資産運用を考えたい!不動産投資と外貨預金を比較

世の中には様々な投資手法があります。特に近年は、インターネットが発展したおかげで以前に比べると投資商品は爆発的に増えました。

しかし今も昔も、投資といえば不動産投資を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は不動産投資と代表的な投資商品の1つである外貨預金について比較していきます。

不動産投資と外貨預金の違い

不動産投資と外貨預金には様々な違いがあります。この章では不動産投資と外貨預金の主な違いについて3つの観点から説明します。

必要資金の観点

不動産投資を行う場合、一般的には100万円単位の大きな資金が必要になります。

一方、外貨預金の場合、通貨によっては数百円単位で購入することが可能です。

少額資金から投資することができるという事は外貨預金の大きなメリットではありますが、少ない資金で投資をすると当然ながらリターンも少なくなります。

流動性・換金性リスクの観点

不動産投資の場合、現金化したいと思っても、不動産の売り手が見つからなければ現金化することはできません。

一方、外貨預金の場合、マーケットがよほど荒れていなければいつでも売却することが可能です。

価格変動リスク

価格変動リスクについては、不動産の物件によっても異なりますが、よほど変な物件を買わない限り不動産の価格は比較的安定しているといって良いでしょう。

一方、外貨預金の場合米ドルやユーロなど主要通貨の値動きは比較的安定していますが、新興国通貨であるブラジルレアルやトルコリラなどの通貨は非常に値動きが激しいです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

不動産投資のメリット

不動産投資には様々なメリットがありますが、不動産投資の主なメリットについて3つ紹介します。

安定したインカムゲイン

不動産投資の大きな魅力の1つに家賃収入があります。家賃収入は、不動産を貸している間毎月安定的に入ってくるものです。

先行きが見えない現代社会の中で安定的に毎月収入が入ってくる事は不動産投資の大きなメリットといえるでしょう。

売却時のキャピタルゲイン

キャピタルゲインも不動産投資の大きなメリットといえるでしょう。

購入した不動産の価格が、うまく上昇してくれれば、大きな売却益を得ることができます。

不動産投資で得ることのできるキャピタルゲインは、一般的に大きくなる傾向にありますので非常に大きな魅力といえるでしょう。

レバレッジを活用した不動産投資

先ほども少し触れましたが、不動産投資は、手元資金が少なくても行うことができます。

銀行のアパートローンを利用すれば、手元資金を費やすことなく不動産投資を行うことができるのです。

持ち出しが少なく大きな投資をすることができる事は不動産投資の大きな魅力ですね。

外貨預金のメリット

外貨預金にも様々なメリットがありますが、外貨預金の主なメリットについて2つ紹介します。

少額・分散投資が可能

外貨預金は、少額から投資することができるので様々な通貨に簡単に分散投資することができます。

外貨預金は、通貨によって全く違う値動きをしますので外貨預金の中だけで分散投資をしても非常に高い効果を得ることが可能です。

換金性が高い

外貨預金は、マーケットがよほど大きく動いていない限り、いつでも換金することができます。

しかも株式や投資信託と違って即時円預金に入金になるので非常に換金性が高い投資商品ということができるでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

不動産投資と外貨預金を比較し、それぞれのメリットについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。リスク面や、お金の動かしやすさに違いがある両者ですが、場面によって使い分けをするのもよいでしょう。資産運用方法として、それぞれの性質を活かし用いてみてはいかがでしょうか。