在宅勤務で使える都内のサテライトオフィス3選

サテライトオフィス

在宅勤務が推奨されるようになりましたが、その環境づくりに苦戦している方も多いのではないでしょうか。
Web会議をするために家族に気を遣ったり、仕事をしていたらペットに邪魔されてしまったり、といった環境上の問題から、コピー機がないから印刷できない、そもそもネット環境が不安定、といった設備の問題もあります。
それらの問題を解決するのが、サテライトオフィス。
近年ではノマドワーカーなど自由な働き方を選ぶ人が増えてきたので、在宅勤務にも活用できるサテライトオフィスが増えてきています。
今回は、在宅勤務にも便利なサテライトオフィスをご紹介しましょう。

サテライトオフィスとして使えるシェアオフィス

サテライトオフィス

サテライトオフィスとは、社員にとって本社よりも自宅から通いやすい拠点のことを言います。
もちろん、テレワークや在宅勤務とも相性ばっちり。そのため、本社と同等の設備を有することが求められます。
ただ、企業によっては突然働き方改革や在宅勤務の推奨と言われても、サテライトオフィスを契約するほどの余裕がないということもあります。

そこで注目したいのが、シェアオフィス。
もともとは共通の業種の事業所団体がワンフロアで仕事をすることで、先輩たちの仕事を学ぶという意図があったようです。
近年では業種に関係なく、小規模事業者がオフィスを共同で利用していることが大半です。
シェアオフィスにすることでワンフロアを借りるより設備のコストを抑えることができるため、初期費用を抑えたい小規模事業者に重宝されています。

また、シェアオフィスに拠点を構えることで他業種の人と交流することもできるので、新しいネットワークを築きやすいという利点も。
そうした意味で、シェアオフィスを拠点に起業する人も増えているといいます。
在宅勤務が推奨されているとはいえ、一時的な措置としている企業も多いはず。
設備コストを抑えられるという点でも、企業のサテライトオフィスとしてシェアオフィスは便利なシステムといえるでしょう。
それでは、都内でサテライトオフィスに使えるシェアオフィスをご紹介します。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

都内で使えるサテライトオフィス

サテライトオフィス

Knowledge society(ナレッジソサエティ)

千代田区にシェアオフィスを構えているナレッジソサエティは、日本により多くの起業家が育つように、との思いからシェアオフィス運営をしています。
そのため、起業家にうれしいプランが多く、一時的なサテライトオフィスとして活用もしやすいのが特徴。
セミナールームを1時間100円で借りることができるのは、都内のセミナールームの価格相場で見てもかなり利便性が高いです。
オプションですが有線LANなどのオフィス設備がそろっているのはもちろんのこと、フリードリンクや打合せスペースなどもあるのでちょっとした打合せにも使いやすいですね。

Biz confort(ビズコンフォート)

ビズコンフォートは、全拠点プランを申し込めば都内近郊のビズコンフォートをすべて利用することができる、テレワークにぴったりなコワーキングスペースです。
ネット環境はもちろんのこと、ほぼすべての拠点にフリードリンクやプリンターといった設備が整っています。
都内だけでなく千葉や神奈川にも拠点が増えてきているので、都内から少し離れたところに住む人も利用しやすいですね。
もちろん会議室の予約も可能。場所によってはコンシェルジュが常駐していて、困ったときに対応してくれます。
全拠点プランにするほどオフィスを使わない、予算に余裕がない、という人は、月額2,000円のプランもあります。
月に2回だけ好きな時にオフィス環境を使うことができるプランなので、自分の用途に合わせたプランを選ぶことができますよ。

WEEK(ウィーク)

「自分の好きな曜日に借りられる」というコンセプトのシェアオフィスWEEKは、東京都港区に拠点を置くオシャレなシェアオフィスです。
Wi-Fi環境はもちろんのこと、チームで使いやすいプロジェクターや、仕事を快適にするコーヒーマシンや冷蔵庫、無人コンビニなどが設置された、近代的なオフィス空間。
水道光熱費や清掃費用、プリンターの印刷代は月額費用に含まれ、1か月単位で借りることもできます。

まとめ

都内でおすすめのサテライトオフィスについてご紹介しました。
是非、ご自身の仕事が加速する快適な在宅勤務空間を選んでみてくださいね。