余った土地も有効活用しよう!おすすめの活用方法10選

土地活用

使わない土地は有効活用することによって様々な恩恵を得られます。
しかしその活用方法は様々で、自分に合わない方法ではうまく活用しきれずに挫折してしまう可能性もあるでしょう。
特に田舎の土地は活用方法が少ないため、難易度が上がってしまう傾向にあります。
土地活用は場所によって失敗するケースも少なくありません。
土地を有効活用してきちんと収益を得るためには、活用手段の選択が重要です。
今回は土地の活用方法についてご紹介していくので、悩んでいる方はぜひご参考ください。

土地を有効活用するには?

土地

土地の活用方法は主に以下の3つに分かれます。
それぞれ所有している土地や自分の投資スタイルに一番合っているかどうかを確かめてみましょう。

土地を貸し出す

土地を最も手っ取り早く活用できる方法になります。
土地自体を貸すだけなので、初期費用はほとんどかかりません。

リスクがない反面、収益性が低くなるという特徴もありますが、狭小地などで食いつきが期待できない場所で堅実に運用したい方はこちらがおすすめです。

使用貸借目的で土地を貸し出す

土地活用には駐車場や野立て看板用地、資材・重機置き場、トランクルームとしての活用方法もあります。
これらの場合には建物を建築する必要がないため先ほど同様に低い初期コストで始められるのが特徴です。

しかし収益性は場所を選ぶ傾向にあり、利用者を獲得できる活用方法を選択することが求められます。
ただしニーズに合った場所なら賃料が期待できます。
個人で判断するのが不安という場合には使用貸借目的での土地活用を専門家に相談してみましょう。

建物を建てて貸し出す

主な土地活用方法の中で最も初期コストが大きくなるのが建物を建てて貸した場合です。このパターンでは土地周辺にある程度人が行き来している場合でないと活かしきれないケースも考えられます。
需要がどのくらいあり赤字にならないための最低限の賃料を得られるかどうかをよく確認することが大切です。

事業計画を綿密に行ってから建物付きの土地を貸し出すようにしましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

土地の有効活用におすすめの方法10選

土地

土地の活用方法に迷っている方は、投資家がおすすめする以下の方法を参考にしてみてください。

アパート・マンション

建築を伴う土地活用の中の一番有名な方法がアパートやマンションを建てて貸し出す方法です。
この場合建てた場所や内装、家賃設定といった経営次第で安定した収益が得られることが多いです。
ただし初期費用が高く、維持費もかかります。
場合によって収益が出しづらいので注意が必要です。

駐車場

駐車場経営は初期費用があまりかからない傾向にあります。
整備や徹底する場合も費用がかかりにくいため、別の土地活用の繋ぎとしても十分利用可能です。
駐車場には平置きと立体がありますが、よりコストを軽減したいならば平置きがおすすめです。
ただし近年では空き地を駐車場として活用する人が増えたため、競争が激化しつつあります。
他の駐車場としっかりと差別化していくことが求められます。

トランクルーム

土地活用は荷物を預ける場所であるトランクルームとしての活用方法もおすすめの一つに挙がります。
トランクルームには更地にコンテナを設置する屋外型か、建物を建築し部屋一室をトランクルームとして貸し出す屋内型の2種類があります。
どちらのスタイルも都市部のみならず郊外でも需要が高まっているため、集客に成功すれば安定した収益が見いだせる手段で今注目を集めている方法です。

コインランドリー

住宅地やマンションが多く集積している場所ではコインランドリー経営もおすすめです。
こちらはコインランドリーの利用料金が収入源になるのですが、高い収益性を生み出すには地域住民から継続的に利用してもらう必要があります。
様々なサイズの洗濯機や乾燥機を用意することで様々なニーズに応えられる場所になりますが、その分初期費用もかかるので注意してください。

戸建て賃貸

戸建て賃貸は単身者が少なく家族世帯が多い地域ではかなり有効的な方法です。
こちらの手段はそもそも市場に存在する数が少ないため、希少性が高い多くの人に注目されやすいです。
ファミリーとなると比較的長く住み続ける傾向にあるので、安定した収益性も期待できます。
アパート経営よりも少ない投資額でスタートできる点も魅力的です。

コンビニ

土地は広くはないが立地が良いという場合にはコンビニという選択肢もあります。
こちらはコンビニ大手に相談することで、フランチャイズ形式で経営を始められます。
1店舗目の出店に成功したら2店舗目や3店舗目といった複数店舗出店の展開もしやすく成功の波に乗ればどんどん収益性を高められる方法です。
しかし、従業員を確保したり本社への手数料がかかったりするなどのデメリットも挙げられます。

太陽光発電

天候に恵まれた土地なら太陽光発電システムを設置するのもおすすめです。
この場合は売電収益が得られ、投資の性質上設備導入から20年間は売電価格が補償されるので安心です。
長期間で収益を安定しながら積み重ねたいという方に向いています。
生み出した電気は自宅でも活用できます。

資材置き場

土地近辺が工場や企業が多いという場合には資材置き場として活用してみるのも良いでしょう。
資材置き場は工場や企業に直接掛け合ってみると募集に成功しやすく、看板を立てて宣伝してみてもうまくいきやすいです。
特に機材や資材を多く使用する必要がある会社は目を付けておくと良いでしょう。

ガレージハウス

ガレージハウスとは、住宅とガレージが一体となっている家のことを言います。
このスタイルは車好きの方に人気が出やすく、入居者を車好きに絞り、ターゲットが満足する間取りを考えることで集客しやすく長期的な収入も期待できます。

出入りが難しい細い道の奥といった土地であると大きな車を所有している方には厳しいかもしれませんが、それほど立地条件には左右されずに各所から募集しやすいです。

事業用借地

上記でピンとくるものがなければ事業用として企業に土地を貸し出す方法はいかがでしょうか?
こちらはその地料を収入として得られるようになっており、基本的には国道沿いや周辺の交通量が多い場所であるとうまくいきやすいです。
この方法は企業へ提示する金額で成功するか否かが大きく分かれます。
賃料設定に悩んだら専門知識を持った人に相談するのがおすすめです。

まとめ

今回は土地を有効活用する方法をご紹介してきました。
長期的な安定収入や、成功すれば短期間においても集中的な収入を得られるなど、活用方法によって様々ですが、その施設や賃貸を管理維持できることも重要になります。
ぜひご紹介した内容を参考に、有効活用できる方法を探してみてください。