借家での欠陥!その時に大家へ必要な連絡・大家さんが負担すべきものとは?

賃借物件に住んで欠陥部分があったことはありませんか?賃貸物件の欠陥は入居前のチェックが済んでからはないほうが良いですが、そうとは限りません。また、住んでいて欠陥がわかった場合、大家さんへ連絡をする必要があります。

今回は賃借物件に引っ越した際に欠陥住宅だったら、大家さんへどのように連絡をすればいいのか、また、修理の費用負担についてご紹介します。

借家では欠陥があった際は必ず放置せず大家さんへ連絡を!

賃貸住宅で欠陥があった場合には必ず放置せず、大家さんへ連絡することが大事です。 放置しない理由としては放置することで欠陥部分が悪化することも考えられます。また、退去時には原状回復が必須であり、その欠陥が退去時に発覚した場合は入居前のものであっても退去者の責任となってしまう場合も。そうならない為にも欠陥が分かった際には直ちに大家さんへ連絡しましょう。

欠陥住宅で大家さんが負担すべき部分

基本的に大家さんが負担すべき欠陥部分は建物の外部やハード面(屋根・床や梁などの内部)や長年の利用により欠陥となる場合です。また、入居前の欠陥も大家さんの負担すべき物となります。 借主の故意過失で起こった欠陥や生活で消耗したものは借主が負担となるので住宅を借りたら綺麗に過ごすことを心がけましょう。

また、賃貸物件は欠陥があったからといって借主が勝手に工事などを行ってはいけません。必ず、欠陥部分が判明したら自分で工事などを手配せず大家さんから業者などへ連絡してもらいましょう。

【大家さんの負担となる修理の欠陥部分】

  • ハード(設備)面の部分
  • 長年の使用によるダメージの蓄積による欠陥

引越し直後に判明した欠陥

多くの賃貸住宅では入居前にチェックをしてもらっていますが、欠陥は入居後に判明する場合も少なくありません。 実際、入居前には欠陥に気付くことなく、実際住んでみてからその欠陥が判明する場合があります。欠陥がわかった場合には早急に大家さんへの連絡することが必要です。入居直後に欠陥が判明した場合は大家さんが修理の負担なることも多く、入居者にとってもお金をかけずに住みやすい環境を得られるメリットがあります。

住宅の壁や天井・床などの欠陥

壁や天井・床などの欠陥はついては長年の経過により欠陥となることも多く、入居者が原因で壊れることはほとんどありません。それらの部分は大家さんの負担となります。しかし放置してしまい欠陥が悪化した場合は入居者の過失となる場合もありますので、早めに大家さんへ連絡することが必要です。

まとめ

今回は賃貸で借りた物件に欠陥があった場合の、大家さんに連絡すべきケースや大家さんが負担すべきケースをご紹介しました。今回は大家さんの負担となる例をあげましたが、賃貸物件は借り主が綺麗に使うことが絶対条件です。また、綺麗に使うことで大家さんとの関係もよくなり、欠陥が起きた場合もいい形で対応してもらえることも多くなるでしょう。いざというときすぐに連絡ができるよう、大家さんや不動産屋さんの連絡先はふだんから確認しておきましょうね。