住宅ローンをネット銀行で借りるデメリットはある?リアル銀行との違い

ネット銀行

金利が安い、店舗までいかなくても手続きができるなどメリットも多く注目を集めているネット銀行の住宅ローンですが、その一方でデメリットが気になり、契約には抵抗を感じている人も少なくありません。
そこで今回は、リアル銀行との違いやネット銀行住宅ローンを借りるデメリットを紹介したうえで、メリットやどんな方におすすめなのかを解説していきます。
住宅ローンをネット銀行で借りようか迷われている方は、ぜひ参考にしてください。

ネット銀行はリアル銀行とどう違う?

ネット銀行

店舗のないネット銀行と、実際に店舗を構えているリアル銀行の違いについて、見ていきましょう。

店舗がない

ネット銀行は、口座の開設から振り込み、その他の手続きや取引をスマホやパソコンで行えるため、これまでの銀行のように店舗を持たずに営業しています。
店舗がないため、専用のATMや窓口もないのが特徴です。

口座に現金を入金したり出金したりする際には、提携している他の銀行のATMを利用して行います。
大手コンビニや大手スーパーのネット銀行では、店舗にATMがあることもありますが、窓口まではないことがほとんどです。

手続き

ネット銀行では、通常窓口で行う手続きをネット上で行います。
書類などが必要な手続きは郵送して行うため、銀行窓口や市役所の営業時間を気にする必要がありません。
特に銀行の窓口の営業時間は9時~15時のため、日中は仕事をしており時間内に行くのが難しい方にとって、自宅にいながら手続きのできるネット銀行はメリットも大きいです。

ただし、通常窓口で行う業務をネット上や書類を郵送して行うことができるだけなので、手続きの流れ自体に大きな違いはありません。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

住宅ローンをネット銀行で借りるデメリット

ネット銀行

近年注目を集めているネット銀行の住宅ローンですが、デメリットも存在します。
ここでは、ネット銀行で住宅ローンを借りるデメリットについてご紹介します。

審査が厳しい

ネット銀行は、リアル銀行のように担当者と直接話をし、それぞれの事情を考慮したうえで審査するということがなく、ルールに沿って一律に行っている可能性が高いです。
そのため、厳しいと感じる人もいるかもしれませんが、あくまでルールにのっとって審査しているだけなので、ネット銀行の定めた基準に合格していれば、問題なく借りられます。
ただし、その基準がリアル銀行に比べて高く設定されていることもあるので、年収によってはネット銀行では審査に通らなかったというケースもあります。

事務手数料が高め

ネット銀行では保証料が無料になっていることも多いのですが、一方で事務手数料が高めに設定されているケースもあります。
トータルで見るとリアル銀行とそこまで変わりないこともあるので、借入する際は諸費用の金額についても、申し込み前に確認しておくことが大切です。

窓口相談できない

ネット銀行は窓口がないため、相談しにくいと感じている人も少なくありません。
実際、わからないことがあっても誰に聞けば良いのかわからず相談できなかったという声も耳にします。
しかし、ネット銀行は窓口がない代わりに電話のサポートセンターを設置しています。
リアル銀行の窓口に比べて営業時間も長く、相談や必要な部署への取次も行ってくれるので、お困りの際はサポートセンターに電話してみましょう。

ネット銀行で借りるメリットもある!

ネット銀行

リアル銀行とは違うデメリットもありますが、もちろんネット銀行ならではのメリットも存在します。
ここでは、ネット銀行で住宅ローンを借りるメリットについてご紹介します。

低金利

ネット銀行はリアル銀行に比べて金利が低い傾向にあります。
リアル銀行では、利便性向上のため立地の良いところに店舗を構えているうえに、店舗ごとにそれなりの人数が必要となるため高い人件費もかかります。
一方ネット銀行は、店舗がないため店舗運営にかかる費用を削減できるうえ、人数も少なくて済むので人件費を抑えることが可能です。
こうして費用を抑えることで、低金利でサービスを提供することができるのです。

手続きが簡単

住宅ローンを契約する際に必要な手続きについて、ネット銀行とリアル銀行に大きな違いはありません。
しかし、リアル銀行では事前審査の申込から融資実行まで少なくても複数回は店舗まで赴き書類を提出する必要があります。
一方ネット銀行では全ての手続きをインターネット上から行います。
店舗まで何度も行く必要がなく、手続きが簡単に済ませられるのもネット銀行ならではのメリットです。

繰り上げ返済の際に手数料が発生しない

ネット銀行では繰り上げ返済の際の手数料を無料に設定しているところも多いです。
リアル銀行では有料であることも多く、中には手数料が2万円~4万円取られることもあります。
他にも、ネット銀行によっては保証料が無料だったり、変動金利から固定金利への変更手数料が無料だったりと、諸費用の面でもメリットが多く、今後さらにサービスが拡大する可能性もあり、ますます便利になることが予想されます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

ネット銀行が適しているのはこんな人

ネット銀行

ネット銀行は、住んでいる場所に関係なくいつでも利用が可能です。
日中は仕事をしており、なかなか銀行の窓口に行く時間が取れないという方でもスマホやパソコンがあれば申込や各種手続きを行えるので、インターネット上で口座の管理をすることに抵抗がない、窓口がなくても問題ないという方には、ネット銀行がおすすめです。

まとめ

ここまで、ネット銀行で住宅ローンを借りるデメリットやリアル銀行との違いについてご紹介しました。
ネット銀行は窓口がないため、サポートに不安を感じる方も少なくありません。
しかし、サポートセンターも設置されていますし、最近ではオンラインで相談できるところもあります。
銀行の窓口より営業時間が長いことがほとんどなので、忙しい方でも気軽に利用できます。
また、必要な書類も多く、複雑な手続きも多い住宅ローン契約ですが、ネット銀行なら店舗まで行かずとも契約できたり、諸費用が安く済んだりとメリットも多いです。
住宅ローンを組む際は、それぞれのメリットとデメリットを勘案したうえで、自身に適した銀行を選ぶことが大切です。