オンライン部屋探しはコチラ!

中古マンションルーフバルコニーに注目!なぜ人気を集めているのか?

ルーフバルコニー

中古マンションの中には、ルーフバルコニーというスペースが備わっている物件があります。
ルーフバルコニーは工夫次第で色々なスペースとして活用できるため、人気が高まっています。
ただし、バルコニーやベランダと比べて、ルーフバルコニーという言葉に馴染みのない方も多いでしょう。
そこで今回は中古マンションルーフバルコニーの特徴や魅力、また注意点について解説していきます。

ルーフバルコニーとは?

ルーフバルコニー

ルーフバルコニーは普通のバルコニーやベランダのように、マンションの部屋の外に設けられているスペースです。
そもそもルーフバルコニーとはどんな特徴を持つスペースなのか、またバルコニーやベランダとの違いから見ていきましょう。

ルーフバルコニーの特徴

ルーフバルコニーとは、下階の屋根を活用した室外スペースのことです。
スペースは屋根に覆っていないので開放感があり、またフェンスなどで周りを囲んでいるので最低限の安全も確保されています。
主にマンションの上層階の部屋に設置されています。
ルーフバルコニーは専有部分ではなく、マンションの利用者が公平に利用できる共有部分に当たるのが特徴的です。
ただ外廊下や階段などとは違い、管理規約では専有部分と同様に使うことが可能なので、基本的には入居者専用の室外スペースと捉えても問題ありません。
マンションによっては専有部分に含んでいることもあるので、契約前によく確認してください。
また、普通の部屋よりも使える範囲が広くなるため、毎月の使用料がプラスされるケースが多いです。
使用料は管理費と別途であるケースもあるので、物件情報は見逃さないようにしましょう。

普通のバルコニーやベランダとの違い

普通のバルコニーもルーフバルコニーのように屋根のない室外空間です。
ただ、ルーフバルコニーは下階の屋根を活用しているのに対して、普通のバルコニーは建物が外に張り出すことで室外スペースを確保している点に大きな違いがあります。
また、ルーフバルコニーよりもスペースはやや狭いです。
一方、ベランダはバルコニーと同じく外に張り出し、屋根で上部が覆われた室外スペースになります。
屋根のないルーフバルコニーやバルコニーは上層階に限られますが、ベランダはベランダ部分の屋根を屋外スペースとして各層で設置できるため、マンション全室に完備可能です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

中古マンションにおけるルーフバルコニーの魅力

ルーフバルコニー

中古マンションにも備わっているルーフバルコニーは、広さや日当たりの良さを活かして様々な用途で活用されています。
では、ルーフバルコニーにはどのような魅力があるのかご紹介しましょう。

マンションなのに庭を持った感覚に

ルーフバルコニーは普通のバルコニーよりも広く、また屋根がないのでお庭のような開放感がある空間となっています。
そのため、マンションでも庭を持っているような感覚になります。
共有部分でありながら専有が可能なので、ルーフバルコニーをお庭感覚で自由に使えます。
日当たりが良いスペースなので、大きめのプランターを用意してガーデニングや家庭菜園を楽しむのも良いでしょう。
テーブルと椅子を置いてくつろぎスペースにしたり、子どもやペットの遊び場にしたりする活用方法もあります。

ライフスタイルに合わせた楽しみ方ができる

ルーフバルコニーは他にもライフスタイルに合わせた楽しみ方が可能です。
普段は洗濯物を干すスペースとして活用できます。
また、広いスペースなのでBBQやテントを張ってアウトドア気分を楽しんだり、夜景を楽しみながら料理や晩酌をしたりするのも良いでしょう。
リビングとつなげる形でホームパーティーの会場として活用する方法もあります。晴れた日の夜は望遠鏡を設置すれば、天体観測も楽しめます。
他にも日光を浴びながらのヨガや体操、DIYをするスペース、レジャー用具などを仕舞う収納スペースなどの利用にもピッタリです。

ルーフバルコニーで注意すべきポイント

ルーフバルコニー

色々な活用方法があるルーフバルコニーですが、注意したい点もいくつかあります。中古マンションの購入後に後悔しないためにも、ルーフバルコニーの注意点もチェックしていきましょう。

定期的にメンテナンスを行う必要がある

ルーフバルコニーは屋根がないので雨風やホコリで汚れやすく、区分所有者は定期的に掃除などのメンテナンスが必要です。
特に排水管は手入れをしないとゴミが詰まりやすく、下の階で雨漏れが起きてしまう可能性があります。
ウッドデッキや人工芝を敷いている場合、排水管を塞いでしまわないように注意してください。
もし入居者の管理不足により雨漏れや浸水が発生した場合、修繕費用は個人で支払わなければならないこともあるので、注意しましょう。
また、ルーフバルコニーは劣化が早いので、リフォームや防水工事が必要になることもあります。
経年劣化の場合は、共有部分に含まれていれば管理組合や大家が修繕費用を負担するので、区分所有者に金銭的な負担はかかりません。
しかし、業者が出入りするので、工事が終わるまでストレスを感じる人もいるでしょう。

そもそも物件数が少なく見つかりにくい

ルーフバルコニーは1つ下の屋根に設けられるスペースであるため、1棟のマンションに何個も設置はできません。
つまり、ルーフバルコニーの部屋がある中古マンションはとても少ないです。
部屋自体はあったとしてもすでに購入者がいるケースも多いので、空き部屋がある中古マンションはなかなか見つからない可能性があります。
また、中古マンションでも階数が上であるほど購入価格も高いです。
ルーフバルコニーがある部屋は最上階とそこから2~3階までが一般的なので、購入費用に余裕がないと厳しいでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

ルーフバルコニーは様々な用途で使える屋外スペースであり、マンション生活をより充実にさせてくれるメリットがあります。
メンテナンスの手間や使用料が別途に発生するなどのデメリットも多少ありますが、マンションでありながら庭のような自分専用のスペースが持てるので、生活の満足度は大きなものとなるでしょう。
ルーフバルコニーがある中古マンションは非常に数が少ないので、物件情報を見つけた時はぜひ注目してみてください。