマンション経営、駐車場経営などの土地活用方法についてまとめているサイトです。
プランに関する資料を一括請求することも可能なので、どの方法が良いか比較する際に便利です。
土地に関する情報は1度入力するといくつかの企業に相談できるようになっているので、効率よく土地活用に関する相談をしたいと思っている人にこそ、利用していただきたいサイトだと言えます。

利用するメリット

土地活用比較サイトを利用するメリットには、いくつかのプランを比較できる、無料で土地活用に関する資料を取り寄せられる、効率よく土地活用に関する相談ができるといったものがあげられます。
持て余している土地があるにも関わらず、放置しているのであれば土地活用比較サイトで有効活用できる方法がないか調べるだけでも問題ないので、気軽に利用できるというメリットもあります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

所有している土地を更地のままにしていると、それだけで大きな税金がかかってきます。
少しでも負担を減らしたいのであれば、土地活用を視野に入れた方が良いでしょう。
どのような方法が良いのか迷っている場合は、今回紹介した方法をぜひ参考にしてみてください。
また、土地活用比較サイトを使い、どのような方法が最も効率的なのか調べてみるのもおすすめです。