新築住宅のエアコンはいつ設置すべき?適切なタイミングと取り付け時の注意点

エアコン

マイホームを建設するにあたり、エアコンの設置について悩む方も多いでしょう。
エアコンを設置すると言っても、取り付けのタイミングやどこに工事を頼むのかという点についても考えなければいけません。
今回の記事では、新築住宅のエアコンの設置について詳しく解説していきます。

新築住宅でのエアコン取り付けに最適なタイミング

エアコン

新築の場合、建築をする際に取り付けた方がいいのか、建物が建ってから後付けした方がいいのか悩むところでしょう。
建築時の取り付けと入居後の取り付けではどのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介します。

・建築時に設置するメリット・デメリット
建築をする際に取り付けるメリットは、配管を建物の内部に通せるので見た目をスッキリさせられるという点です。

天井埋め込み型のような特殊なエアコンも建築をする際に取り付ければスムーズでしょう。
「せっかくの新築住宅なのに、エアコンの配管が見えると嫌だな」と思う方は、建築をする際に一緒に取り付けるのがおすすめです。
しかし、その一方で建築時にエアコンを取り付けると、費用も高額になってしまう可能性があります。

・入居後に設置するメリット・デメリット
入居後に取り付けを行うメリットとしては、費用を安く仕上げられるという点です。

しかし、入居後にエアコンを取り付ける場合はコンセントやスリーブがない部屋に設置するとなると別途工事が必要となり、取り付け費用以外にも工事費が掛かってしまう点がデメリットと言えます。
その点を解決するためには、建築をする際にあらかじめコンセントやスリーブを設置しエアコン本体は後付けしましょう。
この方法なら後からエアコンを取り付ける場合でも気密施工が必要ないので、費用を抑えられます。

メリット・デメリットを比較してみましたが、エアコンを取り付けるタイミングは入居後に取り付けるのがおすすめです。
後付けを希望する場合は、設置するためのコンセントやスリーブなどの設備について建築をする際にあらかじめ工務店やハウスメーカーに伝えておくようにしましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

エアコンの設置工事は誰に頼むべき?

エアコン

設置工事を依頼する先としては、「家電量販店」「ハウスメーカー・工務店」「取り付け専門業者」の3つが挙げられます。
それぞれの業者で異なる点をご紹介します。

家電量販店

家電量販店ではエアコンを購入すると取り付け工事は無料でしてくれるという場合が多いため、そういった点がメリットと言えるでしょう。
デメリットとしては、新築住宅なのに雑に取り付け作業をされたり、難しい作業が必要な場合は断られたりする場合がある点です。
なぜなら、取り付け作業は基本無料サービスとなるため、お店側に利益がありません。
そのため、スピーディな作業ばかりを気にしてしまい、仕上がりが雑になる恐れがあるのです。

ハウスメーカー・工務店

1番信頼できる業者は、ハウスメーカーや工務店が挙げられます。
ハウスメーカーや工務店に依頼すると、専門業者へと仲介してくれます。
これらの業者は新築住宅の構造などもすべて理解しているため、仲介をする際にも丁寧に引き継ぎの説明をしてくれます。
そのため、仕上がりも美しくなりやすいです。
ハウスメーカーや工務店を仲介せずに専門業者に依頼しても良いのですが、費用を気にして安いところに依頼してしまうと、仕上がりなどでトラブルに遭う可能性もあります。

取り付け専門業者

プロである取り付け専門業者は、作業が丁寧なので安心して依頼できるでしょう。
また、万が一建物に傷をつけてしまった場合でも保証してくれるケースが多いです。
専門なので取り付けが困難な物件にも対応できますし、丁寧かつ綺麗に作業を行ってもらいたい方は、プロの取り付け専門業者への依頼がおすすめです。

エアコンのベストな購入時期

エアコン

エアコンは季節家電なので季節によって金額が若干変動します。
10月~12月に新型モデルが発売され、秋から冬の時期は旧型のモデルを比較的安価で購入できる場合もあります。

また、季節を問わず家電量販店によってもエアコンの値段は違ってきます。
色々なお店を見て比較してから購入すると良いでしょう。
夏は季節の中でも1番エアコンが売れる時期です。
特に6月~8月は設置工事の予約が混み合うので、心配な方は購入時期のピークをずらしてみてください。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

エアコン設置時に押さえておきたいポイント

エアコン

新築住宅にエアコンを設置する際、注意することや押さえておきたいポイントについてご紹介します。

室外機や配管、スリーブを入れる穴の位置に注意

新築住宅でエアコンを設置する際に最も注意したい点は、スリーブを入れる穴の位置です。
スリーブとは、室外機と室内機をつなぐ配管を通す穴を言います。
壁の中には、筋交いや柱などの建物の構造部分をなる場所が存在します。
そのため、誤った位置にスリーブを開けてしまうと、構造部分に傷がつき耐震性などにも問題が出てしまう恐れがあります。

壁の材質をチェックしておく

エアコンを設置する際にスリーブがない場合は、壁に穴を開けなければいけません。
壁の材質によって工事に掛かる費用も変わってくるので確認しておくようにしましょう。

比較的安く工事ができるのはモルタルや木材の壁です。
材質が柔らかく穴を開けやすいため、費用も安く設定されています。
コンクリート壁の場合はモルタルや木材と比べて約4倍の費用が掛かってしまうので注意してください。

コンセント形状にも注意

エアコンは他の電化製品よりも多くの電力が必要になるため、エアコン専用のコンセントが必要です。
エアコンプラグの形は冷房能力によって違っていて、冷房能力が高くなるにつれてプラグが3本線になります。
エアコン専用コンセントが用意したプラグと合わなかった場合は取り付けができないので、別途コンセントの形状を変える工事が必要となるでしょう。

複数の取り付け業者に見積もってもらう

エアコンを設置する際には、複数の業者に見積もりを出してもらって費用を比較するようにしましょう。
複数の見積もりを見比べることによって取り付け工事の相場も分かってきます。
自身が求める作業内容と適切な価格で工事をしてくれる業者を見つけましょう。

まとめ

今回は新築にエアコンを設置するタイミングや取り付け時の注意点についてご紹介してきました。
タイミングや注意点を理解しておくことで、仕上がりや費用面にも大きな影響を与えるでしょう。
設置する際には慌てないように、あらかじめ準備をしておくことが大切です。