二階建ての間取りが特徴的なメゾネットアパート!投資判断のポイントとは?

メゾネット

最近ではメゾネットと言われるアパートが増えており、アパート経営を行う方の中でも注目されています。
しかし、この言葉を耳にしたことがあっても、実際に住んでいなければどんな特徴があるのか分からない方も多いでしょう。
また、投資を行うメリットはどんなものがあるのか知っている方も少ないかもしれません。
今回の記事では、メゾネットアパートの特徴や投資を判断するポイントについてご紹介していきます。
アパート経営に興味がある方や、これから始めようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

2階建て風アパートのメゾネットとは?

メゾネット

住居の中に階段があり、2階以上の階層があるアパートのことをメゾネットと言います。
通常のアパートとの大きな違いは、1部屋の中に内階段があるという点です。
集合住宅にも関わらず、一戸建てのような住環境が実現できているのが人気の理由でしょう。
建物は1階と2階で分かれており、1区画が横に連なる連棟式が多いです。
しかし、敷地の面積が限られている都心では、1階と2階の1区画が上に重なっている形も多く見られます。
アパート経営者からすれば、建築費用が通常のアパートよりも安く抑えられる点が大きな魅力です。

メゾネットで建築する場合の坪単価は、木造ツーバイフォーが70万円、壁式鉄筋コンクリートが85万円になります。
これらの工法は、「プレハブ工法」と言われており、工場で大量生産可能なためコストが抑えられるのです。
同じ土地面積でも、通常のアパートよりも一戸の面積が大きいメゾネットは戸数も限定されます。
そのため、設備などにかかる費用も通常のアパートより抑えることも可能です。
さらに、メゾネットは部屋ごとに玄関があるため、エントランスなどの共用部が必要ないという点も費用を安く抑えられる理由と言えます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

メゾネットアパートの需要がある人

メゾネット

アパート経営を行っていく上で、単身者やファミリーなど、どのような層にメゾネットタイプの人気があるのか知っておくと良いでしょう。
メゾネットアパートの需要がある人については以下の通りです。

単身者

メゾネットアパートは、単身者から人気があります。
部屋の中に階段があり、デザイン性が高いのが人気の理由です。

近年では、お部屋のインテリアにこだわる方が増えています。
中には、螺旋階段や天井が吹き抜けになっているものもあり、開放的でスタイリッシュな空間を感じられます。
そのため、部屋のビジュアルを重視している若年層の方から人気があるようです。

ファミリー世帯

単身者だけではなく、ファミリー層からもメゾネットタイプは人気です。
メゾネットアパートは、上と下の階に他人の部屋がありません。
子どもがいる家族の場合、子どもの泣き声や足音など、周囲の部屋への騒音を気にする必要が無くなります。

集合住宅では、入居者同士の騒音トラブルに頭を悩ます方も少なくありません。
そのため、こういったトラブルが起きないということは経営者にとっても大きな安心材料になります。

メゾネットアパートへの投資判断のポイント

メゾネット

人気のあるメゾネットアパートですが、中には注意しなければいけない点も存在します。
ここからは、投資を判断する際のチェックポイントについてご紹介していきましょう。

メゾネットアパートの需要をチェックする

メゾネットアパートは幅広い層の方ではなく、若年層の単身者やファミリー層など、限られた層の方から人気があります。
そのため、賃貸需要全体で見ると、メゾネットタイプを選択する人は多くありません。
アパート経営を失敗しないためにも、賃貸需要が高い地域の物件を選択することが大切です。
賃貸需要が高い地域とは、住んでいる人が多い場所(都心など)を指すエリアです。
メゾネットを選ぶ人が賃貸需要の面では少ないとしても、賃貸で暮らしている人が多い地域であればメゾネットタイプを選択する人も多いでしょう。

ワンルームメゾネットはデザイン性を見る

ワンルームメゾネットの場合、デザイン性を重視している方から選ばれる傾向があります。
メゾネットタイプの中には壁側に階段の入り口があり、通路のように2階へつながっているというものも存在するのです。
この場合、階段が隠れているのでデザイン性がなくなってしまいます。
階段周囲の吹き抜けを重視している方からすれば、検討対象から外れてしまうでしょう。
メゾネットだから良いわけではなく、実際のデザインを確認してから投資を判断するようにしてください。

ファミリー向け物件は防音性をチェックする

メゾネットタイプの場合、上と下の階がないという点では安心できます。
しかし、見落としてはいけないのは隣の部屋への防音対策です。
壁の防音性は建物によって違いがあるため、騒音を気にしてメゾネットタイプを選択しても隣の部屋へ音が筒抜けということも考えられます。
ファミリー層向けのメゾネットアパートを経営するのであれば、隣の部屋との間にある壁の防音性を重視した方が良いでしょう。

断熱性能をチェックする

メゾネットアパートは1階で暖めた空気が2階に逃げてしまい、暖房の効率が悪くなりやすいというデメリットがあります。
「寒くて住んでいられないから引っ越す」という方が現れないためにも、メゾネットタイプの賃貸経営を行うのであれば、断熱性能に注意するようにしてください。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

メゾネットアパートに強いパートナーを選ぼう

メゾネット

そもそもメゾネットアパートの数が多くないため、他の物件と比較をするのが難しくなります。
そのため、家賃設定や需要を判断するのに苦戦する方もいるかもしれません。
メゾネットアパートを経営するのであれば、様々な賃貸運営のノウハウを持っている不動産会社をパートナーにすることがおすすめです。

比較対象が少ないとしても、地域の特性などを知り尽くしている不動産会社であれば的確なアドバイスをもらえます。

まとめ

今回は、メゾネットアパートの特徴や投資を判断するポイントについてご紹介してきました。
メゾネットタイプのアパートは様々なメリットがあり、単身者やファミリーから人気があります。
需要は多くないとしても、デザイン性や騒音対策を求める方からすればとても魅力的な物件です。
メゾネットアパートへ投資をする場合は賃貸需要が高い地域を選択するなど、しっかりと見極めを行うことが大切です。