不動産投資を行うメリットとは何?

不動産投資を行いたい人は「どんなメリットがあるの?」とメリットについて知りたい人もいるはずです。その点を紹介してきましょう。

不動産投資のメリットとは

不動産投資の大きなメリットは5つあります。内容は以下の通りです。

収入が安定している

不動産投資は収入を安定して得ることができます。不動産投資は入居者から毎月安定した家賃を得ることができるので、入居者の人数によって毎月自分の収入を計算することができます。収入も仮に家賃を5万円と設定しているなら10人入居者がいるだけで50万円が毎月入ってくる計算となります。働かなくても入ってくる不労所得なので、副業として不動産投資を行っている人も多くいます。

節税効果が得られる

不動産投資は節税効果もあります。不動産購入後は1〜2年は諸費用が発生するので、所得税の控除を受けることができます。不動産の経費はメンテナンス費や設備費用などで毎年数百万円発生するので、その費用は経費として計算できます。また、相続税の負担も軽減することができるなど節税目的として不動産を購入する人も多くいます。

インフレに強い

不動産投資はインフレに強いです。インフレになれば現金の価値が下がってしまうので預貯金でなら毎年価値がインフレ率分だけ下がってしまいます。しかし、不動産投資で資産として所有するのはは物件でであり、物件価格はインフレと連動しているので資産価値を損なわずに資産を守ることができます。

生命保険の代わりになる

不動産投資は生命保険の代わりにもなります。不動産投資をするときにローンを組んで始めると、自分が死んでしまったときに家族にローンの返済を求められます。ただ、不動産を購入するときは団体信用生命保険というのに加入することをすすめられ、これは返済期間中に自分が死んだなら家族はローン返済の免除が受けられる保険です。そのため、家族はローン返済せずに、引き続き不動産と家賃収入を得られることになります。不動産購入者はこの仕組みを利用して生命保険の代わりにしている人もいます。

売却して利益を得られることも

不動産の価格は変動しており、不動産の場所や状態によって価格が上がったり下がったりします。そのため、不動産を売却するときに購入時よりも価格が上がっているなら、売却利益を得ることができます。不動産の価格が上がるのは、自分が購入した不動産の場所に多くの施設は立つことや開発が行われたときです。施設が増えたり開発が行われたりするなら、それだけ場所の価値が高くなり不動産の価値も高くなるからです。不動産の価値が上がりそうな場所を予測して不動産を購入する人も多くいます。

まとめ

不動産投資には様々なメリットがあります。不動産購入を考えているなら、ぜひ検討してみてください。