不動産売買でよく聞く「抵当権」とは?特徴を徹底解説!

抵当権

住宅購入において抵当権はよく聞く言葉ですが、具体的に何を指すのか知らない方は多いでしょう。
不動産売買にて欠かせない知識の抵当権はローンを借りるにあたり、覚えておいて損はない知識です。
ここでは抵当権がどういったものなのか説明し、メリットやデメリットも徹底解説していきます。
結果的には抵当権が設定されているローンを利用すべきか、そうでないかまで把握できるようになっているので、ぜひ最後まで目を通してみてください。
融資の際に躊躇しないようしっかりとこの記事を見て準備をしておけるようにしましょう。

抵当権とは?

抵当権

抵当権はよく耳にする言葉ではあるものの、それが何なのか分からない人も多いでしょう。
まずは抵当権について詳しく説明していき、不動産売買におけるその重要性を知っていきましょう。

土地と建物が住宅ローンの担保になっている権利

抵当権とは、土地や建物をローンで購入する際に付帯する権利で、担保として扱われます。
担保はローンの債務者が返済義務を果たさない場合、お金を貸した金融機関側を保証する目的で物品を差し出すことです。
住宅ローンの場合、抵当権で設定された不動産を保証にお金を借りることになります。

ローン返済が不可になると強制競売へ

抵当権が設定された不動産は、住宅ローンが完済するまで担保にかけられます。
しかし、債務者がローンの返済が不可能になってしまうと、担保となった不動産は債権者により強制的に競売にかけられるので注意しましょう。
競売で得た売却金をローンの弁済確保に回されることになります。
銀行ローンは依頼人が信用できるかどうかを見極めて融資を行うため、債務者の素性を見極めることができなかった銀行の責任であるとされがちです。
しかし、実際は債務者側の問題であり、金融機関側が責められるのは間違いです。
抵当権は債権者側の保証となるものだけなく、債務者に返済義務を果たさなければならない責任感や自覚を持たせる意味合いもあると言えます。

「根抵当権」と何が違う?

抵当権に似たものとして根抵当権という言葉を目にすることがあります。
根抵当権とは抵当権とは全く性質が違うものになっており、用途も全く異なります。
不動産を購入する我々にとってもあまり関係がないものなので覚えておく必要はないでしょう。
ただ知りたいという方に説明しておくと、根抵当権は主に会社が利用する制度です。
極度額という金額の限度を定め、その範囲内での貸し借りが可能になる抵当権になっています。
これは年中お金の貸し借りを行う会社が、取引の度に抵当権を設定・抹消したりする面倒を省くために設定しています。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

抵当権を利用するメリット・デメリット

抵当権

抵当権の設定で面倒がかかるなら、なるべく省きたいと思ってしまうことでしょう。
ただデメリットだらけに見えてしまう抵当権にはメリットもしっかりとあります。
続いては抵当権のメリット・デメリットを見ていきます。
抵当権の本当の価値を知っておきましょう。

抵当権を利用するメリット

抵当権は実は債務者にメリットが多いものとなっています。
本当かどうか疑わしいと感じている方もいると思いますが、これからご紹介していく内容を見てみれば、その疑いも晴れることでしょう。

無担保よりも高額融資を低金利で受けやすくなる

不動産ローンには抵当権を設定する有担保ローンと抵当権の設定を行わない無担保ローンがあります。
無担保ローンというのは名前からも分かる通り担保がないわけですから、債務者がお金を返済できない場合でも不動産が勝手に売却されることはありません。
しかし、無担保ローンは金利設定が高いのが特徴です。
金利が高くても不動産の差押えがないならば万一の場合安心できそうですが、もし支払いが滞ると元金遅延利息によってさらに多くのお金が必要になります。
さらに、法的措置を取られて、かなり大事の問題を抱えることになってしまうのです。
そんな不安も有担保ならば安心です。
低金利で借りられれば希望する金額まで融資を可能にする高額融資、さらに返済に苦しむ場合には競売して法的措置を免れるなど、メリットばかりであります。

ローンを完済すれば抹消することも可能

物件を売却するためには、登記簿に設定されている抵当権を抹消する必要があります。
この抹消手続きはローンを完済していれば行えるようになり、加えて新たにローンを組めるようにもなります。
ローン完済後金融機関から抵当権抹消に関する書類が届くので、その書類を法務局まで持参し手続きを行っていきましょう。

抵当権を利用するデメリット

それでは抵当権を設定するローンのデメリットの説明に移りましょう。
多くのメリットが挙げられた中で、はたしてどのようなデメリットがあるのでしょうか?

さらに融資を受けたい場合に申請が必要

抵当権というのは決められた一つの融資に対して設定できるものになっています。
そのため、新たに融資を受ける場合には金融機関に申し出て審査を受けるといったように、面倒が増えてしまいます。
抵当権の設定や抹消はどちらも費用がかかります。
数回ローンを組みたいという場合には、その回数分の手間と費用がかかることデメリットを覚えておかなくてはなりません。
しかしながら高額融資が受けられるため何度も融資を受けることもないでしょう。
デメリットと言われる部分が抵当権設定の有担保ローンそのものでほとんどカバーできるので、実質デメリットがほぼないと言えます。

まとめ

無担保ローンは抵当権の設定がない故に借入時の面倒が少なく、物件を手放す際も任意売却で簡単ではあります。
しかし、無担保ローンによってローン返済の滞りが起きてしまった実態を見ると恐ろしいことばかりです。
法的手続きを受けることになれば今後投資家として歩み続けることも難しいでしょう。
それとは異なり抵当権を設定する有担保ローンになれば万一返済が不可能な場合も不動産の強制売買にはなりますが、再度立ち直ることが可能です。
また、高額融資や低金利など、不動産運用においてメリットばかりとなっています。
デメリットも抵当権そのもののメリットがカバーするようなものとなっているので、ぜひ有担保の融資を受けることをおすすめします。