空き家を売却するなら空き家バンクを活用しよう!

空き家バンク

引っ越しやライフスタイルの変化に伴って、誰も住まなくなってしまった空き家をどう処理したら良いのかと悩んでしまうこともあるでしょう。
空き家をそのまま放置してしまうと、何かしらのトラブルに見舞われてしまうこともあるので出来れば売却しておきたいところです。
地方などにもよりますが、売却したいと考えていてもなかなか買い手が見つからない現状があります。
売却を検討しているのであれば、空き家バンクの利用を検討してみても良いでしょう。
今回は、空き家バンクについてメリットとデメリットを併せてご紹介していきます。

空き家バンクとは

空き家バンク

空き家バンクとは、地方自治体がホームページなどで移住や交流希望者に向けた空き家の物件情報を提供する仕組みです。
地方自治体が直接運営している場合もありますが、委託を受けている会社が運営していることもあります。
ここから、空き家バンクの仕組みと誕生背景・目的について解説していきます。

空き家バンクの仕組み

空き家バンクの仕組みとしては、空き家を売りたい・貸したい人が空き家バンクに登録し、その空き家情報を買いたい・借りたい人に提供しています。
登録してある空き家情報から物件を探して申し込めば購入、または賃貸が可能となります。

空き家バンクの誕生背景と目的

現在、全国的に見ても空き家は年々増加しています。
今後も増え続けてしまうと予測されている空き家は、社会問題の1つにも挙げられているのです。
地方の奥地などにある空き家は、その情報もなく有効利用する以前の問題ともなっていました。
空き家バンクはそういった空き家の情報を、地域の人からホームページや広報誌などを使って収集し提供するために誕生しました。
空き家バンクの制度自体は20年以上前から存在していましたが、最近になってやっと全国的に認知されてきています。
昨今では移住や交流の需要が高まっていることから、空き家を有効利用した古民家カフェやDIYなども人気です。
空き家が有効利用されれば地方の活性化にもつながるため、空き家バンクの利用が推奨されています。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

空き家バンクを活用するメリット

空き家バンク

自治体が主に運営している空き家バンクは、信頼できるものだと感じられますが、そこまで普及していないことから活用できるのかと不安になってしまうこともあるでしょう。
ここからは、空き家バンクを活用するメリットについてご紹介していきます。

少ない費用で売却が可能

空き家は不動産資産の1つでもありますが、売却するためには不動産会社を介すことがほとんどです。
しかし、不動産会社を介して売却するとなると、不動産会社に支払う仲介手数料が大きな負担となります。
空き家バンクでは不動産会社を通さずに、空き家の売買・賃借契約を結ぶため仲介手数料がかからず少ない費用で売却が可能となります。

物件情報の公開で買主が見つかりやすい

不動産会社がないような地域やアクセスの悪い立地である場合、空き家の存在自体知られずに放置されてしまうことも多くありました。
空き家バンクはそういった物件でも登録すればホームページ上で物件情報を公開することができるので、買主も見つかりやすくなります。
あまり立地の悪い物件であっても、地方に移住を検討している人や古民家カフェなどで有効利用したい人にとっては優良物件になるかもしれません。そういった情報が誰にでも届きやすくなることも、空き家バンクのメリットと言えます。

補助金制度を利用できることがある

空き家バンクは地方自治体が提供しているサービスの1つなので、自治体によってしまいますが補助金制度が利用できることもあります。
多くの空き家問題を抱えている自治体であれば、空き家バンクの利用を促進するために物件の改修・リフォームする際の費用を一部補助してくれることがあります。
買い手側はもちろんですが、売り手側にも大きなメリットとなるでしょう。
ただ、補助金制度は各自治体によって内容が異なりますし、条件も異なっています。
空き家バンクの補助金については、あらかじめ自治体に確認しておくことをおすすめします。

空き家バンクを利用する際のデメリット

空き家バンク

空き家バンクは通常よりも少ない費用で売却できるなど、様々なメリットがあるとご紹介してきました。
しかし、空き家バンクを利用する際には気を付けておきたいデメリットも存在しています。
ここからは、空き家バンク利用のデメリットをご紹介していきます。

売却手続きでのトラブルのリスク

空き家バンクは通常の不動産売買と異なり、不動産会社を介さずに直接購入者と交渉・契約が行われます。
専門家を介さないために、売却手続きでのトラブルが生じてしまうことも少なくありません。
トラブルとしては、決めなければならないことがわからずにそのままにしてしまうことや、交渉中のいざこざが挙げられます。
売却手続きでのトラブルは解決が難しいケースもあるので、十分に注意しておきましょう。
トラブルにならないために、自身で専門家や司法書士を雇うことも1つの手段ですが、予想以上に手間や費用がかかってしまうことがあるので注意してください。

空き家案内の手間が生じる

空き家バンクに登録後、購入希望者がいたとしても写真だけで購入を決めることは稀です。
そのため、内覧をして成約まで取り付けるケースがほとんどです。
しかし、不動産会社を介さないので、物件の案内は自身で行わなければなりません。
また、案内する日時などの取り決めも直接希望者と連絡を取り合わなければならないことや、遠方に住んでいる場合には交通費などの負担も大きくなってしまうでしょう。
ただ登録すれば成約してもらえるものではないので、あらかじめ手間がかかってしまうことは認識しておいてください。

空き家バンクのない自治体がある

空き家バンクはこれまで600自治体以上が参加し、成約数も2000件近くまで上っています。
成果は出てきているものの、空き家バンクのない自治体も存在しています。
空き家バンクがなければ、民間の不動産会社などを介さないと購入希望者を募ることは難しいでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

空き家はそのまま放置してしまう人も多いですが、放置していても固定資産税などの維持費はかかりますし、放置によって近隣住民とのトラブルに発展してしまうこともあります。
立地が悪く、不動産会社がない地域の場合であれば、空き家バンクで早めに売却することをおすすめします。
空き家バンクは上手く活用できれば大きなメリットとなりますが、デメリットも忘れずに認識しておくことが大切です。