ウォークインクローゼットはほこりが溜まりやすい!溜めないための対策方法

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは、おしゃれに洋服や小物を収納できるので非常に便利です。
しかし、扉が付いていないため、ほこりが溜まりやすいという欠点もあります。
ウォークインクローゼットにほこりを溜めないためには、どうしたら良いのでしょうか?
今回の記事では、ウォークインクローゼットのほこり対策方法を詳しくご紹介していきます。
ウォークインクローゼットのほこり対策について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ウォークインクローゼットに溜まるほこりの原因

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットに溜まるほこりの原因は、主に衣類の繊維です。
衣類や寝具を多く収納することで、摩擦によって繊維が溜まりやすくなってしまいます。

また、一般的なクローゼットには扉が付いていますが、ウォークインクローゼットには扉が付いていません。
そのため、一般的なクローゼットよりもほこりが付着しやすくなっています。
ウォークインクローゼットにほこりを溜めないためには、ほこり対策が必要です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

ウォークインクローゼットのほこり対策

ウォークインクローゼット

ここからは具体的な対策方法を6つご紹介していきます。
ウォークインクローゼットのほこりでお悩みの方は、以下の対策方法を取り入れてみてください。

こまめに掃除をする

1つ目の対策方法は、こまめな掃除です。
ほこりは上から下へ舞うので、ウォークインクローゼットの上の棚から掃除を行いましょう。

パイプハンガーや棚の上のほこりを、ハンディモップで落とします。
次に、ワイパーで床を乾拭きし、掃除機をかけます。
掃除機をかけ終わったら、仕上げにワイパーで床を水拭きしましょう。
最後に、部屋の換気をして掃除は完了です。
窓が付いていない部屋の場合は、掃除後に除湿剤を置きましょう。
窓が付いている部屋の場合は、掃除後に窓を開けて換気をしてください。
衣替え用の収納ケースも開けて、湿気がこもらないように換気することをおすすめします。

定期的に空気の入れ替えを行う

2つ目の対策方法は、定期的な空気の入れ替えです。
ウォークインクローゼットを換気しないままだと、空気中のわずかな汚れやほこりが溜まってしまいます。
そのため、定期的に空気を入れ替えましょう。
また、空気清浄機を活用して空気をきれいにするのも1つの手です。
ほこりセンサー・フィルター・湿度調整・除菌機能付きの空気清浄機がおすすめです。
ダニやカビの予防をしながら、ほこり対策ができます。

糸くずを取り除いてから収納

3つ目の対策方法は、糸くずを取り除いてからの収納です。
糸くずが付着したままウォークインクローゼットに衣類を収納すると、ほこりが溜まる原因となってしまいます。
そのため、衣類を収納する前に粘着式クリーナー(コロコロクリーナー)やブラッシングで糸くずを取り除きましょう。
そうすることで、衣類の繊維によるほこりが溜まりにくくなります。
しかし、カーペットクリーナーを衣類に使用する場合は、衣類の素材に注意が必要です。
カシミヤやシルクなどのデリケートな素材には、粘着式クリーナーの使用は避けましょう。

浮かせる収納で衣類と床を離す

4つ目の対策方法は、浮かせる収納をすることです。
浮かせる収納で「衣類と床を離す」ことで、ほこりが溜まりにくく、掃除がしやすくなります。
ハンガーでかけられるものはすべてかけて、浮かせて収納をしましょう。

ハンガーにかけられない衣類や小物は、吊り下げラックを活用するのがおすすめです。
この方法なら床に置いたものをいちいちどかさずに、効率良く掃除ができます。

収納ボックスを置き過ぎない

5つ目の対策方法は、収納ボックスを置き過ぎないことです。
収納ボックスは、ウォークインクローゼットのデッドスペースを有効活用できる便利なアイテムです。
しかし、収納ボックスを置き過ぎてしまうと、掃除をしにくくなってしまいます。
必要以上に収納ボックスを置き過ぎないように、注意が必要です。
収納力をアップさせたいのであれば、連結フック付きハンガーやブランコハンガーを使うのも1つの方法です。

ポールハンガーに引っ掛けることで、収納力が倍になります。
もし収納ボックスを使いたい場合には、キャスター付きのものを選ぶのがおすすめです。
キャスター付きの収納ボックスなら、掃除の際に収納ボックスを移動させられるので、掃除の手間になりません。

衣類カバーを活用する

6つ目の対策方法は、衣類カバーの活用です。
衣類カバーを使うことで、ハンガーにかけた衣類にほこりが付かなくなります。
また、湿気や虫食いからも衣類を守ってくれます。
そんな衣類カバーには、様々なタイプがあるため、用途に応じた衣類カバーを選ぶことが大切です。

【素材】

・透明の衣類カバー
透明カバーの衣類カバーなら、使い勝手はそのままにほこり対策が可能です。
色が付いていたり、デザインされていたりする衣類カバーだと、中に何をしまったか分からなくなってしまいます。
しかし、透明カバーなら視認性が悪くなりません。

・和紙製の衣類カバー
和紙製の衣類カバーは、通気性に優れていて静電気が発生しにくいです。
そのため、カバーにもほこりが付きにくいです。
カビとほこりから衣類を守ってくれます。

【収納力】

・1枚ずつ収納する衣類カバー
1枚の衣類につき1枚の衣類カバーをかけるタイプは、衣類の出し入れがしやすいのが特徴です。
また、洋服同士が擦れて摩擦が起こる心配がなく、衣類が傷みにくいです。
礼服やスーツなどには、1枚ずつ収納するタイプの衣類カバーが向いています。

・まとめて収納できる衣類カバー
1枚の衣類につき1枚の衣類カバーをかけるのが一般的ですが、まとめて衣類を収納できるものもあります。
1枚のカバーで2~3枚の衣類をまとめられるカバーなら、ウォークインクローゼットの見た目をすっきりさせることができます。

衣類カバーを選ぶ時は、視認性が良く出し入れしやすいものを選びましょう。
何が入っているか分からないと使いづらくなりますし、出し入れしにくいものだと、煩わしくなってしまいます。
しまう衣類によって、ショートタイプとロングタイプを使い分けることで、出し入れがしやすくなります。
前開きのものと上からかぶせて使用するカバーがあるので、使い勝手に合わせて選んでみてください。
また、防虫剤用のポケットが付いているものやファスナーがきちんと上まで上がる仕様のものも、おすすめです。
注意点として、クリーニングに出して付いてきた衣類のカバーを使用するのは避けましょう。
なぜなら、ものによってはカビや湿気の原因となってしまうからです。
きちんと専用の衣類カバーを購入して使うようにしてください。

まとめ

ウォークインクローゼットにほこりが溜まる原因は、衣類の繊維によるものです。
たくさん服を収納することで、摩擦による繊維くずが発生しやすくなり、ほこりも溜まってしまいます。
ほこりを溜めないためには、こまめな掃除・定期的な空気の入れ替え・糸くずを取り除いてからの収納が効果的です。
また、浮かせる収納をして収納ボックスを置き過ぎず、衣類カバーを活用するのもおすすめです。
様々な対策方法を組み合わせることで、ほこりが溜まりにくく掃除しやすいウォークインクローゼットになるでしょう。