女子大生が憧れる!大人可愛い部屋にするためのポイント!

部屋

1人暮らしを始めると、自分好みの部屋にしたいと思うものです。
特に女子大生は、せっかくなら大人可愛い部屋に仕上げたいと考える人が多く見られます。
ただ可愛いだけではなく、大人っぽさを感じられる雰囲気に仕上げるためのポイントを知りたいという人もいるでしょう。
そこで今回は、女子大生が憧れる部屋の特徴や狭い部屋でもおしゃれな空間に仕上げるためのポイントについて解説していきます。
これから1人暮らしをする女子大生のみなさんはぜひ参考にしてみてください。

女子大生が憧れる部屋とは?

部屋

はじめに、女子大生が憧れる部屋の特徴からみていきましょう。

ナチュラルな小物をうまく使っている

1つ目は、ナチュラルな小物をうまく使っているという点です。

大人可愛い部屋に仕上げられている人は、ナチュラルな小物を随所にうまく取り入れていることが多いです。
籐やウッドチップなどの天然素材を使用して作られたかごやバスケットをおくと、それだけでナチュラルでおしゃれな雰囲気になります。
また、部屋全体をアイボリーやベージュといった落ち着きを感じられる優しい色合いでまとめるという工夫もおすすめです。
アイボリーやベージュといった色は、自然素材との相性も抜群なので、クッションカバーやベッドカバーも同系色で揃えると統一感のある空間になります。

ヨーロッパ風の家具や照明を取り入れる

2つ目は、ヨーロッパ風の家具や照明を取り入れるという点です。

ヨーロッパ風の家具や照明は、大人っぽくて洗練された雰囲気を生み出してくれるアイテムです。
イルミネーションワイヤーや天蓋を取り入れるというケースが多いですが、その他にもアンティーク調の家具を取り入れるとよりおしゃれな空間になります。
ヨーロッパ風の家具や照明は、上品なデザインのものが多いです。
上品なデザインなので、大人っぽさと可愛さが両立した空間作りにも最適です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

狭い部屋でもおしゃれな空間に仕上げるには?

部屋

女子大生が一人暮らしをする部屋は、そこまで広くないというケースも少なくありません。
狭い部屋だとなかなかおしゃれな空間にするのが難しいと思われがちです。
しかし、ちょっとした工夫を凝らすことによっておしゃれな空間を作り上げることができます。
続いては、狭い部屋でもおしゃれな空間に仕上げるために知っておきたいポイントについてみていきましょう。

家具はコンパクトなものを選ぶ

1つ目は、家具はコンパクトなものを選ぶというポイントです。

1人暮らしの部屋はワンルームや1Kなどそこまで広くないことが多いです。
部屋が狭いとおしゃれな空間作りができないと思い込み、殺風景な感じになってしまう人もいます。
しかし、選ぶ家具を家具はコンパクトなものにするだけで、空間の狭さを解決できるのです。
サイズが大きい家具を置くと部屋の狭さと相まって、圧迫感を感じてしまいます。
それではおしゃれな空間を作るどころか、快適な生活を送りにくくなってしまう可能性もあります。
コンパクトな家具を選ぶことによって、生活スペースにゆとりを持たせることができます。
そのため、できるだけ部屋に置く家具の数は少なくするのがおすすめです。
市販されている家具の中には、1つでいくつかの使い方ができるものもあります。
机と収納の役割を持つシステムデスク、ソファとベッドの役割を持つソファベッドなどはとても便利です。
空間を有効活用できれば、おしゃれな照明器具なども置けるようになります。

高さの低い家具を選ぶ

2つ目は、高さの低い家具を選ぶというポイントです。

高さの低い家具は、空間が広く見えます。
そのため、狭い部屋だったとしても開放的な空間だと感じられます。
最近は高さが低く設計された家具がローインテリアと呼ばれていて、人気も高まっているのです。
家具の高さが低いことによって、視線が低くなります。
ローインテリアには、気分を落ち着かせる効果も期待できるといわれています。
北欧スタイルの部屋やナチュラルな雰囲気の部屋との相性も抜群です。
空間の中に余白ができてすっきりとした空間に仕上がるため、シンプルで大人っぽい雰囲気のホワイトインテリアで揃えたい場合にもおすすめです。
ローインテリアをうまく取り入れることで、女子が好むおしゃれな部屋作りができます。

隙間収納を上手く活用する

3つ目は、隙間収納を上手く活用するというポイントです。

家具や家電を配置した時に、微妙なスペースがあいてしまうことがあります。
そのようなスペースは有効活用できるのですが、そのままにしているという人も少なくありません。
ちょっとしたスペースを隙間収納として活用すると、物が散らかりにくくなるのでよりおしゃれな空間を作りやすくなります。

デッドスペースを有効活用できる隙間収納には、ストッカーや細長いタイプの本棚、畳めるタイプのランドリーバスケットなどがおすすめです。
ストッカーにも色々なタイプがありますが、一般的なシステムキッチンの高さと同じ85cmのものを選ぶと隙間をぴったりと埋められます。
中には、細長くてワゴンが付いているストッカーもあるので、どのくらいスペースがあるのかによってどのようなタイプが良いか見極めてみてください。
本をたくさん持っているなら、隙間に設置できる細長い本棚もおすすめです。
脱衣所の好きなスペースを有効活用したいなら、畳めるタイプのランドリーバスケットを購入してみると良いでしょう。
洗濯機の周りにはちょっとしたスペースができてしまうことが多いですが、畳めるタイプのランドリーバスケットであればそのスペースを有効活用できます。
ランドリーバスケットは場所を取ってしまいがちなので置き場に困ってしまうこともありますが、そのような心配もなくなります。

まとめ

女性大生が憧れるおしゃれで大人可愛い部屋に仕上げるためには、今回紹介したようなポイントを押さえておく必要があります。
ナチュラルな小物をうまく使ったり、ヨーロッパ風の家具や照明を取り入れたりすると、理想に近い部屋に変わっていくでしょう。
狭い部屋でもおしゃれな空間に仕上げるためのポイントも意識すると、快適でありながらおしゃれに仕上げやすくなります。
これから1人暮らしをしようと考えている人は、ぜひ今回紹介したポイントを押さえた上で家具選びをしてみてください。
そうすることで、おしゃれなだけではなく統一感のある部屋で過ごせるようになります。