不動産業界でも活用されているAI!メリットやおすすめのサービスをご紹介!

AI

IT化が遅いと言われてきた不動産業界ですが、近年では業界に成長を与える役割があるとしてAIの導入が増えてきています。
しかし、まだまだ普及していないのが実情です。
そこで、不動産業界でAIを活用するとどんなメリットが得られるのか詳しくご紹介していきます。
おすすめのAIサービスもピックアップしてご紹介していくので、AIの導入を考えている不動産会社の方は参考にしてください。

不動産業界でAIを活用するメリットとは?

AI

長い間同じやり方をしてきた方にとってはAIの導入に戸惑いを感じる方もいるかもしれません。
しかし、導入すれば様々なメリットを得られます。

業務効率化を図れる

最大のメリットは業務を効率化できる点です。
バックオフィス業務を自動化すれば、従業員が行う作業が減りスムーズに仕事を進められます。

例えば、物件の内見を自動化させることも可能です。
顔の認識や区別ができるので、顔認証システムを鍵の開錠に利用すれば従業員が物件に足を運ばずに内見を行えます。
円滑に業務が進められるほか、特定の人物しか入場できないので防犯性もアップします。
また、顧客情報の管理もAIに任せられます。
データベースで一括管理され、共有もできるので企業内での情報シェアが容易になります。
担当者が代わる際も引き継ぎ業務を効率化させられるでしょう。
業務が効率化されれば、業務量も減るので人手不足や労働環境の改善にもつながります。
働きやすい環境を整えられるので離職者数も減らせるでしょう。

不動産投資参入の間口を拡大できる

不動産投資に興味があってもスタートさせるにはハードルが高く躊躇してしまう人も中にはいます。
AIを導入すると、シミュレーションも可能で相談サービスの提供も実施できます。
AIが詳しく解析してくれるので、不動産投資に対して不安が多くても安心してスタートできるでしょう。
不安を減らせれば不動産投資のハードルも下がるので、不動産投資に力を入れたいと考えている場合は、AIの導入を検討した方が顧客を増やせる可能性が高まります。

リスク回避につながる

不動産投資では、修繕リスクや空室リスクは避けたいと考えます。
特に空室が多ければ収入が減るので多くの人に住んでもらえるような物件選びを誰もがしたいはずです。
AIを活用すれば、データ解析によって精度の高い予測を行ってくれます。
リスクを抑えた投資を検討してもらいたい時にもAIは大いに活用できます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

不動産会社におすすめしたいAIサービス3選

AI

AIを導入すれば会社は様々なメリットを得られます。
しかし、AIサービスは複数あるのでどれを導入すればいいのか悩んでしまいます。
そこで、不動産会社におすすめのAIサービスを3つピックアップしてご紹介していくので、サービスの選定に役立ててください。

Gate. Investment Planner

リーウェイズ株式会社が提供しているAIサービスです。
搭載されている機能を解説します。

・AI査定
2億を超える不動産データを学習したAIによって査定を行います。
従来、査定をするとなると事例を収集するため長い時間がかかります。
不動産会社で働いている従業員によってスキルにバラつきもあるので経験が少ないと査定が難しいこともあります。
しかし、Gate. Investment Plannerであればエラー率5%以下の精度で査定を実施します。
その結果、経験の乏しい従業員でも即日で査定を行えるようになります。

・投資シミュレーション
ローン金利や原価売却費など、不動産投資を始めるにあたって気になる部分は顧客によって様々です。
Gate. Investment Plannerでは投資条件に合わせて柔軟にシミュレーションを行えます。
シミュレーション結果は、提案資料として自動生成できます。
顧客に提案したい部分だけ選んで作れる点も魅力でしょう。

このほかにも、直近の取引データから賃貸や販売事例を最大で15件ずつレポート化してくれる周辺事例収集もあります。
これまでに、オリックス銀行や東京スター銀行など、多くの銀行が活用してきたほか、住友林業ホームサービス株式会社や三菱UFJ不動産販売株式会社など、多くの不動産会社に導入されてきた実績があるので、信頼できるサービスです。
無料デモもあるので興味があれば活用してみましょう。

PriceHubble不動産AI査定

不動産テックの分野でヨーロッパ最大級の技術を持った人たちが作り出したサービスで、株式会社プライスハブルジャパンが提供しています。
搭載している機能は、賃貸&売買査定とエリア情報の分析です。

マンションや戸建ての賃貸と売買価格の査定に対応しており、数千から数万件という膨大な物件も一括で査定可能です。
エリア情報の分析は街の暮らしやすさをスコア化・ビジュアル化してくれるため、不動産投資にも役立つでしょう。
日本の一部上場企業を含めた数々の企業がこれまでに活用してきた実績を持っています。

Propo Cloud

株式会社Housmartが提供しているサービスで、不動産売買仲介向けの営業支援システムとなっています。
独自の物件データを保有し、買主が求める物件を提供することに役立ちます。

また、長期的な顧客フォローを実現するため、物件提案メールを定期的に自動配信するサービスを実施しています。
受け取った顧客は、物件情報や月額支払いの概算、将来の推定価格などをメールで把握できます。
活用方法がわからなくても、質問をまとめた専用サイトやチャットサポートがあるので安心です。
スマートフォンにも対応しているので、外出先でも顧客情報の確認が可能です。
メールの返信もすぐにできるので、素早いフォローで顧客満足度のアップも図れます。
不動産売買仲介の実務に役立つノウハウ集もあり、従業員のスキルアップにも役立ちます。

まとめ

AIを導入すれば、業務が効率化できるので従業員の負担が減ります。
人材不足が懸念されている現代において、働く環境が改善されるのは企業にとって大きなメリットです。
物件の提案や物件の査定は、従業員のスキルによって差が生まれるケースもあります。
AIが導入されればどんな従業員でも一定のスピードで情報を収集できるので、顧客の満足度アップも図れるでしょう。
また、AIサービスは複数のサービスを使い分けることも可能です。
自身の企業に合ったサービスを導入し、さらなる成果を生み出してみましょう。