おしゃれで快適!ダイニングキッチンのレイアウトのポイント

ダイニングキッチン

ダイニングキッチンは、食事をする空間だけでなく料理する場所でもあります。
特にキッチンは比較的目につきやすい場所にあることがほとんどなので、どのようにしたらおしゃれに見えるのかレイアウトに悩んだことのある方も多いでしょう。
ダイニングキッチンはレイアウト次第で、おしゃれで快適な空間になります。
この記事では、そんなダイニングキッチンにするためのレイアウトのポイントをご紹介していきます。
模様替えや引っ越しを検討しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

ダイニングキッチンのレイアウトポイント

ダイニングキッチン

ダイニングキッチンをおしゃれで快適な空間にするためには、レイアウトの基本的なポイントを押さえておく必要があります。
部屋の形や動線、家具・家電の配置、家族の人数や部屋の広さなどから考えていきましょう。

LDKの形からレイアウトを考える

最近では、リビング・ダイニング・キッチンをまとめたLDKの間取りが多くあります。
LDKの形からレイアウトを考えていきましょう。
LDKの形が奥にバルコニーがあるような縦型であれば、直線になるよう奥からリビング・ダイニング・キッチンとなるようにレイアウトします。
リビングは家族が落ち着く空間でもあるので、ダイニングとキッチンの間にあっては人の行き来も多くなり落ち着きません。
ダイニングとリビングが横並びになっているような横型のLDKの場合、どのようなキッチンかでレイアウトを決めてみてください。
カウンターキッチンなどのオープンキッチンであれば対面する場所をダイニングとし、壁に囲まれたクローズキッチンであればキッチンから出入りしやすい場所をダイニングにしましょう。

動線に配慮してレイアウトする

ダイニングキッチンのレイアウトは、動線に配慮して決めることをおすすめします。
キッチンからダイニングテーブルまでの動線、キッチンから食器棚までの動線を短くすることで、家事がしやすくなるだけでなく時短にもつながります。

収納家具と冷蔵庫の位置もよく考える

ダイニングキッチンには、収納家具と冷蔵庫を配置します。
食器類の収納は普段使いするかしないかの物で分けて収納し、普段使いする食器はキッチン内に収納しておくと使いやすいです。

冷蔵庫はそれこそキッチン内に配置される大型家電ですが、キッチンに配置するのであればできるだけダイニングに近いスペースに配置することをおすすめします。
食事に必要なドレッシングや飲み物を出し入れする際に、キッチンの奥にあると不便に感じてしまいやすいので、それぞれの配置には気を付けておきましょう。

テーブルは適切な形・サイズを選ぶ

ダイニングテーブルの適切な形とサイズは、ダイニングの広さと家族の人数によって異なります。ダイニングが広くテーブルを壁付けしない場合には、楕円形のテーブルを選んでみると良いでしょう。
壁付けする場合には長方形、正方形がおすすめです。
丸型のテーブルは意外とスペースが取られやすくなってしまうので、広めのダイニングでないと置きにくいです。
サイズは、2人であれば幅80cm~100cm、4人は幅120cm~150cm、6人は幅180cm~200cmのテーブルを選びましょう。
来客が多いのであれば、伸縮式のテーブルもおすすめです。
奥行きは80cm~100cmが一般的ですが、90cm以上になると距離を感じやすくなります。

家族の人数やLDKの広さ、キッチンタイプなどに配慮して選ぶ

家族の人数やLDKの広さ、キッチンタイプなどに配慮して選ぶこともポイントになります。
特に広さとキッチンタイプは気を付けておきたいポイントです。
LDKがどれくらい広いかによって置くテーブルの配置や大きさが変わります。また、キッチンタイプによってもテーブルの配置や動線が異なります。
何人家族で部屋の広さはどれくらいか、また家事をする際にどのように動くのかを考えながらレイアウトを決めてみてください。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

おしゃれで快適なリビングダイニングにするポイント

ダイニングキッチン

ダイニングはスペースが限られていることが多く、少し狭いと感じてしまうこともあるでしょう。
家具やインテリア次第で、おしゃれで快適に過ごせるリビングダイニングを作れます。
ここからは、押さえておきたいポイントを4つご紹介していきます。

すっきり見える家具で広く見せる

快適に過ごすためには、ある程度広い空間が必要です。
ダイニングにはすっきり見える家具を置くことで、部屋全体を広く見せられます。
テーブルとチェアのサイズ感をコンパクトなものにしたり、抜け感のあるデザインを選んだりするとより広い空間を演出できます。

統一感を意識してインテリアアイテムを選ぶ

統一感を意識したインテリアアイテムを選ぶことも大切です。
テイストを合わせるだけでなく、ベースカラー・メインカラー・アクセントカラーを意識したインテリアアイテムにするとより統一感が演出できます。
グリーンをアクセントカラーにした場合、ダイニングチェアや観葉植物、壁掛け時計など、所々にグリーンを配置すると癒しを感じられる快適空間になります。
爽やかな印象にしたいのであればブルーを、上品なイメージを演出するならパープルをアクセントカラーにしてみてください。

キッチンのインテリアにこだわる

キッチンは目につきやすい場所でもあるので、インテリアにもこだわってみてください。
デザイン性の高い収納棚にするだけでも印象が大きく変わります。
デザイン性の高いインテリアはもちろんですが、キッチンは家事をするスペースでもあるので機能性も重視してより快適なキッチンを目指してみましょう。

ダイニングソファでくつろぎスペースを設ける

ダイニングテーブルとソファを置くには狭いリビングダイニングの場合には、ダイニングにソファを配置してくつろぎスペースを設けてみるのもおすすめです。
ダイニングソファにすることで食事しながらくつろげるスペースになります。
また、少しゆとりのある家具やインテリアを配置できるようにもなるでしょう。

まとめ

ダイニングキッチンは家事をするスペースでもあり、食事を楽しむ空間でもあります。
レイアウトのポイントを押さえておくことで、より快適で過ごしやすいダイニングキッチンになるでしょう。
今ではLDKの間取りが当たり前になっていますが、キッチンスタイルや広さ、間取りによっても見え方が変わってきてしまいます。
おしゃれで快適な空間は、その部屋ごとに異なります。ポイントを意識して過ごしやすいダイニングキッチンを作ってみてください。