レインズとは?個人でも閲覧することはできる?

レインズ

不動産を売却しようと考え、情報収集している中でレインズという言葉を耳にすることがあります。
レインズは不動産に関する様々な情報が載っているサイトです。
しかし、いったいどのようなサイトなのか、個人でも閲覧はできるのかなど、分からない部分が多いという人も少なくありません。
今回は、そんなレインズについて解説していきます。
どのようなサイトなのか、どのような情報が手に入るのか知りたいと思っている人は、ぜひ目を通してみてください。

レインズとは?

レインズ

はじめに、レインズとはどのような役割を持つサイトなのかみていきましょう。

レインズの概要

レインズは、不動産取引を行う際に使われているシステムです。
不動産会社と結ぶ媒介契約をより効率的に行うために開発されました。
正式な名前は、不動産流通標準情報システム(Real Estate Information Network System)です。
英語名の頭文字をとって、REINS(レインズ)と呼ばれています。
国土交通省が定めている4つのエリアにおける不動産に関する様々な情報が集約されています。
細かく設定して検索できるので、それぞれのニーズに応えられるような情報を手に入れることが可能となるでしょう。
そのため、このサイトを活用して物件探しをすることが多いです。

対象となるのは不動産会社

レインズは、不動産会社向けに開発されたシステムです。
つまり、不動産会社以外の個人が閲覧することは基本的にはできません。
個人情報もたくさんつまっていることから、会員登録を済ませた不動産会社のみ閲覧できるようになっていて、気軽にアクセスできないようになっています。
ただし、必ずしも不動産会社だけが閲覧できるというわけではありません。
売却に関する情報は、少しでも広い範囲に開示しておくと買い手が見つかりやすくなります。
売り手はレインズを使った販売活動を行った方のメリットが大きくなると言えるでしょう。
そのため、売り手が不利にならないように情報の一部を閲覧することが可能となっています。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

レインズ・マーケット・インフォメーションなら個人での閲覧も可能

レインズ

レインズは、基本的に不動産会社だけが閲覧できるようになっているので、誰でも簡単にチェックできるわけではありません。
しかし、レインズ・マーケット・インフォメーションであれば個人の閲覧や利用ができます。
では、その詳細についてご紹介します。

レインズ・マーケット・インフォメーションとは?

レインズ・マーケット・インフォメーションは、指定されている流通機構が持つ不動産の価格などが掲載されています。
レインズの場合は不動産会社だけが利用できる可能となっているのです。
しかしこちらの場合は、個人でも閲覧もできます。
どうしてかというと、一般消費者が不動産の相場を正しく把握することも大切だと考えられるからです。
そうすることで、安心して不動産取引ができるようになることから、個人でも情報を閲覧できるようにするメリットは大きいという観点から開発されました。

レインズ・マーケット・インフォメーションの活用方法

沿線、最寄り駅、駅からの距離、単価、間取り、築年数などの条件を決めて検索できるようになっています。
選択したエリアにおける直近1年間の取引に関する情報がグラフで表示されるので、どのくらいが相場なのか把握しやすいのもレインズ・マーケット・インフォメーションの特徴です。
所在や番地など細かい部分まで設定することはできませんが、大まかなエリアは分かります。
そのため、物件のあるエリアではどのくらいが相場なのか把握することはできるでしょう。
使って相場を知っておくと、売却を依頼した不動産会社が提示する売却価格と相場の差を知ることができます。
それによって、より適切な金額で売買できる可能性が高くなるのです。

レインズ・マーケット・インフォメーションを使うメリット

レインズ

最後に、レインズ・マーケット・インフォメーションを使うことで得られるメリットについてみていきましょう。
どのようなメリットがあるのか知っておくことによって、役立つ場面も増えていくと考えられます。

成約情報を知れる

1つ目は、成約情報を知れるという点です。
このサイトでは、レインズが有する取引情報を知れます。
売却予定の物件と近い条件の物件情報を調べてみれば、成約につながっているかどうか確認できます。
個人情報につながるような細かい部分は掲載されていませんが、どのくらいなら売却できそうか知るための指標になるでしょう。
価格は10万円単位を四捨五入して表示され、築年数は実際の年数に2年の幅を持たせて表示されるため、細かい部分まで知ることはできません。
それでも、おおよその金額を算出できれば、売却時の参考になると考えられます。

市場の動向を知れる

2つ目のメリットは、市場の動向を知れるという点です。
実際の成約価格を知ることができるので、市場の動向がどうなっているかリアルタイムで把握できます。
売却のタイミングを決める際にも重宝するでしょう。
中古の不動産物件がいくらで売られているのかをチェックすることでも、なんとなく相場を見積もることはできます。
しかし、売却時の価格と売り出しの価格は必ずしも一致しているわけではありません。
そのため、売却時の価格を知るためのツールを活用した方がより適切な価格で売却できる可能性も高まるのです。

信頼できる情報を入手できる

3つ目は、信頼できる情報を入手できるという点です。
掲載されている内容に関しては、不動産会社が活用しているサイトに載っているものと同じです。
全てではなく一部となってしまいますが、個人でも閲覧できるようにしていることから、情報元は信頼できるでしょう。
レインズには成約価格の関する情報が蓄積され続けているので、レインズ・マーケット・インフォメーションの情報量も増えておくと考えられます。
このような点を踏まえて考えてみると、信頼できる情報を入手できるサイトだと言えるでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

不動産の売却を検討した時に、どのくらいなら売れるのか知りたいと思うものです。
相場を調べる場合、不動産会社のポータルサイトなどを使うこともあります。
しかし、そこに掲載されている価格はあくまでも売り出し価格です。
そのため、売却価格との差があるというケースも珍しくありません。
それでは適切な相場を判断することは難しくなってしまうので、個人でも閲覧可能なレインズ・マーケット・インフォメーションをチェックしてみるのがおすすめです。