家を買うにはお金が必要…年収などはどのくらいあれば良い?

家

人生で一番大きな買い物とも言われているマイホームですが、家を購入するには何からすれば良いのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、家を買うにはどのくらい年収が必要なのか、かかる費用について詳しく解説していきます。
併せて家を買う際の注意点もご紹介しますので、現在家の購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

家を買うには資金計画が必要

家

家を購入したい場合、どのような住宅が良いのかイメージを固めておくことが大切です。
そうすることで、どのような資金計画を立てるべきなのかが明確になるからです。
ここでは、住宅ローンの借入額や頭金など資金計画を立てるうえで重要な項目について解説していきます。

住宅ローンの借り入れはどのくらいか

家を購入するための予算を決定するには、まずは自分の年収ではどのくらい住宅ローンを借りられるのかを知ることが大切です。
そのためには、まず返済負担率を知り、年収と住宅ローンの借入額のバランスを把握します。
返済負担率とは、年収におけるローン返済額(年間)の割合を指し、
返済負担率=ローン返済額(年間)÷年収×100
上記の計算方法で求めることが可能です。
多くの金融機関では年収により上限を定めており、年収400万円以上で35%前後に設定していることが多いです。
しかし、これはあくまで上限であり、無理のない返済負担率は年収の25%以内と言われています。

頭金はいくら用意できるか

頭金はいわゆる自己資金のことで、住宅ローンを借り入れる前に支払います。
理想は支払額の20%と言われており、多ければ多いほどその後の返済は楽になります。

しかし、今は超低金利のため頭金が貯まるまで家賃を支払うよりも、ある程度貯まったところで住宅を購入したほうがお得と言われています。
また、ローンを少しでも減らすために貯金を全て購入資金にあててしまうと、万が一急な出費が出た際に困ることがあります。
そのようなことにならないためにも、生活予備費や子供の進学費用などある程度まとまった金額を手元に残しておくことも大切です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

購入の際にかかる費用とは?

家

家の購入には、建物自体の物件価格の他、様々な費用が掛かります。
ここでは、購入の際に掛かる諸々の費用について詳しく解説していきます。

物件価格

物件価格とは、購入する家本体の価格を言います。
戸建てやマンションなど建物の種類の他、立地や広さなど様々な条件によって金額は変動します。

住宅購入には物件価格の他にも諸々の費用が発生するため、予算=物件価格というわけにはいきません。
他の費用も考慮したうえで物件価格を決める必要があります。

初期費用

家を購入する際に必ず支払う必要のある費用のことで、契約や登記にかかる税金・手数料などがあります。
他にも住宅ローンを組む金融機関への手数料や保証会社への保証料、火災保険の費用など、住宅購入には様々な費用が初期費用として必要です。

購入後の諸費用

家は購入したら終わりではなく、購入後も様々なお金が掛かります。
新しい家への引っ越し費用をはじめ、新しい家具などを購入するにもお金は必要です。
他にも、毎年固定資産税の支払いが必要になりますし、一戸建てであれば約15~20年ほどで外壁や屋根など、家の修繕費がかかるため、準備しておく必要があります。

家を買う際の注意点

家

住宅の購入はそう何度も経験することではないため、全体の流れや気を付けるべきことがわからず、戸惑うことも少なくありません。
そこでここでは、家を買う際に気を付けたい注意点についてご紹介します。

売買契約を結ぶとキャンセルは基本的にできない

購入の検討段階であれば撤回することに何の問題もありません。
しかし、売愛契約を締結してしまうと、キャンセルは原則できません。
契約後に買主側の都合でキャンセルした場合、事前に支払った手付金は違約金として徴収され、返金されないのです。

さらに、契約書に不履行の際の違約金についても記載されているケースもあり、契約の内容によっては手付金の他に別途費用の支払いを求められる場合があります。
契約を結んだ段階で法的な拘束力が発揮されるため、契約後のキャンセルはリスクがあることを覚えておく必要があります。

住宅診断は売買契約前にすべき

購入を検討している物件が中古住宅の場合、契約を結ぶ前に住宅診断をすることをおすすめします。
売主が事前にした結果を提示していることもあるものの、簡易的な検査であることは少なくありません。
診断内容のチェック項目が少ないと感じた場合には、より詳しい住宅診断をすることが可能かどうか、不動産会社に相談してみましょう。

ローン審査に通らないと解約になる可能性がある

住宅を購入する場合、ほとんどの人は住宅ローンを利用します。
しかし、ときには住宅ローンの審査に通らなかったり、希望額から減額されたりすることがあり、審査状況によっては、購入が難しいと判断され解約となることがあります。
このような場合でも手付金は返金されないだけでなく、さらに違約金の支払いが求められたケースもあります。

住宅ローンの審査は家を購入するうえで非常に大切な段階です。
契約を解約されるという事態に陥らないためにも、無理のないプランの申込はもちろん、金融履歴をクリアな状態にしておくことが大切です。
日頃から支払いの滞納や借入には細心の注意を払うことをおすすめします。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

ここまで、家を購入する際に必要な費用や注意点について詳しく解説してきました。
一度契約してしまうとキャンセルすることは非常に大変で、それなりの費用も掛かります。
そのような事態に陥らないためにも、よく考えたうえで契約することが大切です。
また、家の購入と一口にいっても、物件自体の金額の他、火災保険料や諸々の手続き費用など様々な費用が掛かります。
さらに、購入後にも毎年の固定資産税はもちろん、引っ越し費用や家具家電費用など多くの支払いが待っています。
購入後に安心して生活を送るためにも、住宅ローンは無理のない範囲で借りることをおすすめします。
人生で一番大きな買い物と言われるマイホームだからこそ、その後の生活のこともよく考えることが大切です。