【ベランダ菜園】家庭菜園を始めよう。ベランダで育つおすすめの野菜を紹介!

「ベランダで家庭菜園をやってみたい」
そう思ったことはないでしょうか。

この記事では、

  • ベランダ菜園を始めるために用意するもの
  • ベランダ菜園に必要な日当たり
  • 季節ごとのおすすめ野菜

このようなテーマについて、ご紹介します。

「ベランダ菜園をやってみたいけど、始め方がいまいちわからない」
そんな悩みをお持ちの方には、役立つ内容だと思います。
ぜひ参考にしてくださいね。

家庭菜園をベランダで始めるために必要なもの

ベランダで家庭菜園を始めたい時には、何を用意すれば良いのでしょうか。
最初に用意しておきたいものは以下の通りです。

  • プランター
  • 培養土
  • 移植ゴテ
  • ジョウロ
  • 手袋
  • ハサミ

この中では、土がもっとも重要です。
なぜなら、良い土の中では多くの微生物が活動し、野菜が元気に育つのを手伝ってくれるからです。

とはいっても「植物にとって良い土ってどんなもの?」と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。
確かに家庭菜園をこれから始める人が、配合して土を作るというのはハードルが高いですよね。

そこでオススメしたいのが「培養土」です。
培養土とは、野菜が元気に育つためにバランスよくブレンドされた土のこと。
培養土を使えば、初めての人でも安心してベランダ菜園を始めることができます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

日当たりについて

ベランダ菜園で植物を元気に育てるには、
どのくらいの時間
どの方角から
日差しを当ててあげるのが良いのでしょうか。

結論から言うと、午前中から日中にかけてなるべく長く日光が当たると、植物は元気に育ちます。なぜなら、多くの植物は午前中に特に活発に光合成をするからです。
つまりベランダ菜園を始めるなら、東か南向きが理想です。

とはいえ東や南向きにベランダがないと、家庭菜園ができないという訳ではありません。
西や北向きだと日照時間は短いですが、日陰に強い葉物野菜なら十分に元気に育ってくれます。

  • ほうれん草
  • 小松菜
  • 春菊

日照を確保しづらい場合は、上記のような耐陰性のある植物を育ててみることもオススメです。

季節ごとのおすすめ野菜

野菜は、春と秋にタネ播きをします。

  • 春に植える野菜
  • 秋に植える野菜

それぞれのオススメをご紹介します。

春に植えるおすすめ野菜

春は、夏野菜の植え付けピークです。

  • ナス
  • トマト
  • オクラ
  • 枝豆

といった実物野菜の苗やタネを植え付けます。
これらの野菜は特に日光を好むので、日向でなるべくたくさん太陽に当ててあげましょう。

秋に植えるおすすめ野菜

秋は、葉物野菜の植え付け時期です。

  • ほうれん草
  • 小松菜
  • レタス
  • ネギ

などの葉物野菜の種まきをします。
葉物野菜は栽培の難易度が比較的低めなので、ベランダ菜園初心者の方でも安心して挑戦できます。芽が出るまでは乾燥させないように、こまめな水やりをすることを気をつけてあげましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

この記事では、
「ベランダ菜園をやってみたいけど、始め方がいまいちわからない」

このような悩みをお持ちの人に向けて、

  • ベランダ菜園を始めるために必要なもの
  • ベランダ菜園のための日当たり
  • 季節ごとのオススメ野菜

についてご紹介しました。

ぜひ参考にして、ベランダ菜園を楽しんでみてくださいね。