車庫証明はアパートでも必要?車庫証明の取り方は?

書庫

車を購入した場合や転居などで住所を変更した場合、新たな車庫証明が必要となります。
一度取得してしまえば駐車場の変更などがない限り、再手続きの必要はありませんが、アパートなど個人の所有地でない場合も必要になるか疑問に感じる人もいるでしょう。
ここではアパートでも車庫証明が必要かに加えて、車庫証明の取得方法について詳しく解説していきます。
今後、引越しなどで住所変更した人は参考にしてみてください。

そもそも車庫証明とはどんな書類?

車庫証明

そもそも車庫証明とは、どのような書類なのでしょうか?
車庫証明は「自動車保管場所証明書」と呼ばれるもので、持ち家でもアパートでも自動車を所有している限り必要な書類です。
自動車を所有している場合、必ず一定の範囲内で保管することが義務となっているため、購入した後は必要になると覚えておきましょう。
ここでは車庫証明の内容について解説していきます。

車庫証明とは

車庫証明は、自動車の保管場所の確保等に関する法律によって規定されたものです。
自動車を保管する場所があることを証明するもので、自動車の新規登録や名義変更などの移転登録、変更登録の際にも必要となります。
もし、保管場所がないにも関わらず車を所有してしまうと、道路に違法駐車などを行って周りに迷惑をかけてしまうことがあります。
また路上駐車によって安全が保たれない可能性もあるため、車庫証明の取得によって保管場所があることを意味する書類にもなります。

車庫証明が不要な地域もある

車庫証明は、基本的に使用の本拠地から直線距離で2km以内の所に取得しなければなりません。
しかし、車庫証明ができたきっかけは都市部での人口増加に伴う車の普及です。
路上に止められた自動車が増え、これを避けようとして事故に巻き込まれたり、停まっている自動車から飛び出したりしたことがきっかけで法律が定められました。
そのため、住んでいる地域の人口が少ない所では、車庫証明を必要としていない場合もあります。
住んでいる地域の警察署に確認をすると良いでしょう。

アパートでも車庫証明は必要

車庫証明は、住んでいる地域で不要としていない場合、住まいの形態に限らず取得義務があります。
もちろん、アパートであっても車庫証明が必要な地域であれば取得しなければなりません。
アパートの敷地内にある駐車スペースであっても、周辺の駐車場を借りている場合でも取得義務が生じます。
アパートなどの賃貸物件で車庫証明を取得する場合、保管場所使用承諾書をアパートの大家さんや管理会社で発行してもらいます。
地域によっては保管場所使用承諾書が不要の場合もあるので、確認してから用意しましょう

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

車庫証明が発行できる4つの要件

車庫

車庫証明の発行には、4つの要件を満たすのが条件です。
ここでは、4つの要件について説明していきます。

自動車全体を収容できるスペースがある

車庫の条件は、自動車全体がしっかりと収納できるスペースがあるかどうかです。
自動車の大きさに対して、十分な駐車スペースがない場合は、保管場所として認めることはできません。
車庫証明申請書に記載されている自動車のサイズが、保管場所の広さより大きくなってしまう場合が条件を満たしていないため認められないので注意しましょう。

使用の本拠地から直線距離で2km以内である

車庫証明では、住んでいる場所から直線距離で2km以内の所に保管場所を設けることが条件です。
そのため、駐車場を別に借りる場合は距離に注意しましょう。

保管場所として使用できる権原がある

車庫証明が発行できるのは、保管場所として使用できる権原があるかどうかです。
つまり、駐車場を借りてもいないのに車庫証明の時だけ借りて申請するというのはできません。
例えば、友人が借りている駐車場を車庫証明の申請にだけ使用して、日常的に路上駐車をするのはできないということです。
もし、申請が通ったとしてもこの事実が発覚した際には、罰則の対象となる可能性があります。

出入りに支障がなく、道路以外の保管場所である

前の項目でも少し説明したように、路上駐車は違反行為です。
また車庫法でも、道路上を自動車の保管場所にしてはいけないと定められています。
そのため、道路以外の場所で出入りに支障がない所で車庫証明を申請しなければなりません。
きちんとした駐車場でなくても、敷地内や空き地でも所有者から許可された場所であれば記載可能です。

アパートで車庫証明を取得するために必要なもの

マンション

アパートで車庫証明を取得するには、どのような書類が必要でしょうか?

自動車保管場所証明申請書

自動車保管場所証明申請書は、車検証に従って記載する用紙です。
ここには、車名や型式、車体番号や大きさなど自動車の情報と、自動車を使用する人の住所、自動車を置く場所の住所を書きます。

保管場所標章交付申請書

保管場所標章交付申請書は、上記の自動車保管場所証明申請書と同じ内容を書きます。
警察署の窓口で受け取った場合は、複写式になっているので新たに書く必要はありません。

保管場所の配置図および所在図

保管場所の配置図および所在図には、自宅と駐車場について書きます。
アパートの場合、駐車場の番号や位置が決まっているため、駐車場の位置関係や使用している車庫を書く必要があります。
機械式などで高さが制限されている場合は、高さも記入します。

保管場所使用承諾証明書

保管場所使用承諾証明書は、アパートの大家さんや管理会社が書く書類です。
ここには保管場所の契約者と保管場所の使用者があり、貸していることが証明できるものです。
この書類作成に手数料が必要な場合がありますが、駐車場の賃貸契約書のコピーでも代用可能です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

引越しをしたら車庫証明はどうなる?

引っ越し

今後引越して駐車場が変わってしまう場合、車庫証明はどうしたらいいのか悩むことがあると思います。
引越し先から駐車場が直線距離で2㎞以上離れてしまった場合は、新たに取得しなければなりません。
さらに、保管場所移動後おおむね15日以内に申請しなければならなりません。
悪質だと判断されてしまうと違反の対象となってしまうため、転居の際には早めに車庫証明を変更しましょう。

まとめ

車庫証明はアパートでも必要な手続きであり、転居したら早めに手続きを済ませたい書類の1つでしょう。
アパートの場合、駐車場によって手続きの方法が異なるので確認しておくと安心です。