不動産投資は情報収集が大事!日経不動産マーケット情報を活用してみよう

不動産

不動産投資では、情報収集を制するものこそ成功者に近付けます。
東京圏にある事業用不動産の情報を知りたい場合には、「日経不動産マーケット情報」が役立つでしょう。
今回は、日経不動産マーケットがどんなメディアなのかを調べている人のために、日経不動産マーケット情報の活用方法をいくつかご紹介していきます。
日経不動産マーケットについて詳しく知りたい方は、ぜひご参考ください。

不動産投資に成功しやすい人は情報収集が上手い

ネット

不動産投資で成功を掴むためには、情報収集を上手に行う必要があります。
旬な正確な情報をいち早く入手することで、不動産投資で成功しやすくなるのです。
具体的に、どうすれば上手に情報収集ができるのでしょうか?

長期保有になるからこそ物件情報が重要

不動産投資では、不動産を長期で保有することになります。
そのため、赤字にならずに効率良く家賃収入をするには物件情報集めが重要です。
物件情報を集めて、どのような物件であれば家賃収入を得やすいのかなどをリサーチしましょう。

物件情報や書籍・専用サイトはこまめにチェック

物件情報は、不動産投資の書籍や専用のサイトにて情報を集めることができます。
不動産投資で成功するための方法以外にも、失敗した人の体験談をネットで見たり本で読んだりすることで、その情報を不動産投資に活かすことが可能です。
物件情報や書籍・専用サイトはこまめにチェックしてみてください。

セミナーへの参加もおすすめ

不動産投資の有益な情報を集めたい場合には、不動産投資に役立つセミナーに参加するのもおすすめです。
セミナーでは、プロ視点による不動産投資の成功方法などを聞くことができます。
不動産投資の先輩の生の声をセミナーで聞くことで、よりリアルな情報を入手できるでしょう。
無料セミナーもあるので、いくつかセミナーに参加してみると良いでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

東京圏の不動産情報収集なら日経不動産マーケット情報

情報誌

東京圏の不動産情報を収集したい場合に役立つのが、「日経不動産マーケット情報」です。
東京圏の事業用不動産の賃料や売却価格などを知ることができる便利な雑誌です。
日経不動産マーケット情報はどのような雑誌なのかをご紹介しましょう。

日経不動産マーケット情報とは?

日経不動産マーケット情報は、日経BPが毎月20日に出版している東京圏の事業用不動産専用の情報誌です。
賃料や不動産の売買データやなどの有益な情報がたくさん掲載されており、東京圏で不動産投資をする人には欠かせないものとなっています。
プロ向けの情報が記載されているので、これからどこに何ができるのかといった東京圏の情報を先取りできるでしょう。

3つの情報源から情報収集ができる

日経不動産マーケット情報は、「月刊情報誌」「ホームページ」「メールマガジン」の3つの情報源から情報収集ができます。
月刊情報誌への記載が間に合わなかった速報や、掲載しきれなかった情報をホームページ上で見ることができ、読者に限り閲覧可能となっています。

具体的に掲載されている内容

毎号30ページ建ての小冊子「月間情報誌」には、不動産売買レポートや賃料調査、収益向上ケーススタディーなどが掲載されています。
「売買レポート」では、事業用の不動産の取引の事例が公に紹介されているのが特徴です。
誰がどの不動産をいくらで何のために購入したのか、利回りはどのくらい期待しているのかなど、なかなか知ることができないリアルな情報も紹介されています。
「エリア別のオフィスビル賃料調査」は、エリアごとのオフィスビルの賃料の現状が分かる資料です。
東京圏の都市部だけでなく、関東圏の主要エリアを巡回して情報を発信しているので、現場の生の情報を入手できるでしょう。
「トピックス」では、テナントの賃貸契約調査やトラブルの研究などを独自の取材・調査に専門家の分析が加わったトピックスが都度切り口を変えて紹介されます。
「短信」コラムでは、新聞や専門誌などには載らない不動産マーケット情報も把握できるでしょう。
会社の建て替えや移転・人材移籍情報などが配信されます。

日経不動産マーケット情報を利用する方法

不動産

ここまで読んで、日経不動産マーケット情報に興味を持った人も多いのではないでしょうか。
続いては、日経不動産マーケット情報はどのように利用したら良いかもご紹介しましょう。
東京圏の事業用不動産に関する情報を知りたい方は、下記の方法で日経不動産マーケット情報を利用してみてください。

一部記事は会員登録なしで閲覧可能

ホームページで公開されている一部の記事は、会員登録なしでも閲覧することが可能です。
会員登録なしで読める無料の記事にも有益な情報が公開されているので、参考に読んでみてください。
不動産を売買する時の判断材料としても活用できるでしょう。

無料メルマガに登録

日経不動産マーケット情報の「ウィークリーダイジェスト」という無料のメールマガジンに無料受信登録をすると、メルマガ読者限定の情報が登録したメールアドレス宛に届きます。
日経不動産マーケット情報のダイジェストや編集部のお便り、ホームページの更新情報をメルマガから入手することが可能です。
公式ホームページからメールマガジンの登録手続きが可能です。

年間定期購入を申し込む

日経不動産マーケット情報は、年間定期購入を申し込むことで毎月20日に情報誌が届くようになります。
日経BP SHOPから日経不動産マーケット情報の年間定期購入を申し込めます。
年間定期購入コースの費用は、1年間12冊で税込み198,000円です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

不動産投資では、物件情報の情報収集が上手な人が投資に成功しやすいです。
長期で保有する不動産を継続して黒字経営にしていくためには、物件やエリアに関する情報収集は欠かせません。
日経不動産マーケット情報では、東京圏の事業用不動産の情報を先取りできるような情報がたくさん掲載されています。
月刊情報誌・ホームページ・メールマガジンの3つから情報を仕入れることができるので、必要に応じて情報を入手すると良いでしょう。
不動産投資で成功したい人は、ぜひ日経不動産マーケット情報もチェックしてみてください。